古民家に現代のセンスを融合させたお宅が魅力。今回はそんな、ゆっくりと流れる時間と閑静な趣を楽しんで暮らすnao_nodaさんに鍋フタラックDIYをご紹介いただきます。料理中、フタの行き場に困ったことはありませんか?そんな悩みを解決できるチョイ置きラック。でも、それだけではないいんです!使い方色々、どこに置こうか、どう生かそうか…そんな楽しみが広がるアイテムになっていますよ。

教えてくれた人

東京は西側で古民家暮らし。便利な生活から遠ざかり、根性が試される毎日です…! 箒と土鍋、縁側に井戸、ときどき座敷わらし(笑) 。懐かしいものを見たくなったら遊びに来てくださいね!!

必要なもの

所要時間

30分くらい

購入する材料 計8アイテム 1,500円(税込)(税込)

  • ステンレスパイプ (直径9.5mm×厚み0.5mm×長さ910mm) 1本
  • ステンレスブラケット (10mm) 2個 *名称「ゲンコ 止め 首長 クローム」
  • 木ネジ 8本 *通常はブラケットに付属しています
  • 【100均で購入可】パイプカッター
  • 【100均で購入可】プラスドライバー
  • 【100均で購入可】油性ペン(細め)
  • 【100均で購入可】水平器
  • 【100均で購入可】キリ
  • 【100均で購入可】両面テープ(強粘着タイプ)

必要な道具

  • パイプカッター(100均で見つからない場合) *ホームセンターで5〜600円から1,000円台で売られています。

つくりかた

STEP1

ラックを取り付けるスペースを決めます。(500mm〜600mm程度必要) わが家には台座をネジ留めできるスペースがなく、1×4木材をシンクガードに取り付けました。マグネットで貼りつけていますが、強力両面テープやフックなど条件に合わせ工夫してみて下さい。

STEP2

収納するフタのサイズ(直径)を測ります。 今回の例では、フライパン用のフタが265mm、鍋用のフタが185mmでした。合計450mmですが、フタ同士がぶつからないよう、両端と中央に20mmずつの余白を加えます。 450+(20×3)=510mmがカットするパイプの長さです。

STEP3

パイプをカットします。 510mmの長さに印を付け、カッターの刃を合わせます。本体のネジを締めパイプに固定し、ぐるっと一周させます。パイプ表面に切れ目が入ったらネジを増し締め、更に回します。次第に刃が深く入り、何周かするとパイプがカットされます。

STEP4

ブラケット裏に両面テープを貼り、仮に取り付けてみます。 パイプの上に水平器をのせ、真ん中に気泡が来れば水平の状態。油性ペンをネジ穴に入れて印をつけておきます。一度取り外し、印にキリで下穴をあけておけば、ネジがまっすぐ入りやすくなります。

STEP5

本体をネジで固定します。 まず片側のブラケットを木ネジで留めます。パイプをブラケットにセットしたら、反対側のブラケットも同様にネジで固定します。グラつきがないかを確認して完成です。 *スペースに余裕があれば、落し蓋など小物もはさめます。

STEP6

お宅によっては、シンク周りにスペースが見つからないかもしれません。パイプハンガーは取り付け方によって、「小物かけ」「キャニスター落下防止ガード」「引き出しの取っ手」など色んな使い方ができるので、用途に合わせDIYを楽しんでみて下さい。

シンプルだから部屋のテイストを選びません

料理効率も上がる便利なフタラック。「据え置きの市販品は場所をとるので自作しました。」と語るnoa_nodaさん。この作り方なら、キッチンの必要な場所に合わせたサイズで作れます。とても便利ですね。調理具をかけたりと色々な使い方ができるもの魅力。シンプルなのにこの万能感にグッときます。この万能さ、生かせるかどうかは自分次第。皆さんなら、どこにどう使いますか?キッチンだけでなく、洗面所やその他のお部屋にも使えそうですよね。まずはひとつ、お宅に取り入れてみてはいかがですか?

ワンポイントアドバイス

  • パイプカッターのネジは締めすぎると回りません。弱いとパイプが切れないので、調整してコツをつかんでください。
  • 仮組みの両面テープでネジ穴をふさがないよう注意。下穴のマーキングができなくなります。
  • 「アルミパイプ」を使うとマットな雰囲気、「木の丸棒」だと柔らかい雰囲気に変わります。

nao_nodaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

The following two tabs change content below.

RoomClip mag 編集部

RoomClip mag 編集部が、日々の暮らしとインテリアをもっと楽しくする情報をお届けします。