北欧生まれのブランドのアイテムは憧れだけど取り入れるのはちょっと難しそう……。そう思ってなかなか手が出ない人も多いかと思います。今回はそんな方におすすめの北欧ブランドとイチオシのアイテム、取り入れ方のコツなどをご紹介します。本当にお気に入りの雑貨があると日々の生活に潤いが出てきますよ♪

大胆なデザインが大人気♪marimekko(マリメッコ)

フィンランドで生まれたmarimekkoは今や、日本でもたくさんの人に愛されるブランド。テキスタイルだけでなく食器などの生活雑貨もかわいいものが多いですよね。素敵なデザインが多いので、北欧インテリアに興味がある方にはぜひ取り入れていただきたいです。

取り入れやすいファブリックパネル

大きな蓮の葉がモチーフの「ボットナ」は、シンプルなのに存在感たっぷり。ファブリックパネルはアートよりも気軽に楽しめ、自分でもDIYできるのでちょっと変化が欲しいときにはとてもおすすめです。こちらのお部屋はクッションカバーもmarimekkoですね♪

デザインの素敵な食器はぜひ見せる収納で

真ん中の段の2種類の食器がmarimekkoのもの。marimekkoの食器はデザインの種類が豊富で、シンプルなものから鮮やかな柄まで幅広い品ぞろえです。お気に入りが見つかったらぜひ見えるところに並べましょう♪

目隠しもテキスタイルでおしゃれに

marimekkoの大胆なデザインは、シンプルな北欧インテリアにも合いますし、こんなポップなお部屋にも合うんです。見せたくない場所や、生活感の出るものを隠すときにもmarimekkoのテキスタイルは役に立ちますよ。

ついつい集めたくなる。iittala(イッタラ)のガラスたち

フィンランドでガラスメーカーとして創業したiittala。北欧らしいシンプルなデザインと機能性を追求した商品は日本でも大人気♪現在はガラス製品だけでなく、陶器などトータルテーブルウェアブランドとして知られています。

色遊びのできるキャンドルホルダー

iittalaの人気アイテムの一つ、キャンドルホルダー「kivi(キヴィ)」。これだけ揃えたら圧巻ですね。kiviはカラーバリエーションが豊富なので、必ずお部屋のインテリアに合うカラーが見つかるはず♪

ただただ眺めたい♪

こちらは知る人ぞ知るiittalaの素敵なオブジェ、「アテネの朝」。天井からふわふわとシャボン玉のように揺らめくオブジェがそれです。時には眺めているだけで心が安らぐオブジェを取り入れてみては?実用性はないかもしれませんが、ほっとするお部屋づくりには欠かせない要素です。

花のある暮らし、始めませんか?

すっきりと片付いたお部屋に季節のお花……なんて憧れますよね。せっかく飾るならこんな素敵なフラワーベースはいかがですか?ガラス製だと不思議と重たく見えないですよね。お花だけでなく、フェイクグリーンをモリモリ飾るのもいいかもしれませんよ。

デンマーク生まれのかわいい動物たち

RoomClipでも時々見かける木製の動物オブジェ、ご存知ですか?愛くるしい表情と動きに気になっていた人も多いかと思います。この動物たち、実はカトラリーなどのデザインでも有名な「カイ・ボイスン」のデザインした木製玩具なんです。特にちょっぴりひょうきんな「モンキー」が人気です。

モンキーを探せ!

プラスチックのおもちゃとは違う木製玩具ならではの温かみは北欧インテリアにぴったり♪おもちゃなのにインテリアになじむのはやはり北欧生まれだからでしょうか。今人気のストリングシェルフにちょこっとひっかけたり、ディスプレイスペースに座らせたり。木製なのでグリーンとの相性も◎ですよ。

北欧生まれを集めよう

北欧生まれの雑貨たちはブランドの枠を超えて相性がとっても良いんです。同じブランドで統一するのも素敵ですが、あえていろいろなアイテムをまとめてディスプレイしてみるのもおすすめです。ただし、ぎゅうぎゅうに詰め込むと雑多な感じがしてしまうので、この写真のように余白も作りましょう。

北欧づくしのシェルフになってますねー、かわいい♪
sayakajyou
やっぱりカイボイスンのモンキー、合いますよねー♡しばらくコレで楽しめそうです〜*・'(*゚▽゚*)’・*
Maki

小鳥もいるよ

モンキー以外にもバリエーションあり。こちらはつがいの「ラブバード」。iittalaのkivi、グリーンとの組み合わせがなんとも爽やか。朝陽をたっぷり浴びさせたいシェルフですね♪

みんな大好き!リサラーソン

北欧ブランドと言えば欠かせないのがスウェーデン生まれの「リサラーソン」。デザイナーである彼女の名前がそのままブランド名になっています。日本でもさまざまなブランドとコラボしたりと大人気ですよね。

やっぱり動物オブジェがかわいい♪

すっきりと片付いたキッチンに丸いライオンのオブジェ。違和感がないのがとっても不思議です。オブジェの色と他のアイテムの色が微妙にリンクしているのも、まとまりの出るポイントです。

これもリサラーソン。

一番右のフラワーベース、北欧好きさんのインテリア写真でよく見かけますよね。なんとなく気になっていた人もいるはずです。こちらはリサラーソンの「ワードローブシリーズ」というもの。ドレスの形をしたフラワーベースなんてとっても存在感がありますよね。

子供部屋には「マイキー」がおすすめ

このとぼけた表情のネコの「マイキー」。リサラーソンの生み出したキャラクターの中でも1・2を争うほどの大人気ですよね。絵本から飛び出してきたようなマイキーならお子様も気に入ってくれそうです。


ほんの一部ですが、人気北欧ブランドの人気アイテムを紹介させていただきました。ひとつでも自分のお気に入りの雑貨がお部屋にあるとなんだかテンションも上がりますよね♪ぜひ、次にお迎えする北欧雑貨の参考にしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者の「北欧 インテリア」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.

somameko

現在子育て中のママです。インテリア・雑貨は北欧テイストが好きですが、100円&300円ショップ巡りも大好きです♪RoomClipでみなさんの素敵な写真から日々たくさんのヒントをもらっています!