家の中に素敵なインテリアアイテムがぎゅっと詰まったchiekoさんのお部屋。特にハンドメイドで作られたものがRoomClipユーザーの方々に人気です。今回はレパートリーの中から 100均のコルクシートで作るオリジナルのバーンスターをご紹介いただきます。バーンスターと言えば古いブリキを使用して作られたティンバーンスターが有名ですが、それとはまたひとあじ違う印象になりますよ。

教えてくれた人

日々の生活の中で感じた季節を インテリアに取り入れたり、色彩や色の組み合わせを大切にディスプレイを楽しんています。 ハンドメイドで、ソックモンキーなどオリジナルのものを作っています。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

  • コルクシート(星の大きさのコルク . 厚み 3mm)
  • ハサミ
  • カッター
  • アクリル絵の具
  • 布ガムテープ

STEP1

STEP1

コルクシートやその他の材料をそろえます。

STEP2

STEP2

好みの星の大きさで型紙を作ります。星の画像をインターネットで検索をしてプリントアウトすると作りやすいです。 次にパーツごとに切り離し、型紙に合わせてコルクシートをハサミで切ります。

STEP3

STEP3

中央にカッターで切れ目を入れます。このときにコルクシートの下まで切り落とさないように充分気をつけます。

STEP4

STEP4

好きな色を塗ります。切れ目を少し開き気味に立体的にして、裏をガムテープでとめ、型を整えたら完成です。

完成しました!

流行の西海岸スタイルにも合いそう♪

流行の西海岸スタイルにも合いそう♪

とっても素敵な仕上がりですね。ティンバーンスターよりも素材的に作りやすいため好きなサイズや色で楽しめそうなところがいいですね。昨年は西海岸スタイルが大きな盛り上がりを見せましたが、マストアイテムのバーンスターも大人気。どうせなら他にはない、みなさんそれぞれのインテリアに合うバーンスターが作れるといいですよね。ちなみに、壁紙もコルクシートで作ったもので、このような応用もできるとのこと。ぜひお試しあれ!

ワンポイントアドバイス

  • コルクの質感を生かして色塗りをすると、シャビィな感じがでます。
  • 塗料の選び方ですが、コルクは「コルクガシの木の皮」を砕いたものなので、木にペイントするものなら大丈夫だと思います。私はトールペイント用で、色の豊富で伸びのよい水溶性アクリル絵の具「Ceramcoat」や「AMERICANA」 またミルクが主成分で天然の顔料から出来ている自然塗料の「バターミルクペイント」などを使用してます。
  • 中央にカッターで切れ目を入れる時、切り落とさないように注意してください。
  • 星型の各パーツの裏に番号をふると組み合わせの時、整えやすいです。

chiekoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

 

The following two tabs change content below.