人気インテリア雑誌、掲載常連さんのHachico.さん。表紙を飾るほど、そのDIYの腕とセンスはプロお墨付きです。今回は、テレビ番組でも紹介されたというおもちゃBOXの作り方をご紹介いただきます。リーズナブルなダイソー収納ケースを使って、子ども部屋の定番・IKEAのトロファスト風の引き出し式収納を作ります!

教えてくれた人

頑張りすぎない、ガサツでゆる〜いDIYが得意です笑

早速作ってみましょう♪

用意するもの

  • SPF材 1×6 (720mm) 4本
  • SPF材 1×6 (610mm) 6本
  • (予算に余裕のある方は、ぜひSPF材 1×12 (720mm) 2本 SPF材 1×12 (610mm) 3本で……
  • 杉角材 18mm×18mm(280mm) 16本
  • ダイソー スクエア収納ケースA4 4個
  • ダイソー 蓋付き収納BOX 4個
  • 木ネジ
  • ボンド

STEP1

STEP1

610mmの方のSPF材に、引き出し用の桟となる 杉の角材をボンドで付け、釘を打つ。 今回は610mmのSPF材を2枚繋げて作っています。 (上から30mm、175mm、320mm、465mmの位置に付けると、バランスが良いと思います)

STEP2

STEP2

先ほど桟をつけた、外板2枚、中板1枚と底板(720mmのSPF材)を木ネジで固定する。 ボンドを使うと強度がアップします。

STEP3

同様に天板を木ネジで固定する。

STEP4

STEP4

お子様が怪我をしないように、サンダーで角を念入りにやする。

STEP5

お好みでペイントしたり、収納ケースにカッティングシートを貼る。

STEP6

STEP6

収納ケースを変えると雰囲気も変わりますよ。

モノトーンの引き出しで、おもちゃだってカッコよく!

ナチュラルでやさしい印象のウッド×ホワイトに、ブラックのアクセントが効いたカッコいい収納が出来上がりました!カラフルなものが多いおもちゃ収納は、どうしてもインテリアに合わないことが多々ですが、こんな大人っぽいモノトーンなら、お部屋の雰囲気を壊さず、子どもがいつでも遊びやすい場所におもちゃを置いておくことができますね。カッティングシートで貼った数字や1つ1つ違う模様は、どのBOXに何をしまうかルールを作りやすく、子どもが自分で片付けやすい工夫も。子どもの使いやすさと大人の満足度、両方満点のアイテムですね。

ワンポイントアドバイス

  • 外板、中板を底板と固定する際に、一度収納ケースがきちんと引き出せるか確認して調整するといいと思います。
  • 収納ケースが品薄のため、代わりに水切りかごや、別の収納ケースを代用しても可です。 その際はサイズに注意しましょう。
  • キャスターをつけるとお掃除ラクラクですよ。

Hachico.さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!