ジャンクなアイアンラダー風!塩ビパイプで作るディスプレイはしご by NRさん

ジャンクなアイアンラダー風!塩ビパイプで作るディスプレイはしご by NRさん

まるでハウススタジオみたいな、ジャンクでポップなアメリカンインテリアがお見事なNRさん。今回は、ディスプレイとしてもカッコよく、ちょっとしたラックとしても使える、人気のインテリア「ラダー」の作り方をご紹介いただきます。錆びた鉄の雰囲気がなんとも男前なこのラダー。でも実は、軽量・低価格の塩ビパイプ製!リアルなサビ風ペイントの方法にも注目です!

教えてくれた人

息子たち2人と自由に楽しく暮らしてます。子供部屋をメインにDIYやものづくりをするのが大好き。おもしろいことが大好き。 息子たちがモテる部屋作り!がんばります(笑)

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの

  • 塩ビパイプ100cm 3本
  • TSチーズ(塩ビ用継手T字) 6個
  • TSエルボ(塩ビ用継手L字) 2個
  • TSソケット(足部分用) 2個
  • TSフランジ(取り付け部分用) 2個
  • 黒ラッカー(できればつや消し)
  • ダイソー アクリルスプレー(シルバー)
  • アクリル絵の具(茶色)
  • スポンジ
  • 多用途接着剤
  • あればブライワックス(私はジャコビアン)

STEP1

塩ビパイプを30cmを3本、5cmを2本、25cmを8本にカットします。 私はジグソーの細かい目の刃でカットしてますが、パイプ専用のカッターも売られてますし、ホームセンターでカットもしてくれるようです。

STEP2

STEP2

パイプをラダーの形に組み立てます。 継手にパイプを差し込む時に内側に接着剤を塗り、抜けないようにしっかり差し込みます。 足部分にはソケットを付けます。

STEP3

STEP3

上の部分にはL字の継手を付け、5cmのパイプを差し込み、フランジを付けて壁面に取り付けられる形に組み立てます。

STEP4

STEP4

組み立てが終わり接着剤が固まったら塗装します。 黒ラッカーを全体にスプレーします。 黒ラッカーが乾いたらシルバーのスプレーを。シルバーは全体にスプレーしますが、下地代わりに塗った黒が所々見えていても大丈夫です。

STEP5

STEP5

シルバーの塗装も乾いたら、茶色のアクリル絵の具をスポンジに取り、いらない紙などに余分な絵の具を落としてから、錆びている感じにポンポンと色を乗せていきます。 全体的に所々錆塗装したら出来上がり。 あればブライワックスを少量スポンジに取り、全体的に汚すように乗せていけば、よりかっこよくなる気がします。

男前英才教育!?カッコよすぎる子ども部屋に☆

NRさん宅のオシャレすぎる子ども部屋に仲間入りしたラダー。ジャンクでポップなインテリアをさらに引き立てていますね!古びた感じのサビ加工ペイントで、まさか塩ビパイプ製とは思えない仕上がり。本物さながらの作りは、お子さんもテンションあがること間違いなしです!塩ビパイプで軽量なので、子ども部屋でも安全かつ移動も簡単。インテリアとしてのカッコよさはもちろん、ストールや上着などをかけてハンガーラック代わりに、読みかけの本をかけてマガジンラック代わりに、と実用性も高いアイテムです。

ワンポイントアドバイス

  • パイプを組み立てる時、ひとつひとつまっすぐに差し込めているか確認しながら仕上がりにゆがみが出ないように気をつけてください。
  • ハシゴではないのでのぼれません。崩壊します(笑)

NRさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ