すっきり魅せる生活感♪収納ワザの光るキッチンインテリア

すっきり魅せる生活感♪収納ワザの光るキッチンインテリア

一日に何度もモノの出し入れをするキッチンは、ごちゃごちゃして生活感が出やすい場所。たまに美しく整理しても、さまざまな収納の使い勝手が悪ければ、ストレスになる一方です。そこで、使い心地の良さとすっきり整頓が両立している、収納ワザがキラリと光るキッチンインテリア実例を集めてみました。

デッドスペースの有効活用

キッチンの限られたスペースに、数々の調理用具や細々したグッズを取り出しやすく使い勝手よく、いかに収納するか。台所に立つ者の永遠の課題ですね。空いているスペースを有効に利用すれば、収納場所は確保できそうです。インテリア上級者はどのようにデッドスペースを活用しているでしょうか。

使える空間は最大限に活用する

広くはないキッチンですが、随所に収納の工夫が!シンクやコンロ下はオープンにし、食器や電子レンジ、ボウル、炊飯器等を収納。コンロ奥にはマグネットで包丁類を付け、脇には調味料、換気扇からは吊るし収納、さらにシンク奥や脇の壁も収納に活かしています。換気扇上のグリーンから、キッチンへの愛着が感じられますね。

6畳ほどのダイニングキッチンで家電と食器の収納場所を解決するためにこんな形になりました(*≧∀≦)ゞ
rkmama

コンロ奥の隙間に普段使いの用具も収納

コンロ奥のスペースに棚を設け、調味料だけでなく、菜箸、おたまなど、普段よく使う調理用具を収納しています。調味料は同じ種類の容器に入れて並べており、調理用具と収納容器、フックの色を黒や白に統一しているので、すっきりして見えますね。調味料容器のラベルが、カフェのような雰囲気を醸し出しています。

シンク奥も棚設置で食器収納に

シンク奥の小さなスペースに棚を取り付け、食器を収納しています。シンク上の棚下にはタオル掛けを固定し、マグカップをS字フックで掛けて収納しています。食器と棚の色を白に統一したことで、ごちゃごちゃした生活感を感じさせない収納ですね。

奥の棚、SPF材でシンプルに棚にしたものてすが、シンク上のデッドスペースに食器棚、とっても楽です(*´∀`)♪
kohakuru

ディアウォールに棚を設置

はやりのディアウォールを壁に固定し、棚をIKEAのブラケットで取り付けてあります。調味料の入った容器が同じ種類なので、すっきりして見えます。見た目でも分かりやすく収納しているので、使うときもすぐに出せて、使い心地の良さそうな収納です。

キッチンにディアウォールを使って棚を作りました。ブラケットはIKEAで1個100円でした。
shirokuma

同種の容器や同系色ですっきり見せよう

実際にはきちんと整理整頓されたお台所でも、一見ごちゃごちゃして見えることってありませんか?すっきり片付いているように見せるには、実はちょっとしたワザがあります!それはモノを入れる箱や容れ物を、形や色をなるべく同じ系統で揃えて、きちんと並べて収納することです。

キッチン全体を白で統一

ガラス扉の収納棚だから、中の収納は手が抜けません!白いケースにはお弁当箱や食品が入っているそうですが、ごちゃごちゃした生活感はゼロ。収納棚や家電、食器も白を基調としたモノトーンに揃えているから、すっきりして見えますね。

上の段のケースには、お弁当箱や、缶詰などの食品類を入れています(^o^)
96mico69

団地も工夫次第でこんなステキに変化

古い団地と思われるキッチンに、シンクまわりと瞬間湯沸かし器を吊るし収納にして、同じシリーズのフライパンや、同じ色の調理器具を掛けています。シンク上の棚にはお皿を立てて収納していますね。出ている調理用品は、黒や濃紺といったダークカラーでまとめているのでオシャレ。シンクの隙間に貼られたタイルもステキですね。

同種の容器とラベルで統一感

調理器具、容器とラベル、キッチン壁や収納すべてにわたって限定した色だけを使うことで、見事な統一感がでていますね。生活感まる出しになりがちな鍋やおたま、菜箸といった普段よく使うものも、壁に均等に吊るせばすっきりして見えて、アイディア満載のキッチンインテリアです。

色使いを限定して整頓

台所は、大きな鍋や調理用具以外にもお弁当グッズやティータイム用のカトラリー、輪ゴムにポリ袋など、大小さまざまなモノの収納が必要ですよね。こちらのキッチンは細々したモノをブリキトレイに入れて、すぐ引き出せるように収納しています。器も含めて見せる色を限定することで、ナチュラル調が見事に引き立っています。

統一感を持たせにくいモノの収納

形にゆがみのある味わい深い陶器や、引き出しに入らない大きめの調理器具など、重ねて収納するにはちょっと難しいものも、キッチンにはたくさんありますよね。ピッタリ引き出しに入らないものは、あえて見せる収納にしてみましょう。インテリア全体で色の調和が取れていれば、すっきりして見えます。

アンティーク調のテイストで揃える

同系色の木箱やカゴ、棚を用いて、キッチン全体に統一感を持たせています。昔ながらのはかり、マドレーヌ型、大鍋などを棚に置いています。収納容器は必ずしも同じ形ではないですが、見せる収納がキッチンに溶け込んでいますね。温もりあるアンティーク調のキッチンインテリアがステキです。

青い棚に引き出し風に入れてある木箱は、それぞれ用途別に分けて収納してあり、毎朝食べるヨーグルト用のシリアルや蜂蜜の入った箱や、スパイスが詰まった箱や、インスタントコーヒーやティーバッグの入った箱等、必要な時に木箱ごとテーブルに出して、使う人が自由に選べるようにしてあります。棚に元々付いている引き出しには、パスタや乾物等を、隣のワゴンの下の段には背の高い丈夫なカゴを置いて、大瓶の醤油や酒、ごま油等のストックを置いています。カゴの横の密閉瓶には玄米、奥の木目の缶には雑穀類が入っています。キッチンのこの一角に、大量の食品ストックや日常使いの食品を、用途によって見せたり隠したりしながら収納しています。
kao

全体的にナチュラルな色づかいで

数々の手編みカゴや蒸篭、お茶セットが表に出して置かれています。キッチン全体をナチュラルテイストの色調で合わせることで、同じ形でないモノたちも、ひとまとまりに整って見えます。このように外に出して収納すれば、いつも手作り品の温もりを目にすることもできて、うれしいですね。

食器も柄が見えるように収納

さりげなくモロッカンセラミックの食器が展示してありますね。棚には他にもエスニックを漂わせる調理器具が並んでいます。お気に入りの食器や器具だから、その造形をいつも眺めていられると元気が出るものです。置かれているモノの形はいろいろですが、色調は統一されているので、すっきりステキな収納になっていますね。


キッチンですっきり&ステキに魅せる収納ワザは、インテリアと、置くモノたちの「色」を揃えることと、同系統の「形」で並べることです。ぜひステキなキッチン収納作りの参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者の「キッチン 収納」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ