ボックス使いでカンタンに!kumiさんの収納もできるテーブル

ボックス使いでカンタンに!kumiさんの収納もできるテーブル

築20年の和室を洋室リビングにセルフリノーべションしているkumiさん。センスあふれるウッドやファブリック使いで、味のある空間作りをされています。そんなkumiさんに、収納もできるテーブルDIYをご紹介いただきます。収納部分は既製のボックスを使うので、製作工程も意外とカンタンですよ!

教えてくれた人

築20年の中古住宅をセルフリノベしてインテリアを楽しんでいます!

早速作ってみましょう♪

用意するもの

  • 天板
  • SPF材(サイズは作りたいテーブルのサイズで。木箱やこたつに合わせて測ってください)
  • サイド用木材(テーブルに合わせて。厚みは1.5センチ位)
  • ダボ(100均でも買えます)
  • 木工用ボンド
  • 電動ドリル
  • 木槌やトンカチ
  • ノコギリ(木材はホームセンターでカットしてもらうと簡単)
  • お好みの塗料

STEP1

STEP1

まずは天板を作ります。 カットした木材のサイドに3〜4箇所電動ドリルでダボ穴を開けます。 両サイドにくる木材は片側だけでOKです。 開けたダボ穴にボンドを注入してダボを叩きながら入れます。そして、次の木材を叩きながら繋ぎます。トンカチなどで直接叩かず、タオルなどをあてて行ってください。 全ての木材を繋げたら、サイド用木材を釘で打ち付けます。

STEP2

STEP2

お好みの塗料を塗ります。 私は天板にはワトコオイルを塗っています。木箱には白いペンキを塗りました。

STEP3

STEP3

木箱を並べます。 上に向けて並べ、中には使用頻度の低い子供のおもちゃなどを収納しています。

STEP4

STEP4

リンゴ箱を横向きに並べて使えば本の収納にもgood!

STEP5

STEP5

天板をこたつに合わせて作れば、冬はこたつとして使えます。

STEP6

STEP6

塗料が乾いたら天板を乗せて完成です!

ボックス選びでオリジナル度アップ!

ウッドやファブリックを使った温かみのあるお部屋にマッチする、木製テーブルが出来上がりましたね。天板は土台となるボックスの上に乗せるだけだから、カンタンな上に安定性もバツグン、収納力もたっぷり。使う場所や入れるものに合わせてボックスを選べば、使い勝手のよいあなただけのオリジナル収納テーブルが完成します。どんなボックスにしようか、アイデアが広がりますね♪使う板や塗装でもさまざまな雰囲気を楽しめそう。アイデアを活用して、あなた好みのテーブルを作ってみてください!

ワンポイントアドバイス

  • ダボ穴を開ける位置はきちんと測って印を付けてから開けてくださいね!
  • 出来あがった天板は重くなりますので、お子様の取り扱いにご注意ください。

kumiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ