収納スペースをフル活用!見た目も美しい押入れ収納術とは

収納スペースをフル活用!見た目も美しい押入れ収納術とは

押入れは、収納スペースが広いので、いろんな物を収納することができて便利ですよね。しかし、収納方法を工夫しないと、デッドスペースが生まれたり、奥に収納した物が取り出しにくくなってしまったりします。そこで今回は、見た目も美しく、使い勝手も良い押入れ収納術を実践されているユーザーさんをご紹介します。

スペースを最大限に使う

まずは、収納ケースやハンガーシェルフなどを使って、収納スペースを仕切ることが大切です。そうすることによって、押入れの収納スペースを最大限に使うことができます。

収納ケースを活用する

Hisayoさんのように、収納ケースをびっしりと積み上げて仕切ることで、スペースを余すことなく使い切ることができます。白で統一された見た目も美しい押入れがあれば、片付けもはかどりそうですね。

掛けている洋服の長さを意識する

洋服を掛けて収納する場合は、makaさんのように、丈の長いもの、短いものでまとめて収納します。そうすることで、丈の短い洋服の下に収納ケースを置けるほどの空間を確保することができます。

帽子はハンガーシェルフに収納

Makeesさんは、ハンガーシェルフに帽子を収納しています。一つ一つ収納することができるので、形が崩れる心配がありません。また、さっと取り出すことができる点も良いですね。

布団収納袋でスッキリ

tiisanakumaさんは、取っ手のある布団袋に布団を入れて、収納しています。また、袋に何が入っているか、一目でわかるようにラベリングもしています。布団袋を使えば、見た目がスッキリするだけでなく、押入れの使い勝手も良くなります。

中身が分かるように、ラベリングは クリップで挟みました。
tiisanakuma

より取り出しやすくするために

押入れを仕切っても、押入れの奥や上に収納した物が取り出しにくかったら、意味がありません。そこで、より取り出しやすくするための工夫をご紹介します。

下段はキャスター付き収納ボックスを使う

harmaaさんは、キャスター付き収納ボックスを押入れの下段に活用しています。キャスター付きなら、収納ボックスごと出し入れできるので、奥にしまった物も取り出しやすいですね。

取っ手のあるボックスを活用しよう

sayumiresoraさんは、取っ手のある収納ボックスにお子さんの物を入れて、押入れの一番上に収納しています。取っ手があれば、一番上に収納していても、手を引っ掛けて出し入れすることができるのでオススメです。

一目でわかるラベルを

Yurikaさんは、収納ケースに何が入っているか、一目でわかるようにイラストでラベリングしています。見た目が可愛いだけでなく、お子さんにも分かりやすいので、収納スペースを家族みんなで共有することができますね。

細部まで工夫して、収納美人に!

収納ケースの中を仕切ったり、ハンガーをそろえると、さらに取り出しやすくなります。また、見た目も美しくなるので、片付けの時間が楽しくなるかもしれませんよ。

かごを活用して収納ケースを仕切る

KANAさんは、大きい収納ケースを仕切るためにかごを活用しています。半袖Tシャツ、長袖Tシャツなど分類わけして収納すれば、服を選ぶ作業の時短にもなり、衣替えも素早くできそうです。

手前は夏服! 奥は冬服! です ‹‹\( ´꒳`)/››
KANA

用途に合わせてさらに細かく仕切る

akunさんは、仕切りボックス6個を使って収納ケースを細かく仕切っています。こうすることで、靴下や下着などをきちんと収納することができます。取り出しやすいだけでなく、見た目も美しい、理想の収納術です。

無印のPPクローゼットケース小に キャンドゥの仕切りボックス×6が ほぼぴったり入りました⁂
akun

ハンガーにもこだわろう

tasoさんは、アイロンがけされたシャツを同じハンガーに掛けて収納しています。ハンガーをそろえると、シャツの間隔が均等になるので、ディスプレイとしてきれいに見えます。これだけビシッとそろっていると、見ているだけでも気持ちがいいですね。


いろんな物を取り出しやすくするための押入れ収納術をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。みなさんも、収納スペースを最大限に活用して、見た目も使い勝手も良い押入れ収納を実践してみてください!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「押入れ 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ