極上のリラックス空間に♡間接照明テクニック

極上のリラックス空間に♡間接照明テクニック

間接照明の灯りは、お部屋の壁や天井を優しく照らし、リラックスできる空間にしてくれます。でも、間接照明ってどこをどう照らせば良いのでしょうか?意外と難しい間接照明…… 今回は、間接照明で素敵な空間を作られた、RoomClipユーザーさんのお部屋をご紹介しながら、間接照明の上手な使い方をご紹介いたします。

壁を照らす

間接照明で壁に光を当てることで、空間が横に広がり、お部屋が広くなったように感じます。また、光の当て方によって、お部屋の表情も変わりますよ。難しい場合は、壁に絵を飾り、スポットライトで絵を照らすという方法も◎

装飾壁に間接照明を

新築なら装飾壁を作って、壁の隙間から光が出ているそうな間接照明にすると、ホテルのような雰囲気になりますよ。chieさんのお宅のトイレは、縦の間接照明でシャープな印象に。優しい光の量で、あたたかみのある空間になっていますね。

スポットライトで壁を照らす

ピンポイントで光を当て、強調させる効果のあるスポットライト。壁に飾った絵やアートを照らすと、作品がより鮮やかに映りますよ。blueprintさんのお宅は、強い光で照らされてできた影もインテリアの一部になり、大人っぽい雰囲気でカッコイイですね。

一番奥の壁を照らす

トイレなどの、他の部屋よりも狭い空間に特に有効なのが、一番奥の壁を照らす方法です。光の陰影で奥行が出て、空間を広く見せることができますよ。Se-kichiさんのトイレは、お店のお手洗いのようで、とても素敵ですね。

天井を照らす

天井に光を当てると、空間が上に広がったように見え、天井が高くなったように感じます。さらに、天井に反射した柔らかな光は、足元に行くにつれて暗くなり、心身ともにリラックスさせてくれる空間にしてくれますよ。

フロアスタンドで天井も照らす

手軽に取り入れることができるフロアスタンド。mymeloさんは、2つのフロアスタンドを上手に活用し、お部屋に奥行が生まれていますね。フロアスタンドは、シェードの周りはぼんやりと柔らかい光で包み、シェードが空いている上下へは強い光を照らすので、空間に広がりを持たせることができますよ。

間接照明のみのリビング全体写真です☆
mymelo

スポットライトは天井に向けても◎

天井に強い光を当て、反射を利用したテクニック。天井は明るく照らされますが、足元にいくにつれ、光の強さは弱まります。落ち着いた空間にしたいお部屋に効果的です。k55さんのお部屋は、赤レンガとハードなインテリアがスポットライトとよく合っていて、とてもカッコイイですね。

スポットライトは、LEDに替えました。 つっぱり棒を縦にしてクリップする板をネジで固定!
k55

布を利用して

m-chocoさんは、天井に布を渡し、ムードのある間接照明にされました。天井に優しく反射した光が、とてもあたたかく空間を照らしています。光を当てると浮き出るクリスマス柄の布が、イベントを盛り上げてくれそうですね。

母から先日もらった布を、オーニングっぽく付けて、間接照明にしてみました。
m-choco

床を照らす

間接照明は壁や天井だけではなく、床を照らすのも効果的です。足元を明るく照らすことで、リゾートホテルのような落ち着いた空間になるのはもちろん、足元の安全にもつながりますよ。

階段の足元を照らす

kazuyosi35nさんは、お家を建てるときに、階段の手すりに間接照明を付けられたそうです。優しい光によって、手すりと階段が浮き上がり、足元をしっかり照らすことで恐怖感もなくなりますね。

我が家の自慢は一見しては分からない(笑)階段手摺仕込みの間接照明☆ 夜、天井から明るいと目が覚めてチカチカするし、見たいのは足元。旦那と意見が一致してお高くなりましたが決行! やってよかった (σ*´∀`)
kazuyosi35n

フロアランプを置く

お部屋の足元をほんのり明るくしてくれる、フロアランプ。chieさんはテレビ台の右下に置いて、明かりを楽しまれています。まぶしすぎない優しい光は、インテリア要素が強く、お部屋をゆったりとした空間にしてくれます。ゆっくりとワインが飲みたくなる、おしゃれな空間ですね。

【LED灯りコンテスト】の受賞の景品が届きました!! テレビ台の右下に置いてみました~☆ 素敵なフロアランプです。床に置くと柔らかい灯りで床や壁を照らしてくれます。今までのランプとの高低差がついてリビングが広く見えます(^-^)/ 大事に使っていきたいです。
chie

ソファの下に間接照明を付ける

chieさんは、ソファの足元にライトリボンを付けられました。まるでソファが浮き上がったような、幻想的な雰囲気ですね。ソファの後ろに設置することで、優しい光に背中から包まれ、リラックスして過ごせそうです。

ローソファー後ろにhueライトリボンを仕込みました~!!
chie

こんなテクニックも

壁、床、天井を照らす間接照明の他にも、いろいろなテクニックがありますよ。インテリアを照らしたり、空間そのものを照明で作ってみたりと、工夫とアイディアしだいで、ムーディーなお部屋をつくることができます。

テレビの後ろを照らす

テレビの後ろを照らすテクニックです。luxさんのテレビが、照明の効果で浮き上がって見えて、まるで映画館のような雰囲気ですね。照明を落として、間接照明だけにすると、映画やドラマの臨場感も増しそうです。

観葉植物を照らす

shunshun_0726さんは、観葉植物をスポットライトで照らしています。下から照らすことで葉の影が壁や天井に映り、とても幻想的な雰囲気になりますね。イルミネーションライトを木に巻きつける方法も良いと思います。

イルミネーションライトを使う

3xxx3さんの寝室は、イルミネーションライトでロマンティックに演出されています。星型のライトが寝室にぴったりで、遊び心がありますね。海外の映画に出てくるお部屋のようで、うっとりします♡寝る前のリラックスタイムが楽しみになりそうです。

アジアン、エスニック(ジャポニズム)の要素が入ったbohoベッドルームがテーマ。 賃貸で壁に穴を開けたり壁紙を貼ったりできないので、 撮影背景用のポールに鳳凰の刺繍が一面に入った中古の着物やイルミネーション用のLEDライト、ストールなどをぶら下げてます。
3xxx3

間接照明の使い方は、ポイントさえ抑えれば難しくはありません。光源を見せないよう、照らす範囲に注意することで、ほとんどうまくいきますよ。みなさんもぜひ、生活に間接照明を取り入れて、ゆったりとした空間を楽しんでみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「間接照明」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク