提供:株式会社LIXIL
「なんだかおしゃれ」をドアで叶える。こだわりのおうちづくり vol.1 reiさん【PR】

「なんだかおしゃれ」をドアで叶える。こだわりのおうちづくり vol.1 reiさん【PR】

シンプルなのに、なんだかおしゃれ。RoomClipではそんな素敵なお宅が多く見られます。さりげない中にもこだわりを感じられるポイントの一つは、実は大きな面積を占める「ドア」なんです。
この連載ではLIXILの室内建具ブランド「VINTIA(ヴィンティア)」のドアを通して、憧れのおうちづくりを実現するコツを3回に渡ってお送りします。

1回目の今回は、以前実施したVINTIAのモニターに当選し、ナチュラルなテイストから大人な印象に変えられたreiさんにインタビューしました!

インタビューしたユーザーさん

reiさん
reiさん

2015.12月に新居が完成。出来るものは施主支給し、IKEA製品も多様してます!コストダウンもオサレさも収納量も得られます!どなたかの参考になれば。皆さんの素敵な部屋やDIYを見るの楽しいです。

家を建てたとき、どんなところにこだわりましたか?

“reiさん"
reiさん

「二人の生活スタイルと犬との生活を考えて、いろいろ細かく相談しました。

この写真のドアは、VINTIAを設置する前のファミリーラインパレット。予算の都合で既製品の中から選ぶことになりましたが、その中でも本物に近い質感だったのが決め手でした!」

ご自宅のインテリアの好きなところは?

“reiさん"
reiさん

「今年、壁一面を板壁にしたのですが、木の香りのするカフェ風インテリアが気に入っています。
これからはシンプルで格好いい要素も取り入れたいですね。今の雰囲気も気に入っているので当分はこのままだと思いますが、物を増やしすぎず、スッキリしたオウチにしたいです!」

自慢の家具を教えてください!

“reiさん"
reiさん

「新居ができたら買おうと決めていたCRASH GATEさんのダイニングテーブルや椅子です。
今回のモニターも、CRASH GATEとLIXILのコラボイベントに参加した時に実物を見たら、かなり好みのドアで!しかもうちのドアがモニター対象のドアだったので、即応募しました(笑) 」

VINTIAに変えて、ドアに対する意識や考え方は変わりましたか?

“reiさん"
reiさん

「変わりましたね!建具は主張しすぎなくていいと思っていましたが、ドアひとつでこんなに部屋の雰囲気や家のテイストの見え方が違うんだなぁと感じました!」

リアルな声を聞かせて下さい!「実際使ってみて、VINTIAはどうでしたか?」

「部屋が引き締まった印象に」

“reiさん"
reiさん

「イベントで実物を見たら凄く好みの雰囲気だったので、色はネイビーブルーにしました。とてもシャープで、部屋が引き締まった感じがします。
寝室のドアなのですが、ベッドヘッド側の壁紙も青なので前よりコーデされた感じになりましたし、清潔感も出た気がします!」

「開け閉めしやすい♪」

“reiさん"
reiさん

「使い心地はファミリーラインパレットと変わらず、開け閉めしやすいです!ドアノブは握り玉にしたのですが、表面がざらざらしていて握りやすく、軽くひねるだけで開け閉めできるので、以前のノブより良いかもしれません。

デザインはファミリーラインパレットと同じタイプのものに。実は前のガラスの方が好みだったんですが、VINTIAのガラスも格好良いですよ!」

「ガラスも選べると良いな」

“reiさん"
reiさん

「ドアノブやドアの種類が選べるように、ガラスも何種類かあって選べると良いなと思います!泡やチェッカーなど、好みのガラスにできたら最高です。」


生活感までおしゃれに見えてしまう、reiさんのお宅。元々CRASH GATEがお好きということで、CRASH GATEとコラボしたブランドであるVINTIAは、reiさんのお宅にぴったりだったようです♪

LIXIL×CRASH GATEの新ブランド「VINTIA」とは

インダストリアルなインテリアや、西海岸風のスタイルにもマッチする新ブランド、VINTIA。ブランド名は、年代ものという意味合いのある「ヴィンテージ」と、技術の最先端などの意味を持つ「フロンティア」から生まれた言葉です。

また、VINTIAはLIXILの一部のドアシリーズなら、工事不要で交換できる、という点も特徴的。今回モニターしてくれたreiさん宅でも、1時間程度で交換できました。

※交換の対象シリーズは、ウッディーライン、ファミリーライン、ファミリーラインパレット、ラテオのうち2010年9月以降に着工された商品に限ります(特注の場合は、設置までの対応が通常と異なります。詳細は別途ご確認ください)。

reiさんに学ぶ、おうちづくりのコツ 「ドアひとつで、部屋の見え方が変わる」

「建具は主張しすぎなくていい」との思いから、最初はナチュラルなドアをチョイスされていたreiさんですが、VINTIAに変えただけで、お部屋の見え方がぐっと変わったことを実感されたそうです。

家を建てた時とインテリアの好みが変わってしまった、というのはよくあること。そんな時には模様替えをするような感覚で、室内ドアも着替えてみませんか?今よりもっと、おうち時間が楽しくなるはずですよ。

次回のインタビューは、youさん!

3回に渡ってお届けする今回の連載。次回はreiさんと同じく、モニターに当選されたことをきっかけにVINTIAを愛用してくれているyouさんにインタビューしますよ。新築したい方、リノベーションしたい方はもちろん、既にウッディーラインやファミリーライン、ファミリーラインパレットを愛用されている方も必見です。ぜひお楽しみに♪

関連記事