タイル貼りの床でつくる♡憧れの海外インテリア

タイル貼りの床でつくる♡憧れの海外インテリア

海外のインテリア雑誌に出てくるようなタイル貼りの床、素敵ですよね。家の中では裸足で過ごすのが一般的な日本では、硬い、冷たいと感じるせいか、タイルや石材を床に取り入れているお家はそれほど多くありません。それでもやっぱり真似してみたい、海外インテリアのようなタイル貼りの床をご紹介してみたいと思います。

リビングの床をタイルにかえて海外風に

家族が集まる生活の中心でもあるリビング。来客時には応接間として使っているというお家も多いですよね。他人の目に触れることもあるリビングは、居心地の良さはもちろん、見た目の印象も大事です。特に部屋の中でも広い面積を占めている床は、見た目の印象も大きく左右するので、慎重に選びたいものです。

テラコッタ風のタイルで和室が大変身!

三人掛けのソファーが置かれたこちらのリビング。床にはテラコッタ風のタイルが使われています。テラコッタの特徴でもある素朴な茶色の濃淡は、観葉植物のグリーンと相性ばつぐんですね。白い壁と鎧戸つきの室内窓など、元和室とは思えない変身ぶりです。

やっとラグを片付けました。タイルの床がひんやりして気持ちいいです。ファブリックも夏仕様に。
Feuille

人気のホワイトインテリアにもおすすめ!

人気のホワイトインテリア。部屋中すべてを白で統一したいなら、床には白いタイルがおすすめです。こちらのユーザーさんがチョイスしたのは大理石調の白いタイルです。ツヤなしのマット仕上げなので表面の反射も少なく、お部屋全体を上品なイメージに演出してくれています。

旦那さんにフローリングを貼り替えてもらいました。今あるフローリングを剥がして張るので大変です…。まだ完成ではないけど、一先ずリビングの半分完了!!大理石調のフローリングになりました♡
Miki

塩系にぴったり!ダークグレーのタイル床

お部屋を男前のかっこいいインテリアにしたいなら、こちらのタイルはいかがでしょう。ダークグレーのマーブル模様は黒いソファーとの相性もよく、お部屋全体が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。物が少なくスッキリとした室内からは、洗練された大人の男性の一人暮らしといった印象を受けます。

リビングの一部のみタイルの床にしてみる

リビングの床すべてをタイルにしてしまうのは、この先後悔しないか心配、という方は、お部屋の一部だけをタイルにしてみてはいかがでしょうか。こちらのユーザーさんのリビングの一角も、タイルの床になっています。現在はキッズスペースとして活用されています。タイルの床なら、おもちゃによるキズの心配もありませんね。

リビングの一角にインナーテラスみたいにタイルの部分をつくりました。子どもたちが小さかった時はボロボロこぼしてもいいおやつタイムに役立ったり、観葉植物を置いたり。板壁もつくってもらいました。
comiri

タイルの床でベッドルームも海外インテリア風に

1日の疲れを癒し、翌朝スッキリ目覚めるための快適な眠りをサポートしてくれるのが理想のベッドルームですよね。ベッドルームも思いきってタイルの床にしてみませんか?流行りの小物なども取り入れれば、雑誌で目にするようなベッドルームになりますよ。また、ホテルライクなベッドルームづくりにもタイルの床は最適です。

海外セレブみたいな広々ベッドルーム

大きなベッドを置いてなお、広々としたこちらのベッドルーム。チャンキーニットやシープスキンラグなど、海外インテリアの流行アイテムを上手に取り入れています。まさに海外のインテリア雑誌の1ページのようですね。床にはPタイルが使われていますが、美しい光沢があり、本物の大理石タイルのようです。

寝室は広いし、すべてが高級感半端ないなあー♪やっぱりおりちゃんちはセレブやねー♡まちがいない
mentaikopasta

シノワズリな赤いベッドルーム

こちらはちょっと珍しい色の大理石タイルを使ったベッドルームです。赤をベースに白い模様が入った大理石タイルの床が目を引きますね。床だけでなく、部屋中に赤い色が使われていますが、ダークトーンの赤を選ぶことで鮮やか過ぎることがなく、シノワズリな雰囲気が漂う上品な空間になっています。

ウォークインクローゼットの床もタイルに

こちらのユーザーさんは、寝室のウォークインクローゼットの床をフローリングから大理石調のタイルに貼りかえました。白い大理石調のタイルの床と白い壁。収納ケースにも白を使うことで、ウォークインクローゼットの内部全体が明るく感じられますね。

ウォークインの床をフローリングから大理石調タイルに貼り替えました♡ずっとやりたかった事1つ完了!
a.organize

ダイニングやキッチンにこそおすすめしたい、タイルの床

水はねや油はねで汚れがちなキッチンの床は、お手入れも簡単なタイルがオススメです。ちょっとした汚れなら、サッと水拭きするだけできれいになりますし、絨毯や無垢の床材のように、中まで染み込む心配がありません。大理石や大理石調のタイルにすれば、見た目にも高級感が出ますね。

白タイルの床で明るく清潔感のあるキッチン

全体を白でコーディネートしたこちらのキッチン。床のタイルももちろん白です。清潔感があり明るく、背面収納も余裕の広さで、使いやすそうなキッチンですね。木材のフローリングに比べてタイルの床は撥水性が高いので、調味料などをこぼしてもすぐに拭き取ることができます。シミになりにくく掃除が簡単ですね。

アレンジしだいで塩系にも、カフェ風にも

黒いタイルも木目との相性が良いですね。こちらのキッチンも、黒いタイルと少し濃いめの茶色の木目でスッキリとシャープな印象です。建築中でまだ何も置かれていませんが、男前な塩系にも、スタイリッシュなカフェのようにもアレンジできそうで、アイデアが広がりますね。

私がタイルにした理由は、、、確かRCでかっこいい写真を見たからです笑。でインテリアコーディネーターにタイルにできるか確認したら、できると返答があったからです♪
Yayo

モノトーンコーデのキッチンと六角タイル

こちらのモノトーンでかっこよくコーディネートされたキッチン。床には六角形のタイルが敷き詰められています。微妙な濃淡のあるタイルを配色バランス良く並べていますね。表面は本物のタイルならではの、硬質でひんやりとした質感があります。夏には素足で歩きたくなるキッチンですね。


海外インテリアのように、床をタイルにしているお部屋をご紹介してきましたが、いかがでしたか?新築やリフォームを検討されている方は、タイルの床も選択肢に加えることで、コーディネートの幅が広がりますよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「海外インテリア タイルの床」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ