カーテンの概念が変わる?レースカーテンで大胆チェンジ

カーテンの概念が変わる?レースカーテンで大胆チェンジ

レースカーテンは、ドレープカーテンなどの厚めのカーテンの下にかけて、日光の調節をしたり、人目を遮ったりするためにあるものだと思っていませんか。実はそれ以外のかけ方が多様にあるのです!そこで今回は、レースカーテンの概念を変えるような、ユーザーさんの素敵な実例をご紹介します。

透け感と形がボイルカーテンの魅力!

ボイルカーテンをご存知ですか?ボイルカーテンとは、通常のレースカーテンで使われている糸よりも細い糸で織られていて、薄手で透け感のあるレースカーテンのことです。ボイルカーテンの最大の魅力は、透け感と形の形成力にあります。そこでここでは、ボイルカーテンの魅力と共に、その実例をご紹介します!

飾り方を工夫してうっとりと♡

ボイルカーテンの魅力と言えば、ふんわりとした形が自在に出せること。カーテンといえば、日光を遮ったり目隠しをしたりといった用途があると思いますが、こちらの実例では、枕もとにボイルカーテンを飾っています。天蓋つきベッドにように飾り方を工夫するだけでも、うっとりとした気分で眠れそうですね♡

レースカーテンの上にかけて柔らかな光を

レースカーテンの上にボイルカーテンをかけている実例。レースカーテンの上には、厚みのあるカーテンをかけるのが通常かもしれません。ボイルカーテンをかければ、柔らかな光をお部屋に取り込むことができます。間接照明をつけたかのような、お部屋のムード作りがボイルカーテンでできるかもしれませんね。

ボイルカーテンは目隠しにも!

生活感を出したくない場所に、目隠しとして使う方法もあります。ボイルカーテンは、こちらの実例のようにナチュラルテイストにもマッチするのだと参考になりますね♪よりナチュラルさを求めるなら、リネンのような自然の風合いを意識した生地選びをすると良いかもしれません。

上手な見せる収納を隠すなんてもったいない! とも思いますが、透け感のあるカーテンなら、柔らかい印象で良いかも~♪
chamakonan

レースカーテンで仕切ってスウィートに♡

レースカーテンは、窓などのカーテンレースに取り付けるだけでなく、空間を仕切る用途にも使うことができます。レースカーテンの透明感のある風合いや模様などは、スウィートなムードを出すのにもってこいです!ここでは、空間を仕切るのにレースカーテンをどのように活用しているのかをご紹介します。

ロマンチックなレースカーテンで気分転換♪

リビング階段にレースカーテンを取り付けている実例。お部屋の境界にカーテンを取り付けると、気分転換になるかもしれませんね。さらに注目したいのが、レースカーテンのロマンチックなデザインです。ホワイトインテリアとこのようなレースカーテンは相性抜群!フランスにあるかのようなスイートなお部屋になりそうですね。

ふんわりとしたものを選んでぐっすりと♡

ベッドのある場所にレースカーテンを取り付ければ、自分だけの空間でぐっすりと眠ることができそうです。注目すべきなのは、レースカーテンの選び方。こちらの実例ではふんわりと垂れ下がるものを選んでいます。生地の固さや質感はお部屋のイメージを左右します。特性にこだわった生地選びをすると良いかもしれませんね。

完全には仕切らずに両方の空間を楽しむ♪

トルソーやアンティーク雑貨などがコーディネートされた、フレンチアンティークのようなお部屋に、花柄模様や波型の生地端が特徴のレースカーテンがぴったりと合っていますね♪透過性のあるレースカーテンを使って、和室との境界線を完全には仕切らないことで、両方の空間を同時に楽しむことができそうです。

IKEAで買ったレースカーテンが1枚あまったのでこちらの和室部屋との境界線に取り付けてみました^_^
ume

概念が変わる!フロントレースカーテンとは

フロントレースカーテンとは、通常はレースカーテンの上にドレープカーテンなどをかけるのを、逆にかけることです。フロントレースカーテンの魅力は、ドレープカーテンとレースカーテンの両方のデザインを楽しめることにあります。ここでは、単に日光の調節や人目を遮ることのみではない利点をお伝えしますよ!

模様入りフロントレースカーテンを楽しむ!

模様入りのレースカーテンを選べば、リーフ柄が浮き出るのでいつもとは違った風景が楽しめそうですね♪さらに参考にしたいのが、色の選び方です。こちらの実例では、水色のドレープカーテンと、グレーのリーフ柄のレースカーテン、さらには椅子・クッションまでグレーと、きちんと色味の統一がなされています。

白色でも花柄模様を楽しむ♪

白で統一されたインテリアに、赤のソファがよく映えていますよね。透けるように透明度が高いレースカーテンなら、後ろのカーテンとレースカーテンの模様が共に白色でも、花柄模様がきれいに浮き出て見えます。レースカーテンで自然の癒しを感じたり、ホワイトインテリアを楽しめたりしますよ♪

パープルとふんわりレースカーテンで豪華に

ホテルのように豪華なお部屋ですよね。豪華さの理由はまず、ドレープカーテンの色です。パープルは高貴なイメージを演出してくれる鉄板カラーです。そしてもう1つの理由は、レースカーテンを完全には開けず、タッセルでふんわりと留めていること。ホテルライクなお部屋にしたい方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

レースの飾り×シャビー色でフレンチに

レースカーテンの裾に、模様や波型などの飾りがついているのがかわいらしいですよね。さらにこちらの実例では、後ろのカーテンをグレーなどのシャビー色にして、かわいらしさにフレンチアンティークをプラスしています。テレビ台のレトロな雰囲気ともピッタリですね!


今回ご紹介したレースカーテンの使い方を実践してみれば、いつもとは大きく違ったインテリアに出会えそうですね♪お部屋で過ごすのが楽しくなりそうです。ぜひ参考にして、お部屋を大胆チェンジしてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「レースカーテン ボイルカーテン」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ