お家に帰ってくるとなんだかホッとしませんか?一人暮らしだと、仕事で疲れて帰ってきてもご飯を作らなきゃいけなかったり、お風呂を洗わなきゃいけなかったりで、ゆっくりリラックスできる時間は意外になかったりするものです。そこで、一人暮らしのお家でもリラックスできるインテリアをお家に取り入れてみませんか?

体をリラックスできる場所を作る

リラックスするにはやはり体を休めなければいけません。それに必要なのが座ったり寝転んだりする場所。そのインテリアにリラックス要素を取り入れれば、今まで以上にリラックスできるかもしれません。

人がダメになるソファ

聞いたことありませんか?「ダメになるソファ」というソファがあるのを。何がダメになるって人を骨抜きにしてしまうんです。座ったら最後。体を包み込まれるような感覚で、もう何もしたくなくなるソファです。このソファに体を任せれば確実にリラックスできますよね。

憧れのハンモック

みんな一度はあこがれるハンモック。非日常的なハンモックがお家の中にあり、お家の中でゆらゆら揺れながらリラックスできたら最高です。そのままうたた寝してもOKだし、本を読んでもいいですね。

寝心地はなかなか良いですね。ただ、慣れないと腰を痛めやすいかなと感じました。テレビ観るとき快適ですよ、程々に揺れながらで。
tukudani

ロッキングチェアで揺れる

ロッキングチェアはリラックスインテリアとしてマストですよね。コーヒーを飲みながら、テレビを見ながら、何も考えずただゆらゆらしてもいいですし。赤ちゃんがバウンサーに乗せると落ち着くように、人間はゆらゆら揺れると落ち着くのかもしれません。

視覚からリラックス

体を休めるのももちろん大切だけど、視覚でリラックスするのもおすすめ。目から入る情報はとても大切です。目で見て、脳をリラックスさせる、気持ちをリラックスさせる、というのもいいですね。

モビールの動きで癒される

モビールはわずかな風でもそよそよ揺れます。ちょっと窓を開けて空気を取り込みながら、何も考えずモビールの揺れを見てリラックスするのもいいですよね。

グリーンでリフレッシュ

観葉植物はリラックス効果抜群。お部屋に置くだけでも空気を浄化してくれたりと、リラックス効果を発揮してくれます。特に疲れているときはグリーンを見ると、心が生きかえりますよ。

自分の趣味のものを眺める

仕事で疲れて帰ってきて、自分の大好きな趣味のものをず~っと眺める。これだけでも気分はリラックス。今度の休みはこの趣味に没頭しようとか、いろいろ考えるだけでも気分が上がってきて、気持ちがリフレッシュ&リラックスできますね。

照明を少しトーンダウンする

煌々と照明を照らしているよりも、少しトーンダウンした方が心も落ち着きリラックスできます。ダウンライトにしたり、間接照明を取り入れたり、たまにはキャンドルナイトをしたりしてもいいかもしれません。

【番外編】ほかにもリラックス法はたくさん

座る場所からのリラックス、視覚からのリラックスをご紹介しましたが、ほかにもまだまだリラックス法はあります。たくさんありすぎてご紹介しきれませんので、最後に3つだけですがご紹介したいと思います。

アロマを焚いて気分転換

リラックスといえば、アロマ♡リラックスできるアロマを焚いたり、自分の好きな香りをかいだりすれば、気分転換にもなりリラックスできます。気分に合わせて香りを変えてリラックスしましょう。

お部屋全体がリラックススペース

お部屋丸ごとリラックスできる場所というのもありですよね。一人暮らしならワンルームという方もいると思うのですが、その限られたスペースを丸ごとリラックススペースにしてしまうんです。元々の照明をトーンダウンしたり、ソファに座る、ベッドで寝るという普段の行動でリラックスできるようにしましょう。

ペットとともにリラックス

番外編の番外編ですが、愛猫ちゃんの寝床をハンモック仕様に。猫ちゃんはこういう体にフィットする形状が大好きなので、リラックスして寝ちゃいます。そして、このほほえましい姿を見て、飼い主さんもほっこりして心もリラックスできるというわけです♡


疲れた体をいたわってリラックス、目で見てリラックス。リラックス法は人それぞれ違うと思います。この頃なんだか疲れているな~リラックスしたいなぁ~と思ったらちょっとインテリアを変えてみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者の「一人暮らし リラックス」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.

lotta

プチプラ、100均で日々の空間を楽しんでいる2児の母です。子供が笑顔になれるようなインテリアが好き♪