RoomClip Award 2019☆今年のインテリアトレンドを大発表!

RoomClip Award 2019☆今年のインテリアトレンドを大発表!

2019年も残りわずかとなりました。みなさんにとってどのような1年だったでしょうか?RoomClipはサービス開始から8年目に突入、投稿写真は400万枚を突破し、RoomClipで人気のスタイルやノウハウがマスメディアに取り上げられる機会も増えました。

RoomClipでは、写真数、アクセス数、検索数、いいね数、コメント数などのデータをもとに、今年もっとも注目された暮らしとインテリアのキーワード「RoomClip Award 2019」(ルームクリップアワード2019)を選出しました。2015年から始めたこの取り組みは今年で5回目になります。今年もインテリアのスタイルから、DIYや収納、家事関連など多種多様な暮らしにまつわるキーワードが選出されました。

目次

RoomClip Award 2019

1位:自分スタイル
2位:小掃除(こそうじ)
3位:映え100均
4位:日本の古い道具
5位:浮かせる収納
6位:備えの災害対策
7位:ライフハックDIY
8位:ワントーンインテリア
9位:ランドリールーム
10位:チルアウトな一人暮らし

1位:自分スタイル

2019年は、自分にとって心地よく感じるもの・好きなものを選び「自分らしい部屋作り」に挑戦する「自分スタイル」の人が増えた1年でした。インテリアスタイルの枠にとらわれず、「リラックス出来る空間で暮らしたい!」や「ペットと快適に暮らしたい!」など、“どう暮らしていきたいか”を大切にするので、特別なルールがないのも特徴的でした。

また、ヴィンテージに新品をミックスしたり、テイストの違うもの同士を合わせてみるなど、自由にコーディネートをするのもこのスタイルの醍醐味なようです。

少し肩の力を抜いて「自分のしたい暮らし」に耳を傾けてみる。そこから始まる「自分スタイル」をRoomClipも応援していきます!

2位:小掃除(こそうじ)

昔は年末の恒例だった「大掃除」。しかしライフスタイルも変わって、そんな行事を「できない!」「こまった!」の声も年々増えてきました。そんな悩みの解決策として発見されたのが大掃除を小分けにする「小掃除」です。食器洗いと一緒にシンク掃除をするなど、ほったらかしにしがちだった場所を普段の掃除の流れで「ついで掃除」。

ほかにも、窓サッシにあらかじめテープを貼って汚れを防ぐ「予防掃除」や、クエン酸パックなどの「放置掃除」などのノウハウも活発に投稿されました。これまでの「掃除は汚れてからやるもの」という考え方から「汚れる前にやるもの」という方向へ変化しています。

3位:映え100均

お手頃な価格でさまざまなアイテムを購入できる100円ショップは、今やなくてはならない存在ですよね。これまでは、DIYやリメイクとセットで楽しまれることが多かった100均アイテムですが、今年はそのままでおしゃれなアイテムに人気が集中した傾向がありました。

一時入手困難となったランチポット「ボヌールシリーズ」をはじめ、手軽にウォールデコレーションが完成する「クリアアートフレーム」など、お値段も見た目も可愛いアイテムがユーザーさんの心を掴んでいるようです。

4位:日本の古い道具

新しい時代を迎えた2019年、自然と日本の文化に目が向くことも多かったのではないでしょうか?そんな中、インテリアでは「日本の古い道具」に注目が集まっています。収納まわりでは「市場かご」や「籐のかご」、家具の中では「水屋箪笥」などをお部屋に取り入れている人もいます。長い時間を経てきたことによる独特のたたずまいがとても魅力的ですよね。

また、日本の古いものは、北欧インテリアやカフェ風インテリアとも相性が良く、元々日本の家で使われることを前提に作られているので、サイズ感が合うことも人気の背景にあるようです。

5位:浮かせる収納

掃除が大変な場所の一つと言えば浴室やキッチンなどの水まわりです。今年はフックやマグネット付きの収納アイテムを活用し、物を宙に浮かせる収納方法が人気を集めました。

棚を置かないことで見た目がすっきりとするのはもちろんのこと、ぬめりやカビ汚れ掃除の手間が減ることも支持された理由の一つです。特に浴室では、シャンプーボトルやバススツールを浮かせた様子が多く投稿され、掃除を楽にしてくれる収納方法として浸透しました。

6位:備えの災害対策

いつ発生するかわからない地震や台風に対し、日頃の備えが重要視されてきています。 従来の緊急持ち出し袋や家具の転倒防止等に加えて、「ローリングストック法」や「アウトドア用品との兼用」など、日常的に対策に取り組む投稿が多く見られました。さらに、有事の際には家族が集まれるスペースを家の中に確保する実例が投稿されるなど、暮らしと密接に結びついた対策がシェアされています。

災害への備えは特別なことだととらえずに、日常的に備えておこうという意識の変化が、そうした行動に繋がっているのだと考えています。

7位:ライフハックDIY

日常の小さな不便をお手軽なDIYで解決する「ライフハックDIY」がランクインです。ワイヤーネットと結束バンドで作る収納棚や、つっぱり棒と吸盤フックで作るゴミ袋の収納コーナーなどが多く投稿されました。

これまでのDIYは主に木材を使う日曜大工のイメージがありましたが、今年は入手しやすい材料を使ったり、ネジを使わずに結束バンドやボンドを使うなど、より手軽な方向へ進んでいます。自分の理想を形に出来るのがDIYの楽しみですが、これからは「日常の悩みを解決する手段」としても、さらに魅力が広がっていきそうです!

8位:ワントーンインテリア

今年から注目していきたい新しいインテリアスタイルが「ワントーンインテリア」です。 ファブリックや家具のカラートーンを揃え、同系色でまとめることで空間に自然な統一感を持たせたスタイルです。人気のカラーは、ホワイト、ベージュ、ブラウン系で、ファッショントレンドの「ワントーンコーデ」や「ラテコーデ」とリンクしているのも特徴的でした。

ブラウン系カラーの効果でお部屋がこなれた雰囲気になることや、元々家にある木製の家具などとも相性が良いため、手軽に始めやすいことも広がりを見せた要因かも知れませんね。

9位:ランドリールーム

掃除をはじめとする家事全般に注目が集まる中、洗濯を効率的に行うための「ランドリールーム」にも注目が集まっています。特に人気だったのは、部屋干しスペースと洗濯スペース、さらにクローゼットが一体化したタイプです。それは、ライフスタイルが変化し、乾燥機を使う家庭や部屋干し需要が増えたことで、洗う→干す→しまうを一つのスペースで完結させたいと考える人が現れたからではないでしょうか。

毎日の洗濯家事を、効率的にやりたいという願いが叶うランドリールーム。これからの家づくりには必要不可欠なスペースになりそうです。

10位:チルアウトな一人暮らし

今年は一人暮らし世帯の動きにも注目です。中でも特徴的だったのは映画鑑賞中などのくつろぎシーンが多く見られたことです。リラックスして過ごせるインテリアにするため、ベッドまわりにはガーリーな気分を盛り上げる天蓋を吊るし、キラキラとした光が可愛いフェアリーライトやキャンドルを間接照明として使います。ベットはソファー代わりにするので、大きめのクッションも欠かせません。

一人暮らし世帯にとって、家の中は生活の空間であると同時に、安らぎ=チルアウトを感じる空間でもあるようです。

総評

「自分スタイル」を確立していく流れと同時に、掃除をはじめとする家事のノウハウにも注目が集まったことは、インテリアと生活が密接に繋がっていることを表してくれました。 家事に目が向くのは、自分らしい部屋を作り上げていく一方で、その空間を維持する掃除や片付けも大切になってくるからではないでしょうか。今年はその2つの視点から総評をお届けします。

ライフスタイルコーデの始まり

2019年は、自分がどう暮らしたいかという問いの答えを形にした「自分スタイル」を確立したユーザーさんが多く見られた1年でした。

その流れは、家の中だけにとどまらず、ファッションや食の領域まで広がりを見せ始めています。それは、衣食住をトータルでコーディネートすることで、一貫性のあるスタイルを表現する新しい動きです。

ファッションからは、ランキングでご紹介した「ワントーンコーデ」がインテリアに持ち込まれ、その始まりを予感させています。また、過去には「カフェ風インテリア」が人気を博し「お家カフェ」が楽しまれるようになったのも、ライフスタイルコーデの先駆けだったと言えるのではないでしょうか。 今後はこれまで以上に衣食住のトレンドが影響しあい、新しいトレンドが誕生していくかも知れません。

家事全体の見直しが活発化

掃除をはじめとする家事全般に注目が集まったのは、今年の象徴的な出来事でした。 天候や時間に左右されずに洗濯を行うための「ランドリールーム」の登場や大掃除を小分けにして年末の負担を減らす「小掃除」は、現代のライフスタイルの変化も大きく関係しているのではないでしょうか。

また、ロボット掃除機や食洗機に家事を任せる環境を整えたり、浴室では浮かせる収納を駆使してそもそも汚れが最小限になるように工夫したりと、家事の見直しは家じゅうで行われています。こうした生活の仕組みを整える動きが活発化していくのは、自分はもちろん一緒に暮らしを共にする家族やパートナー、ペットなどにとっても心地よい暮らしを実現していきたいという思いが込められているのだと考えています。

これまでのRoomClip Awardを見る

過去にも様々なキーワードがランクインしています!ぜひご覧になってみてくださいね。


いかがでしたか?今年も、みなさまの暮らしの中から多くのトレンドが誕生しました!2020年はどんなランキングになるのでしょうか?いまからとっても楽しみですね!

関連記事

RoomClipの関連タグ