提供:大日本印刷株式会社
デンマークインテリアのキーワード「ヒュッゲ」♪国交150年記念☆レオンさんに学ぶ本場のインテリア術 後編【PR】

デンマークインテリアのキーワード「ヒュッゲ」♪国交150年記念☆レオンさんに学ぶ本場のインテリア術 後編【PR】

北欧インテリアの中でも、居心地の良さが特徴となる「デンマークのインテリア」。今年は外交樹立150周年記念なんです。前編に引き続き、デンマークの文化のキーワードとなる「ヒュッゲ」が感じられるRoomClipのインテリアを見ていきましょう。

日本の生活にもある「ヒュッゲな暮らし」

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/roomclip-mag-gd/companies/K_073/201.jpg
設計:株式会社フーセット 中西麻美
写真:BO BEDRE JAPAN

前回に引き続き、お話をしてくれるのは、デンマークと日本の両方にルーツを持つ日本×デンマーク外交関係樹立150周年委員のレオン・エスベン・大田さんです。

レオン・エスベン・大田さん
レオン・エスベン・大田さん

1980年香港生まれ。在日デンマーク商工会議所専務理事、デンマーク最大のライフスタイル&インテリアマガジン「BO BEDRE JAPAN」代表。デンマーク人の父と日本人の母を持つ。コペンハーゲンでデザインとアンティークに囲まれて育つ。2006年冬に来日。早稲田大学にて言語学と人類学を研究。現在は俳優・演出活動と同時に、北欧・デンマークアドバイザーとしても活動。


ヒュッゲのキーアイテムとなる照明&空間演出

「居心地の良さ」や「人と楽しい時間を共有して過ごすこと」がヒュッゲの大きな概念。インテリアでは、機能性もデザインも優れた家具、照明が重要な要素です。そしてそれを彩る食器や小物なども含めて、カラーリングも大事です。

y_maru_hanaさんの友人の部屋

こちらのy_maru_hanaさんのご友人のお部屋では、アルネヤコブセンのチェアやルイスポールセンの照明、ロイヤルコペンハーゲンなど、デンマークの昔のものから現代のものまでが揃っています。 鏡がとてもいい味をだしていますね。写真右から入る光の反射効果で部屋に明かりが行き渡る効果もあります。
さらにテーブルには植物とみかん、ロウソク立てがそれぞれのカラーでいいアクセントを加えています。とてもヒュッゲな雰囲気のダイニング空間ですね。

Yoheiさんのお部屋

Yoheiさんのお部屋は、今デンマークでも流行のツートンカラーです。壁とソファのカラーリングがマッチしているので、配置スペースが離れていてもまとまっています。とても素敵なコーディネートです。
さらにダイニングのチェアとランプのカラーが、手前の暖炉の火とマッチしていて、目が落ち着きます。
窓とカウンターの間の空間を2つのスペースに分けていることで、とても機能性が高く、さらにヒュッゲな時間を過ごせそうなインテリアだと思います。

hiraya2015さんのお部屋

hiraya2015さんのこのお部屋は、まさにデンマーク人が好むインテリアです。
外光を沢山取り入れ、居心地の良い明るさに抑えた空間。さらに照明の置き方も上手です。きっとこのスペースに家族が集まって「ヒュッゲな時間」を楽しめると思います。

日本ならではの「ヒュッゲ」も!

RoomClipを見ていると、日本ならではのインテリアだからこそ実現できる「ヒュッゲ」もたくさん見つかります。

Mikiさんのお部屋

たとえば、Mikiさんの和テイストなこの部屋。ルイスポールセンの照明と和モダンな部屋がとてもマッチしています。より照度を落として落ち着いた明かりにすると、さらにヒュッゲで素敵なデンマークスタイルになると思います。

sebumさんのお部屋

日本で流行っているナチュラルテイストなsebumさんのお部屋ですが、とてもヒュッゲでデンマークテイストを感じます。
大きな窓から陽の光をたくさん取り入れるのがデンマークスタイル。この部屋では、窓に対してキッチンカウンターを縦長にすることとフローリングスペースを多く見せることで、部屋が大きく感じます。自然光が入る部屋は気持ちいいですよね。
ソファエリアをカーペットで整えているのも素敵です。ソファを部屋全体の色より暗めにすることでバランスが落ち着いてます。さらに例えば壁にアクセントカラーを入れると、より一層デンマークテイストになりますよ。

comiriさんのお部屋

デンマークのヒュッゲなインテリアにはロウソクは欠かせないアイテムです。こちらのアイテムはまるでロウソクの灯りのようですね。スピーカーということで音楽も聞けるのは素敵ですね。コーヒーとの組み合わせも居心地が良さそうで、「ヒュッゲ」ですね。

デンマークと日本は共通点がいっぱい

日本とデンマーク、場所は離れていますが、昔からお互いにデザインの影響を与え合っていました。伝統的な技術や職人の存在を大事にするところも似ているかと思います。外交樹立150周年を記念して、もっとお互いの交流が深まることを願っています。

BO BEDRE JAPANとは?

今回お話してくれたレオン・エスベン・大田さんが代表を務めるBO BEDRE JAPANは、デンマークの月刊誌「BO BEDRE」と年2回刊行の「NORDIC LIVING」の販売、そして北欧のライフスタイルの紹介と普及を目的に、2015年10月に設立されました。

北欧(特にデンマーク)のライフスタイルやデザインを紹介する各種イベントを随時開催しています。北欧と日本の架け橋になるためと、皆さんにより良い生活に結びつくようなインスピレーションや活動を心がけています。

DNPすまいみらい研究所のご紹介

logo

今回の記事をスポンサードしているのは「DNPすまいみらい研究所」。生活者の視点で住まいのあり方を考え、新たな製品やサービスを生み出す活動をしています。
心地よいデザインという観点でデザンマークの文化やデザインに注目し、日本の空間に調和するデンマークスタイルのあり方を考えています。

関連記事