RoomClip Award 2020

当たり前だった日常が当たり前ではなくなってしまった。
2020年は、そう感じた方も多いのではないでしょうか。
それでも、わたしたちは毎日暮らしていく。
そして、そこには新しい暮らしの創意工夫が溢れている。
日々の暮らしに感謝を込めて、
RoomClip Award 2020 を発表します。

当たり前だった日常が当たり前ではなくなってしまった。2020年は、そう感じた方も多いのではないでしょうか。それでも、わたしたちは毎日暮らしていく。そして、そこには新しい暮らしの創意工夫が溢れている。日々の暮らしに感謝を込めて、RoomClip Award 2020 を発表します。

キーワードランキング キーワードランキング

キーワードランキングでは、RoomClipのユーザーさんの投稿数、検索数、いいね数、
コメントなどのデータをもとに、今年注目された暮らしとインテリアのキーワード10個を選出します。
今年もRoomClipのユーザーのみなさまによって、
暮らしにまつわる新たなアイデアや視点が数多く誕生しました!

  1. 撮影 ranko さん

    おうち〇〇

    今年は多くの時間を自宅で過ごさなくてはいけない状況が続き、これまで外出先で楽しんでいたことを「おうち○○」として楽しむ様子をたくさん投稿いただきました。

    お菓子作りや、一手間加えた料理にチャレンジしつつ「おうちカフェ」を楽しんだり、なかには自宅の中にテントを張ってアウトドア気分を味わう「おうちキャンプ」をする方も。

    夏には軒並み中止となった夏祭りの代わりに、自宅で屋台メニューを作ったり、縁日の出し物を再現した「おうち夏祭り」で、例年の夏とは一味違った、思い出深い夏となるような工夫をされていました。

    単にアイデアを発信するだけではなく、「おうち○○」という言葉で繋がることで、直接会わずとも一緒に盛り上がることができ、大きなムーブメントとなりました。

    わたしたちの想像を超える、楽しく、そして前向きな暮らしの投稿にたくさんの元気や勇気をいただきました!

    Keyword Ranking 01
  2. 撮影 Rolo さん

    在宅勤務・テレワーク

    オフィスや職場に行かず、自宅で仕事をする「在宅勤務」や「テレワーク」という働き方が急増しました。

    急速に広がったこの動きに対して、「仕事」というこれまでは暮らしとは一線を引かれていた営みが入り込み、家の中ではさまざまなアイデアや工夫がされるようになりました。

    パソコン作業をするためのワークデスクを整える必要性がでてきたことから、デスクやチェアなど必須アイテムや、有孔ボードなどを使った快適なワークスペースのDIYなど、数多くのアイデアが共有されました。また、ダイニングテーブルにライトを置き、すでにある空間を工夫する様子など、暮らしと仕事が交わる場所としてさまざまなかたちの在宅勤務、テレワークのスペースが生まれました。

    また、こうして「仕事をする」という「おうちの中でのON」な状態が誕生することで、後述する、おうちをもっとくつろげる空間にしよう、という動きのきっかけにもなりました。

    Keyword Ranking 02
  3. 撮影 chibi76 さん

    ホテルライク

    先に登場した「在宅勤務」や「テレワーク」の登場により、「家 = くつろぎ、休む場所」という大前提が揺らぐなか、注目を集めはじめているのが「ホテルライク」というインテリアスタイル。

    ラグジュアリーな意味合いというよりは、「在宅勤務・テレワーク」という「おうちの中でのON」に対して、「おうちの中でのOFF」をつくる方法として浸透してきているようです。

    寝室や洗面所、バスルームなどを家の中のプライベートな空間を中心に、洗練されたリラックス感溢れる投稿が目立ちました。ホテルのような、くつろぎと癒しに特化したスタイルを取り入れることで、自宅でこれまで以上に充実したOFFタイムを過ごすことができそうです。

    大きく変化した暮らしの中で、わたしたちの暮らしの新しい定番となるのか、その魅力や可能性に今後も注目していきたいスタイルのひとつです。

    Keyword Ranking 03
  1. 撮影 miwa さん

    清潔を保つ

    手洗いや除菌、マスクをしての外出が当たり前な日常になり、RoomClipでも家の中で清潔を保つ工夫が数多く共有されました。

    使用頻度が増えたハンドソープや、アルコール除菌スプレーなどのボトル類の置き方の工夫をはじめ、季節を問わず毎日使うかたちになったマスクの収納方法など、数多くのアイデア投稿がされていました。ハンドソープに関しては、手を触れずに使うことができる自動のハンドディスペンサーも人気を集めました。

    また、家族が自宅で過ごすことが増えたことで家が汚れるペースもあがったため、ささっと掃除をして、家の「清潔を保つ」様子が数多く投稿されました。

    この状況を乗り越えようという多くのユーザーのみなさまの小さくも大事な工夫の積み重ねを感じるムーブメントです。

    Keyword Ranking 04
  2. ゆとりある一人暮らし

    昨年も注目を集めた一人暮らしのインテリア。今年も新たな一面をユーザーのみなさまの投稿から垣間見ることができました。

    特に目立ったのは、限られたスペースを使って整理収納の工夫をするだけではなく、植物やアート、アンティークの家具を取り入れるなど、空間をもう一歩自分の趣味や個性に寄せた、自分スタイルに楽しむ様子です。ただ必要最低限の生活するだけではなく、自分が楽しむ余裕を持った「ゆとりある一人暮らし」の素敵な投稿の数々は、これから一人暮らしをはじめる方にも、ぜひ参考にしていただきたいものばかりです。

    働き方も大きく変化したいま、住む場所の選択肢も変化しつつあります。それに伴い、さらに多様な広がりを見せてくれそうな一人暮らしのインテリアには、今後も注目すべきアイデアが生まれそうです。

    Keyword Ranking 05
  3. 撮影 Rayne さん

    ゴミを見直す

    今年は何かしらのかたちで、ゴミについて考えた方も多かったのではないでしょうか?

    レジ袋の有料化により、エコバッグを使用することが増え、家の中にはその収納場所や置き場を確保するアイデアが数多く誕生しました。また、ゴミ袋としてレジ袋を使うという用途を見直し、生ゴミ処分の袋を新聞紙にしていくなど、エコやサスティナブルといった観点からゴミを見直す投稿も増えています。

    同時に、自宅で過ごす時間が増えたことでこれまでよりもゴミの量が増えたのか、より大きなゴミ箱を求める傾向も見られました。市販のものでは満足できずDIYすることで解決する方法や、ネット通販の利用機会が増えることで増加したダンボールゴミを回収日まで一時的にストックしておく、ダンボールストッカーの投稿も人気を集めました。

    生活をしていくうえで、どうしても出てしまう「ゴミを見直す」ことが、暮らしをよくする大きな一歩になるのかもしれません。

    Keyword Ranking 06
  4. 撮影 sona さん

    庭・ベランダで過ごす

    気持ちのよい季節に外出を制限されてしまった今年は、これまで、ガーデニングや趣味を楽しむことがメインであった庭やベランダを、リビングやダイニングなどと同じように「過ごす場所」へと進化させました。

    休園や休校で自宅で過ごすことを余儀なくされたお子さまがいるご家庭では、ビニールプールや日除けを駆使し、「おうちプール」を楽しみながら夏を過ごす場所になりました。

    また、テーブルや椅子を出して、いつもの食事をちょっと贅沢な気分を味わったりなど、これまであまりお庭やベランダを活用し切れていなかった方も、さまざまなかたちでその価値を再発見されていました。

    さらなる活用の幅を広げたお庭やベランダ、テラスといったスペース。今後の家づくり、住まい作りでも注目を集めるものになりそうです。

    Keyword Ranking 07
  5. 撮影 aya_blue さん

    初心者もできる整理収納

    今年は例年以上に整理収納のノウハウに注目が集まりました。

    自宅で過ごす時間が増えたことで、整理収納を改めて見直して発信する人と、これまでは興味はなかったけれど必要になった人、その両方が増えたことが背景にあるようです。

    特にクローゼットやパントリーなど元々ある見えない収納スペースをしっかり見直し、デッドスペースにせず活用している投稿が目立ち、それらを参考にする方も多くいました。

    また、細かい物で溢れがちなキッチンを、ワイヤーネットや結束バンド、フックなど100円ショップで揃うアイテムで手軽に収納力アップさせるノウハウなど、自宅の整理収納をいまからでも見直したい、という方におすすめのアイデアも多数投稿いただきました。

    ちょっとした気づきや工夫で、ぐっと毎日が快適になる整理収納の底力を感じた1年となりました。

    Keyword Ranking 08
  6. 撮影 choco さん

    巣ごもり家電

    在宅勤務やおうちで過ごす巣ごもりタイムが増えたことで、コーヒーメーカーや炭酸水メーカーなど飲料に関わる家電や、自動調理鍋や圧力鍋、ホームベーカリーなどワンランク上の料理を実現できる調理家電が人気を博しました。

    また、多くの方が洗濯乾燥機や食洗機を取り入れ、おうち時間の増加とともに増えてしまった家事の負担を減らし、より快適な暮らしを実現されていました。

    その他にも、音声操作に対応したスマートスピーカー、スマートフォンを使って操作ができるスマート照明などのスマート家電を取り入れてるなど、細かなストレスを減らして、充実したおうち時間を過ごしている方も数多くいらっしゃいました。

    Keyword Ranking 09
  7. 撮影 mika さん

    韓国インテリア

    10代、20代の若い方を中心に数年前からファッションやメイクなど中心に人気を集めている韓国のカルチャー。

    今年に入り、そのインテリア版と言える「韓国インテリア」を取り入れたお部屋の投稿が増えています。

    ベージュやアイボリーなどナチュラルでやさしい質感と色合いで統一された空間は、一人暮らしなど限られたスペースもすっきり見せてくれるようです。

    ボンボンキャンドルやビーンズミラー、シェードランプなど特徴的でありつつも小ぶりで取り入れやすいアイテムの数々も多くのユーザーさんの心を掴んだようです。

    おうち時間が増え、暮らし方の変化に伴うトレンドが多い中、シンプルにインテリアのスタイルとしてランクインした韓国インテリア。若い方達のパワーや発想がインテリアにもより一層浸透しつつあり、今後も目が離せません。

    Keyword Ranking 10

ベストプロダクト ベストプロダクト

キーワードランキングとともに、
2020年の暮らしを支えた21のプロダクトを選出し表彰いたします。
各トレンドにちなむアイテムカテゴリーについてRoomClipへの投稿数やEC誘導数、
伸長率等を総合的に算出し、代表となる一品を選定しました。

ベストプロダクト受賞企業様から、
コメントをいただきました!

  • バスケットトローリー

    株式会社山善 様

  • クイックルワイパーシリーズ

    花王株式会社 様

  • コマンド™フックシリーズ

    スリーエムジャパン株式会社 様

  • NESNA

    イケアジャパン株式会社 様

  • コアラマットレス

    Koala Sleep Japan 株式会社 様

  • モクオリタタミローチェア

    株式会社ニトリ 様

  • 乾太くん

    リンナイ株式会社 様

  • 床拭きロボット ブラーバ ジェット m6

    アイロボットジャパン合同会社 様

  • らくハピ マッハ泡バブルーン 洗面台の排水管

    アース製薬株式会社 様

  • ドリップポッド

    ソロフレッシュコーヒーシステム株式会社 様

  • オートソープディスペンサー

    サラヤ株式会社 様

  • ジョイントラックシリーズ

    株式会社大創産業 様

  • ヘルシオ ホットクック

    シャープ株式会社 様

  • popIn Aladdin 2(popIn)

    ステイホーム長期化で動画配信サービスやライブ配信のエンタメが暮らしの中で身近になる中で、「おうち映画館」を実現するアイテムとして利用が広がったのがプロジェクターです。中でも本アイテムは、シーリングライトの取替えだけで導入できる気軽さから代表格となっています。

    • おうち〇〇
    • ゆとりある一人暮らし
    • 巣ごもり家電
    撮影 meruto さん
    RoomClip Award 2020
  • 乾太くん(リンナイ)

    おうち時間が長くなったことで家事フローの見直しが加速し、衣類乾燥機に注目が集まっています。ガスの特長を活かしたスピーディーさや仕上がりを実現をする本アイテムは、特にRoomClipの中で注目を集め、新築・リフォーム時の導入報告が相次いでいます。

    • 巣ごもり家電
    撮影 ku さん
    RoomClip Award 2020
  • ヘルシオ ホットクック(シャープ)

    「自動調理器」とも呼ばれるジャンルは年々関心が高まっていましたが、2020年はRoomClipユーザーが導入に大きく動いた年でした。当ジャンルの代名詞でもある本アイテムはステイホームで増えたおうちごはんのシーンで料理とともに数多くの投稿が見られました。

    • 巣ごもり家電
    撮影 keep_it_simple4 さん
    RoomClip Award 2020
  • モクオリタタミローチェア(ニトリ)

    緊急事態宣言による外出自粛は、外で楽しむアクティビティーをおうちに取り込んだ「おうちキャンプ」「ベランピング」トレンドを生みました。特に本アイテムのように素材のぬくもりを活かしたキャンプファニチャーはコーディネートのマストアイテムとして支持されています。

    • おうち〇〇
    • 庭・ベランダで過ごす
    撮影 ____kens さん
    RoomClip Award 2020
  • tower マグネットマスクホルダー(山崎実業(Yamazaki))

    コロナ禍により多くの家庭で新たに置き場が必要になったアイテムといえば「マスク」。その収納方法が既存品での代用やDIY中心の中、専用品として話題となったのが本アイテムでした。外出・帰宅時の動線上となる玄関にマグネットで設置できる手軽さが高く評価されています。

    • 清潔を保つ
    • 初心者もできる整理収納
    撮影 micchi さん
    RoomClip Award 2020
  • バスケットトローリー(山善)

    長いおうち時間で片付けを新しくはじめたり、新しい生活シーンに合わせ持ち物を見直す動きが見える中で普及が進んでいるのが本アイテムのようなバスケットワゴンです。料理やメイク、学用品収納など、それぞれのタスクとともに導入され、さまざまなカスタムも生まれています。

    • 初心者もできる整理収納
    撮影 Wkk…sWnmn さん
    RoomClip Award 2020
  • Genesisシリーズ(ソーダストリーム)

    近年の無糖飲料ブームから消費の拡大が続く炭酸水ですが、現在、多くのペットボトルゴミを家庭で排出する要因にもなっています。特に、炭酸水メーカーは家庭で気軽に炭酸水を楽しみたい、というユーザーのみなさまを中心に広がりを見せて、ゴミの削減に関心を持つ生活者にも選ばれはじめています。

    • ゴミを見直す
    • 巣ごもり家電
    撮影 yumiril さん
    RoomClip Award 2020
  • セイルチェア(ハーマンミラー)

    全国で始まったテレワークはダイニング等で働くという暮らしの変化を発生させましたが、現在は身体の負担軽減や作業しやすさを重視し、専用スペース構築や専用アイテムの導入が進んでいます。本アイテムはワークチェアとしての機能性と優雅さを備える憧れの一つとなっています。

    • 在宅勤務
    • テレワーク
    撮影 sanu さん
    RoomClip Award 2020
  • コアラマットレス(コアラ)

    テレワーク等、おうちの中の活動がより忙しくなった結果、よりメリハリを付けてしっかり休む、リラックスを重視する傾向が高まっています。中でも睡眠の質を高める関心は高く、独自の寝心地をアピールした本アイテムにはユーザーのみなさまからの大変多くの興味と満足の声が多く上がりました。

    • ホテルライク
    • ゆとりある一人暮らし
    撮影 maiikkoo さん
    RoomClip Award 2020
  • ディフューザー(Dr. Vranjes)

    質の高い居心地やリラックス体験を目指す「ホテルライク」スタイルは、インテリアのコーディネートに限らず、香りなど五感も重視されることが特長です。海外のリゾートをイメージするようなハイブランドのスティック型ディフューザーがシーンをリードしました。

    • ホテルライク
    撮影 znie さん
    RoomClip Award 2020
  • オートソープディスペンサー(サラヤ)

    除菌意識の高まりから手洗いの回数が増えていく中、電動タイプのソープディスペンサーに注目が集まりました。本体に触れないため容器を清潔に保てる点、子供でも使いやすい点に加え、本アイテムは暮らしに馴染むデザインと電池不要の充電式の利便性により、多くのユーザーのみなさまからの支持を集めました。

    • 清潔を保つ
    撮影 unichan さん
    RoomClip Award 2020
  • コマンド™フックシリーズ(3M)

    ワイヤーネットとの組み合わせをはじめ、フックを使った収納はキッチンや洗面所だけでなく、住まいのありとあらゆる場所で用いられるようになりました。貼って剥がせるだけでなく、水回り、そして屋外にも使えるこのアイテムのラインナップは、暮らしのフック利用の可能性を広げました。

    • 初心者もできる整理収納
    • 庭・ベランダで過ごす
    撮影 ray55 さん
    RoomClip Award 2020
  • トランポリン(チャイルドキッス)

    外出ができない状況で、お子さまのいるご家庭では家の中のリビングや庭をはじめ、ありとあらゆる場所が子どもの遊び場になっていきました。そんな中で多くのご家庭で導入されたのがトランポリン。本アイテムは豊富なカラーバリエーションが暮らしに馴染むと支持を集めました。

    • おうち〇〇
    撮影 Katsura さん
    RoomClip Award 2020
  • THE GRID ブランケット(bastisRIKE)

    在宅ワーク、宅トレ、おうちキャンプ…家の中でより多くの活動をするようになった反動は、リラックスするための時間と空間作りとしてあらわれています。寝室や水回りではホテルライクというコンセプトで寛げるアイテム選びが好まれ、その中でこのアイテムも指示を集めています。

    • ホテルライク
    撮影 yu さん
    RoomClip Award 2020
  • NESNA(IKEA)

    元々若年層のお部屋で人気だった韓国インテリアが2020年ファミリー層へと波及しました。白からベージュ系のワントーンで彩られたお部屋のアイテムの中でよく目にしたのがこのアイテム。寝室のベッドサイドやリビングのソファサイドで、旬なスタイルの実現を支えました。

    • 韓国インテリア
    撮影 kaori さん
    RoomClip Award 2020
  • ジョイントラックシリーズ(ダイソー)

    家庭のゴミの量や種類にも変化が起きました。話題になったのはオンラインサイトからの購入が増えたことで、梱包に使われたダンボールをどこにどう溜めておくかという問題です。このダンボールストッカーは、手に入りやすいアイテムを組み合わせて手軽に作れると支持を集めました。

    • ゴミを見直す
    撮影 amipama さん
    RoomClip Award 2020
  • 床拭きロボット ブラーバ ジェット m6(アイロボット)

    清潔への意識の高まりから、掃除のやり方や頻度にも変化がありました。掃除の仕方として注目が集まったのが拭き掃除。ロボット掃除機の中でも拭き掃除ができるタイプの導入が進み、「床がすっきりする」「静かなので家にいる時でも気にせず動かせる」と支持を集めました。

    • 巣ごもり家電
    • 清潔を保つ
    撮影 Ichi さん
    RoomClip Award 2020
  • クイックルワイパーシリーズ(花王)

    家で過ごす時間が長くなり活動の幅が広がるとともに、これまで気にならなかった髪の毛などのちょっとしたゴミが目につくようになった人が多かったようです。そんな中で、本アイテムの抜群の手軽さによって、多くの家庭のお掃除シーンで用いられ、清潔で快適な住まい作りを支えました。

    • 清潔を保つ
    撮影 miyuki さん
    RoomClip Award 2020
  • らくハピ マッハ泡バブルーン 洗面台の排水管(アース製薬)

    この機会に水回りの掃除のやり方を見直すトレンドが巻き起こっています。面倒な水回りの掃除において、このアイテムの泡を噴射するという楽しさ、放置して置くだけで良いという楽さは、たくさんのご家庭の洗面所、トイレのお掃除シーンで活躍しました。

    • 清潔を保つ
    撮影 JASMINE さん
    RoomClip Award 2020
  • ドリップポッド(UCC)

    在宅ワークの合間や、おうちカフェのシーンでお茶やコーヒーで一息入れる機会が増えた方も多かったようです。そんな中、このアイテムは暮らしに馴染むデザインと、コーヒーだけでなく紅茶、お茶まで手軽に楽しめる点でユーザーのみなさまのが支持を集めました。

    • おうち〇〇
    • 巣ごもり家電
    • 在宅勤務・テレワーク
    撮影 mika さん
    RoomClip Award 2020
  • ボンボンキャンドル(ハンドメイド)

    韓国インテリアがファミリー層へと広がった2020年、ハンドメイドのボンボンキャンドルは、旬なスタイルを気軽に取り入れるのにぴったりのアイテムとして多くの住まいで取り入れられました。ダルゴナコーヒーとともに、おうちカフェのシーンでも活躍しました。

    • 韓国インテリア
    • おうち〇〇
    撮影 ayaka さん
    RoomClip Award 2020

運営からのメッセージ 運営からのメッセージ

2020年は、これまでの暮らし、そしてこれからの暮らしについて多くのことを考え、そして、変えざるを得なかった1年でした。たくさんの方がさまざまなかたちで困難に直面されたと思います。

しかし、それでも暮らしを諦めず、よりよい暮らしを求めたすべてのRoomClipユーザーのみなさまの投稿やコメント、いいねのひとつひとつが、少しずつ、でも確実に世の中を「新しい暮らし」に導いてくださいました。

この先に続いていく2021年、みなさまがつくっていく「新しい暮らし」にRoomClipも寄り添っていきたいと思っております。みなさまの手から、どんな暮らしが紡ぎ出されていくのか、とてもとても楽しみです。

今年もたくさんの素敵な投稿をありがとうございました!