RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、自然素材をうまく取り入れた塩系インテリアにお住いのsaokoさんのキッチンをご紹介します。

3DKの団地を和室とダイニングを繋げて2LDKとして使っています。1年前からハリネズミを飼いはじめハリネズミのいる暮らしを楽しんでいます。クールな中に癒しと遊び心のあるインテリアが好きです。

好きなものに囲まれた丁寧な暮らしを目指して

コンクリートや白をベースとした硬質で静けさを感じる空間に、自然素材のぬくもりがいいバランスでミックスされたsaokoさんのキッチン。自然の中にいるような開放感が心地よく、植物の持つ癒しの力をたっぷりと感じます。そんなキッチンはどんなテーマをもって作られたのでしょうか。

saokoさん

「テーマは塩ナチュラル。 グレーを基調とした無機質なクールさは残しつつ、木や植物で優しさや癒しをプラスした雰囲気を目指しています。 ものを増やさず好きなものに囲まれて丁寧な暮らしが出来ればと思っています。 賃貸の団地なので原状回復を基本に自分で出来る範囲で簡単なプチDIYをしています。」

部屋をつなげてつくった見通しの良いLDK

団地にお住いのsaokoさんは、元々あったダイニングと和室をつなげ、広いLDKとして空間を活用。リビングまで見通しもよく、家族とのコミュニケーションを楽しみながらキッチンに立つことができます。開放感はありますが、部屋の仕切りはゆるく残っているので、空間に程よいメリハリができているのも、”落ち着く”暮らしにつながるポイントになっています。さて、saokoさんのキッチンには、さらに素敵な特徴がありました。早速見ていきましょう!

キーワード1 プチDIYでコンクリート風キッチンに…

saokoさん

「キッチンの吊り戸とカウンターにコンクリート風壁紙を貼っています。カウンターは、長さ90cmの家電収納にカラーボックスを2つを合わせ、背面に板を貼り、壁紙を貼りました。冷たい感じのコンクリートに植物やナチュラルな木のテーブルをプラスして優しい雰囲気に。」

キーワード2 キッチン用品は長く使っていけるものを厳選して

saokoさん

「キッチン用品は、あまり増やさず好きなものを長く使っていくという視点で購入しています。シンプルなデザインで丈夫なもの。野田琺瑯やストウブ、ルクルーゼなどの定番品をメインに。食器は白山陶器など白磁のもの。作り手の温かさが伝わるものが好きで、曲げわっぱお弁当箱などもその一つで大切に使っています。」

キーワード3 ボタニカルカフェのようなグリーンに囲まれた空間作り

saokoさん

「シャビー感にグリーンを合わせたスタイルが今マイブーム。 キッチン部分の天井が斜めで高めなので空間をいかしてハンギングプランターなどで空中ガーデンに。気球モビールが森の中をを浮遊している様に見えたり…(笑)ハンギングプランターで空間利用すると床にが掃除しやすいという利点もあります。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

saokoさん

「気持ちいい暮らし。 丁寧な暮らし。 優しい暮らし。 今の私のテーマです。 賃貸だから…ってあきらめずに、出来る事はたくさんあります。 自分の好みを知り毎日がhappyになるキッチンを作っていきましょう。」

まとめ: 植物の癒しと丁寧な暮らし。心が落ち着くキッチン

クールなコンクリート素材と癒しの自然素材の正反対の組み合わせが、どこか都会的でありながらぬくもりを感じる、粋でおしゃれな雰囲気が心地いいsaokoさんのキッチン。その中でも、絶妙なバランスで配置された植物は、癒し空間を作る最高のエッセンス。大きな鉢植えやハンギングして空中にも植物をコーディネート。植物の癒しのチカラを最大限に生かしたまさにボタニカルカフェのようなキッチン作りは見本にしたいスタイルです。長く愛用できるキッチン道具と共に、saokoさんのような丁寧な暮らしを目指していきたいですね。


saokoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!