鏡を賢く使って☆空間を実際よりも広く見せるためのヒント

鏡を賢く使って☆空間を実際よりも広く見せるためのヒント

お店で壁が鏡張りになっていることってありますよね。空間を広く見せるための工夫のひとつですが、同じ方法でおうちの中も広く見せられたらいいと思いませんか?今回は、そんな風に鏡を使い、広々した空間を演出するヒントをご紹介します。玄関、トイレ、リビングという、3つのお部屋に注目して見ていきましょう。

玄関を鏡で広見せ

まず見ていきたいのは、玄関に鏡を置いて空間を広々見せている実例です。どんなサイズの鏡をどんなアイテムと合わせて、どの位置に置くのが正解なのか、実例を参考に考えてみましょう。

すっきりとシンプルな空間に

まずご紹介するこちらの実例では、とてもすっきりとした玄関の土間に姿見を設置しています。鏡のサイズは小さめですが、シンプルさが全体の印象と合っていて、広見え効果が上手に引き出されていますね。

木のテイストに合わせて

木のぬくもりが印象的なおうちに合わせ、木枠の鏡を設置しているユーザーさんです。木製家具の味わいが美しいですね。高さのある下駄箱も、正面の鏡があるおかげで圧迫感がなく、空間の余裕が感じられます。

大きめミラーで広々

引き戸の玄関を入った右手に、大きめのミラーを飾っている実例です。この角度から見るとちょうど土間が鏡に映って、空間を倍の広さに見せてくれる鏡の効果がよくわかります♪

トイレでも鏡が有効

次に、トイレに鏡を置いている実例を見ていきましょう。他のお部屋に比べ狭いトイレだからこそ、鏡を使った広見せのアイデアが有効なんですよ♪ ユーザーさんたちは、どんな鏡を設置しているのでしょうか。

小さなミラーでもおしゃれ

こちらの実例では、小さめな丸いミラーを水道の上に飾っています。小さめならディスプレイとしてもおしゃれな印象ですし、空間を映してくれることにかわりはないので、広見え効果もバッチリですね。

NORRMADEのロープミラーがお気に入りです
uchiko

目線の高さがぴったり

四角いミラーをトイレの側面に飾っているのが、こちらの実例です。目線の高さに配置することで、広見え効果を最大限に引き出してくれていますね。鏡が窓のようになって、開放感を演出しています。

高さのある鏡なら効果絶大

比較的高さのある鏡を側面に設置しているトイレが、こちらです。天井付近まである鏡なので、トイレ全体を映してくれて、空間を広々見せる効果もバツグンです。隣のストライプの壁紙も、ハイセンスでいいですね。

リビングに置いて空間を広く華やかに

最後に、リビングに鏡を置いて空間をより広く見せると同時に、華やかな雰囲気も演出している実例をご紹介します。いろいろなサイズや置き場所の実例を見て、鏡の可能性を探っていきましょう♪

窓枠風でディスプレイにも

窓枠風のアレンジを加えた鏡を壁に設置しているユーザーさんが、こちらです。一瞬お部屋が映っているのか、それとも向こうに別のお部屋があるのかと錯覚してしまいそうな、驚きの演出です。

材料 IKEAの30×30の4枚セットのミラーを2つ 木は横に同じ長さが3本、縦が2本、ミラーと同じ30センチの短い木が6本をホームセンターでカットしてもらいました
makitty.

横長のミラーでも、広見え効果はバツグン

キャビネットで壁のスペースに限りがある場合、横長の鏡を貼るだけでも広見え効果が期待できます♪ こちらのユーザーさんは、エレガントなディスプレイの上にミラーを貼り、お部屋の中を映し出しています。これだけでも、壁の向こうに空間が広がっているような演出は充分で、実際よりも広く見せることに成功していますね☆

大きめの姿見で

テレビの横に、幅が広めの姿見を置いている実例がこちらです。大きめの鏡だけあって、空間にグッと奥行きが出ていいですね。ダウンライトの演出も落ち着いた大人の雰囲気が出ていて、魅力的な実例です。

壁一面鏡張りならとっても広々

最後にご紹介するこちらは、壁一面を鏡張りにした大胆な実例です。お部屋がまるまる鏡に映り込むことで、実際の倍の広さを感じさせます。照明の明かりも倍になって、広さだけでなく明るさも増しているのが印象的です。

応接間にカガミの壁を作ると広く明るくなりました。
karen

玄関・トイレ・リビングという3つのスペースで鏡を使って、広々とした印象を演出している実例がたくさんありましたね。今回見てきた実例を参考に、ぜひ鏡を使ったインテリアに挑戦してみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「鏡」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ