まさしくこれぞ「男前」なロマンが詰まった、バイクガレージDIYを楽しまれているdangoman9さん。今回はそんな、dangoman9さんのバイクガレージの一角から、壁面のデッドスペースを有効活用した、マガジンラック&サイドテーブルの作り方を教えていただきました。使用しないときは、テーブルの天板でマガジンラックに蓋ができるので、見た目も機能面ともに、非常によく考えられたアイデアです。

教えてくれた人

7年前に自宅を購入。家の外構から庭、バイクガレージとほとんど全てをDIYで作りました!その中でバイクガレージ作りは、人生の中でとても良い経験となりました。その経験を活かし、今後は色んなものづくりをしていきたいです!

必要なもの

所要時間

15分

購入する材料 計4アイテム 2000円(税込)

  • パイン材(900mm×300mm)
  • 蝶番×2
  • テーブル脚(IKEA)
  • 塗料(オイルステイン)

必要な道具

  • プラスドライバー
  • ノコギリ
  • メジャー
  • 水平器
  • ハケ

つくりかた

STEP1

作り方はとても簡単です。まず、2×4のSPF材(蝶番を留める受け側)に、壁面の枠内のサイズにパイン材をカット(600mm×300mm)します。※天板は好みの大きさでカットしてください。
カットしたら、先にオイルステインで塗っていきます。塗料が乾いたら、カットしたパイン材を蝶番で2箇所とめてください。

STEP2

次に、天板の裏にIKEAで購入したテーブル脚のベースを、ビスで固定していきます。通常テーブル脚は四脚使用しますが、今回は一脚のみの使用です。このテーブル脚はねじ込み式なので、簡単に脱着できます。

STEP3

テーブル脚のサイズは決まっているので、テーブル脚を天板に取り付けた際に、水平になっている様に計算しておくことが重要です。テーブルの下には、雑誌のずり落ち防止の板を1枚取り付けします。小さいサイドテーブルなので、テーブル脚一脚でも非常に安定しています。

STEP4

これで完成です。普段使用しない時は壁面にスッキリ収まっています。テーブル脚を一脚にすることで座った際に、自分の足が当たらないのもメリットです。ちょっとした作業や、息抜きに、雑誌や庭を見ながら、コーヒーを飲んだりする際に活躍してくれます。

デッドスペースをお気に入りの場所に変えよう

マガジンラックとテーブルの組み合わせは、ちょっとしたスペースの活用にぴったりですね。しかもdangoman9さんの作品は、使用しないときはすっきりとした壁面にもどせるので、ON・OFFの切り替えもばっちり。テーブル脚の支えがあるので、シンプルな構造でも頼りなさが少しもありません。デッドスペースとなっている住まいの一角があるのなら、思い切ってdangoman9さん流のDIYに挑戦してみませんか?もしかすると、デッドスペースがお気に入りの場所に変わるかもしれません。

dangoman9さんは、今回教えていただいたマガジンラック&テーブルのみならず、バイクガレージのほぼすべてを0からDIYされています。そこには、様々なアイデアや工夫が秘められていますので、是非合わせてチェックしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • テーブルなので、きちんと水平を取ってください。
  • 塗料は必ず先に塗ってください。(仕上がりが良くなります。)
  • 全ての材料を仮組みし、全体の仕上がりを見ながら作っていくと思い通りのモノがつくれます。

dangoman9さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!