アルミ缶のリサイクルにもなるリメ缶作り、大人気ですね。そこで、リメ缶を作ったことがない方、経験済みの方にも参考になる、RoonClip読者のリメ缶テクニックをご紹介します。アイデアとセンスの光るリメ缶作り、まだまだリメ缶の世界は広がりそうです♪

リメ缶の塗り方いろいろ

リメ缶は、ペイントの仕方でいろいろな表情が作られます。無造作に塗り重ねたり、壁塗り剤を混ぜたり、どんどん進化していくリメ缶をご覧ください。リメ缶アートと呼んでもよいのでは?

無造作な塗り方にセンスが光る!

無造作な塗り方にセンスが光る!

男前なリメ缶は、無造作に見えるペイントが決め手です。基本の色にもう一色でアクセントを付けるのがポイントのようですが、やはり、塗り方にセンスが必要なようですね。サボテンを植えて、クールでカッコイイスタイルの完成です。

黒のペンキと茶色のアクリル絵の具の2色塗ってラベル貼っただけの簡単リメ缶だよ(*´ω`*)ウフッ♪
 maya

ペンキ飛ばしで現代アート?

ペンキ飛ばしで現代アート?

飛ばしたペンキが、雰囲気のある柄を作っているリメ缶です。渋いベースカラーと不規則な白いペンキで、クールな男前リメ缶になりました。ペンキを飛ばす描き方は、現代アートのようですね。

思いっきりペンキを飛ばしてみました(*´罒`*)ニヒヒ♡︎
monta

質感も変える壁塗りテク

質感も変える壁塗りテク

漆喰に色を付けて表面に塗って作るリメ缶。アルミのクールな質感が、ナチュラルな漆喰の質感に代わり、素朴であたたかい雰囲気になりました。やさしいパステルカラーで、ナチュラルなインテリアに合いそうなリメ缶ですね。

リメ缶の模様の付けかたいろいろ

模様にも工夫を凝らして、オリジナルなリメ缶作りがされています。市販のものから、手作りのものまで、バラエティに富んだ柄で作られたリメ缶をご紹介します。

手軽な転写でオリジナルな柄も

手軽な転写でオリジナルな柄も

白いベースにトナー転写で付けたラベルです。蓋付きの白いリメ缶からあふれ出るグリーンは、まるで缶詰からグリーンで出てきたように見えますね。リメ缶でのトナー転写も、味わいのある出来上がりでステキです。

先日やっとやっと連れて帰ってきたハートカズラさんを出来たてホヤホヤのリメ缶に。今回は実験でトナー転写ってのをやってみました!
soranokatachi

リメ缶の模様の付けかたいろいろ

アンティーク風もシールでかわいく

アンティーク風もシールでかわいく

アンティーク風に塗ったリメ缶にかわいらしい女の子のシールを貼ってあります。色合いと図柄のバランスにセンスの良さが出ています。蓋を残してあるのも、リメ缶らしい雰囲気が出ますね。

先日仕上がった可愛い系のリメ缶です♪まだまだ未熟者!もっと数をこなさなければですp(*^-^*)q がんばっ♪リメ缶作りはまりますね〜(∩´∀`∩)
 Noriko

オリジナルな図柄で個性的に

オリジナルな図柄で個性的に

こちらもアンティーク風リメ缶です。すすけたような色合いが、昭和ホーロー看板にぴったりで、個性的なリメ缶になりました。図柄は、展示会の図録からデコパージュされたそうですが、これも、アート的な発想と完成度ですね。

リメ缶に初挑戦してみました。汚しのやめどころがわからんです。。昭和のホウロウ看板をデコパージュ(・∀・) 私の実家の近くにホウロウ看板マニアのオッチャンがいて、その人のコレクションを美術館で展示する時があってその展示会の図録から拝借いたしましたよ〜
 Tommy

手書きならではのあたたかさ

手書きならではのあたたかさ

同じ色でペイントされた雑貨で、かわいらしくまとめられたコーナーです。ホーロー風に塗られたリメ缶バッグのポイントは、シール風の手書き文字で、他の雑貨と合わせて、あたたかさものあるディスプレイになりました。

うち、パソコンもプリンターもないアナログなうちで、ステンシルにチャレンジできないの(^^;手書き(*≧ω≦)それも味?(笑)
kohakuru

リメ缶の使い方いろいろ

リメ缶と言えば、多肉やサボテンなどの植物の鉢として使うイメージですが、他にも大きさに合わせて再利用のされている読者がいます。手を掛けて作ったリメ缶、使い方も広げていけたら、更に楽しくなりそうです。

大き目リメ缶を収納に再利用

大き目リメ缶を収納に再利用

大きな缶をすっきりとしたリメ缶にして、収納に再利用しています。くるくる巻いたランチョンマットをしまうのに、缶の高さもちょうど良さそうです。収納グッズにリメ缶も加えてみてはいかがでしょう?

我が家のランチョンマットは、クルクル巻いてリメ缶に(^O^)エプロンは、焼き網のリメイクカゴの中に入ってます (^^)
kiyomi

アイデアが光る再利用

アイデアが光る再利用

浅い缶の再利用にピンクッションというアイデアがありました。こんなかわいらしいピンクッションがあれば、ボタン付けもはかどりそうです。リメ缶の色柄やクッションの素材で、たくさんバリエーションができそうですね。

シーチキンの空き缶にアースホワイト塗って、転写シートをペタリ!布に綿詰めて…針山の完成!ひとつは毛糸で!
chero

渋いリメ缶にカラフルなペン

渋いリメ缶にカラフルなペン

こちらは、ペン立てになった普通サイズのリメ缶です。男前なリメ缶に、カラフルなペンや色鉛筆が映えます。このサイズのリメ缶なら、他にもカトラリー入れなどキッチンでも使えそうですね。


RoomClipには、他にもステキなリメ缶の実例がたくさん。基本的な作り方は同じでも、デザインやプラスされたテクニックに個性が出ていますね。空き缶を捨てる前に、ぜひ、みなさんもトライしてみて下さい。


RoomClipには、インテリア上級者の「リメ缶」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

The following two tabs change content below.

クリオネ

国内外での引っ越しが多く、いろいろなタイプの部屋作り、庭造りを経験しました。部屋ごとに、その部屋の用途に合わせた機能性を持たせつつ、美しいインテリアを実現するのが夢です。