使い方によって印象が変わる!IKEAのクッションカバー10選

使い方によって印象が変わる!IKEAのクッションカバー10選

シンプルながらも洗練されたデザインのものが多い、IKEAのクッションカバー。使い方によってお部屋のムードが大きく左右されると言っても過言ではありません。そこで今回は、クッションカバーを使った実例を、色調別にお伝えします。取り入れたい色味のものがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね!

お部屋の雰囲気を邪魔しないモノトーン

モノトーンカラーは、お部屋のインテリアを邪魔しない万能カラーです。ときには統一感を出してくれたり、ときには色ものの補佐をしてくれたりします。ここでは、そんなモノトーンカラーのクッションカバーを取り入れている実例をご紹介します。

グレーでやわらかな暗さに

グレーのクッションカバーがIKEAの商品です。正面の壁の色もグレーで均一化されていますよね。照明や観葉植物、白壁でほどよく明るさもありながら、ベッドルームにふさわしいやわらかな暗さもあり、リラックスできるベッドルームに仕上がっています。

モノトーンで色ものを引き立てる

こちらの実例では、1番左の白・黒の柄ものと、その隣のグレーのクッションカバーがIKEAの商品です。クッションがたくさん置かれて、くつろげそうなリビングですね。他にも同じようなモノトーンのクッションを置いて、ピンク色が入ったブランケットとお互い上手く引き立てあっています。

模様と色を統一して知的な印象に

こちらの実例では、手前左にあるクッションカバーがIKEAのもの。写っているクッションはすべて幾何学模様なので、クッションがたくさんあっても統一感があります。床・スタンドライト・ソファの色ともクッションカバーが一律ですよね。お部屋全体にまとまりがあり、知的な印象を受けます。

モノトーンで清涼感を出す

とても明るくて清涼感のあるお部屋ですよね。こちらのユーザーさんは、ソファやラグ・カーテンに白色のものを採用しシンプルに仕上げています。ソファの上に置かれたグレーのクッションカバーがIKEA。白の空間に映えますね。あまり生活感を出したくないという方におすすめのインテリアです。

暖色系を取り入れてアクセントカラーに

ここでは、暖色系のクッションカバーを取り入れている実例をご紹介します。明るい色を取り入れるのは、お部屋のイメージを邪魔してしまいそうな気がするかもしれませんが、コツさえつかめばとても良いアクセントになってくれますよ。明るい色をお部屋に取り入れて、インテリアから気分を明るくしてみましょう♪

ダークな中に違うトーンで明るく

イエローのクッションカバーがIKEAの商品です。テーブル・床はウッド調、ラグはモスグリーン、ソファは黒と、全体をダークトーンでコーディネートしています。そこにイエローのクッションを置くことでコントラストが生まれて、お部屋が程よく明るい印象になっています。

壁と同じ色が入っているものを取り入れる

オレンジ・ピンク・白・黒などの色が入った、IKEAのストライプのクッションカバー。クッションカバーと背景の壁に同じピンク色が使われています。細いストライプ柄ですが、1色でも入っている色と同じ色を他のところにも使うと、お部屋に統一感が出ます。

トーン・色調を統一して多彩な色を使う!

こちらの実例では、オレンジのクッションカバーがIKEA。クッションはどれも暖色系のビビッドなものですよね。同じようなトーン・色調のものを採用すれば、いろいろな色があってもまとまりが出ます。白い家具ばかりで味気がないというときに、クッションカバーを使ってお部屋を明るくするのもおすすめです。

寒色系カラーでスタイリッシュに

ここでは、寒色系カラーのクッションカバーの実例をご紹介します。寒色系カラーでも、使い方によってはクールな印象になりすぎずに、程よく洗練された空気感を出してくれます。色ものを取り入れつつ落ち着いた雰囲気を出したいという方におすすめのカラーです。

白インテリアに寒色系カラーを加えて涼しく

2つのクッションが置かれており、両方ともIKEAの商品です。全体が主に白色で均一化されていて、さわやかな気分になれそうですよね。ポイントは、寒色系の色の使い方です。こちらの実例では、クッションの色と、ペンダントライトの色が同じになっています。こうすることで、全体の涼やかさをプラスしてくれます。

ダークなお部屋をクールにも!

こちらは、ターコイズブルーのクッションカバーがIKEAのもの。全体は黒色やウッド調の家具などで、ダークな心象を受けます。そこに寒色系のクッションカバーを取り入れることで、クールさもあるインテリアとなっています。奥に見える青色のタペストリーもクールさをプラスするのに役立っています。

トーンと色を合わせて均一に

ソファの上のターコイズブルーのクッションカバーがIKEAです。いろいろな色のクッションが置かれていますが、それでもごちゃごちゃして見えないのは、ライトグレイッシュなトーンのものでそろえているから。また、ラグもクッションカバーと同じ色なので、まとまりがありますね。


単なるインテリア雑貨の一部だからといって、案外侮れないのがクッションカバー。主役にも脇役にもなりえるアイテムです。ぜひユーザーさんのコーディネートを参考にして、快適空間を手に入れてくださいね!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「IKEA クッションカバー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ