提供:株式会社LIXIL
お気に入りのドアで家が好きな場所に。こだわりのおうちづくり vol.2 youさん【PR】

お気に入りのドアで家が好きな場所に。こだわりのおうちづくり vol.2 youさん【PR】

シンプルなのに、なんだかおしゃれ。RoomClipではそんな素敵なお宅が多く見られます。さりげない中にもこだわりを感じられるポイントの一つは、実は大きな面積を占める「ドア」なんです。
この連載ではLIXILの室内建具ブランド「VINTIA(ヴィンティア)」のドアを通して、憧れのおうちづくりを実現するコツを3回に渡ってお送りします。

vol.2である今回は、北欧と男前をミックスした、オリジナルスタイルのインテリアを楽しんでいるyouさんにインタビューです♪
vol.1の記事はこちら!

インタビューしたユーザーさん

youさん
youさん

2014.11マイホーム完成。北欧、シンプル、木の温かみのあるインテリアが好きです♡スッキリ暮らせるように心がけています。

家を建てたときのエピソードを教えてください

“youさん"
youさん

「条件付きの土地を購入したため、使いたかったドアが選べなかったんです。結局、なるべく存在感のないものにしようと、この写真のドアに。でもやっぱり好みとは少し違いましたし、使う頻度の高いリビングのドアなのでずっと気になっていて……。
家を建てるという夢が叶ったのに、いろんなところで諦めてしまって、我が家のことも好きになれずにいました。

そんな時、RoomClipさんでVINTIAのモニターを募集しているのを見て、デザインに一目惚れ!好きになれず悩んでいた我が家が素敵になるかもしれない!と、祈るような気持ちで応募しました。」

ご自宅のこだわりポイントを教えてください!

“youさん"
youさん

「予算の範囲内でなるべく自然素材を使いたかったので、1階は漆喰の壁と無垢の床を採用しました!
また、家の1階の間取りはぐるっと1周できるようになっているので、どの部屋に行くにも便利で気に入っています。」

ご自宅のインテリアの好きなところは?

“youさん"
youさん

「あまり高価な家具はありませんが、unicoのダイニングテーブルは大きい物を選んだので、大人数での食事を楽しんでいます。
木の温もりを感じられる空間と、頑張りすぎず等身大のスタイルを楽しんでいきたいと思っています。」

VINTIAに変えて、ドアに対する意識や考え方は変わりましたか?

“youさん"
youさん

「今までは北欧のナチュラルな感じが好きでしたが、VINTIAに変えてカッコいいインテリアを目指すようになりました。

ドアでこんなにも部屋の雰囲気が変わるなんてビックリで、今はVINTIAの他の色にしてたらどんな感じかなと考えるだけで楽しいです!部屋のイメージに合ったドアを選ぶことの重要性が分かりました。」

リアルな声を聞かせて下さい!「実際使ってみて、VINTIAはどうでしたか?」

「実物は写真以上でした!」

“youさん"
youさん

「どの色も素敵で悩みましたが、シンプルでどんなテイストにも合いそうなチャコールブラックを選びました。
実物を見ると刷毛でペイントしたような質感や重厚感があり、写真以上に素敵でした!」

「ガラスのデザインに一目惚れ」

“youさん"
youさん

「部屋が狭いので、なるべく圧迫感がないようにデザインはガラス付のものにしました。波打ったようなガラスのデザインも、一目惚れしたポイントです。」

「開け閉めがスムーズです」

“youさん"
youさん

「デザインも素敵ですが、ドアは軽く、開け締めがとてもスムーズです。ガラスも割れにくい加工がされているので、子供がいる我が家では安心して使うことができます。」


ナチュラルテイストだった以前のyouさんのお宅ですが、北欧の雰囲気に男前なVINTIAが加わった今のお宅は、他にはないオリジナリティがありますよね!

男前インテリアをどこから取り入れたら良いか分からない……という方にも参考になりそうです☆

男前テイストをドアから取り入れる!LIXILの新ブランド「VINTIA」とは

インダストリアルなインテリアや、西海岸風のスタイルにもマッチする新ブランド、VINTIA。ブランド名は、年代ものという意味合いのある「ヴィンテージ」と、技術の最先端などの意味を持つ「フロンティア」から生まれた言葉です。

youさんが一目惚れしたというレトロな風合いのガラスは、実は割れた時に丸い破片になるという、熱処理ガラスを採用しているんですよ。

他にも、10回以上のトライアルを重ねて生まれたという年代物のドアのような質感、開けやすさを徹底研究したドアノブなど、LIXILさんのこだわりと技術が詰まっています!

youさんに学ぶ、おうちづくりのコツ「一目惚れしたドアで、嫌いな空間が好きな空間に」

部屋のイメージに合ったドアを選ぶことの重要性が分かったとコメントしてくれたyouさん。我が家を好きになれなかったということでしたが、家を建てる時は制約も多いので、youさんと同じ経験をされた方も多いのではないでしょうか?

大きく変えることは難しくても、部分的な変化ならトライしやすいもの。特にドアのように、印象のガラリと変わるパーツでお気に入りを取り入れるのはオススメですよ。
好きな建具を取り入れて、今よりもっと好きな空間に変身させましょう!

次回は、総集編!

3回に渡ってお届けする本連載。最終回はVINTIA総集編!RoomClipに寄せられた素敵なVINTIAの投稿をご紹介します。

我が家のVINTIAも自慢したい!という方は、ぜひ今のうちに投稿してみてくださいね。あなたの投稿もRoomClip magで紹介されるかもしれませんよ♪

関連記事