「頑張り過ぎない!自分らしいルールでつくる収納」 by coloriさん

「頑張り過ぎない!自分らしいルールでつくる収納」 by coloriさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、インダストリアルにナチュラルを加え、落ち着きのある大人のインテリアを楽しまれているcoloriさんに、収納のコツをお伺いしました。coloriさん流の、自分らしく無理のないルールに添った、頑張り過ぎない収納のつくり方をチェックしていきましょう。

今回教えてくれたユーザーさん♪

2DKの賃貸マンションに夫と2人で暮らしています。 RoomClipは、夫と同棲をはじめたことをきっかけにはじめました。 インテリアでは、無機質なものや工業的なものが大好きです。 時間があればショップめぐりをして、インテリアの参考にしています。

メリハリのある、頑張り過ぎない収納

coloriさん宅は、シンプルなインダストリアルアイテムやナチュラルな素材で、さっぱりとコーディネートされています。アイアンのオープンシェルフやワイヤーメッシュのロッカー風シェルフなど、見える収納がインテリアに多く取り入れられているのが特徴的。暮らしの雰囲気が見える、そうした部分の収納がいずれもスッキリと整理整頓されている様からは、日々をきちんと丁寧に送るcoloriさんの姿がうかがえます。まずは、収納のこだわりや、気を遣っていることなどから教えてください。

coloriさん

「スッキリ片付いたお部屋にはとても憧れますが、もともと収納が苦手な私には無理でした(笑) 今は、きちんとするところと、手を抜くところのメリハリをつけた『頑張りすぎない収納』で、少しずつ快適な生活が送れるよう努力しています。」

なるほど、スポットごとに意識されているポイントが違うんですね。きちんとするところ、手を抜くところは、きっと人それぞれ。ここからは、coloriさんのさじ加減が垣間見える収納ルールを詳しくご紹介いただきます。収納見直しのヒントとなるのはもちろん、『収納の中身はカオス』という方や、逆に『分類しすぎて家族からクレームが出た!』なんてお悩みの方も必見の収納メソッドが登場します。

無理なくキレイをキープする、自分に合った3つのルール

その1 見える化で、無駄買い予防

coloriさん

「収納の中身が見やすいようにしています。例えば、引き出しの中は、ものが重なり合わないように気をつけておけば、開けたときひと目で在庫確認ができます。 また、我が家では、ストックをあまり持ちたくないので、なくなる直前のタイミングで買い足します。買い忘れがないように、確認した在庫をもとに、買い物リストをつくって冷蔵庫に貼っています。」

その2 使う場所と収納場所をまとめる

coloriさん

「ものの定位置を決める時には、生活動線に則って考えるようにしています。特に、キッチンで使うものは、手を伸ばせば届くところに収納してあります。具体的には、調理器具はシンク下、調味料やラップなどの使用頻度の高いものは、キッチンと冷蔵庫の間の40cmほどのスペースにギュッと詰め込むなど。さらに、リビングからは見えないように、配置にも工夫しました。 キッチン以外の場所でも、書類や文房具などはデスク代わりに使っているリビングの押入れにまとめています。 」

その3 ここまでできたらOK!というラインを決める

coloriさん

「使用頻度の低いキッチン用品は、ファイルボックスを使い、ゆる〜くジャンル分けして戸棚に収納しています。片づけに関しても、『とりあえずボックスに入れてあればOK』ということにしているので、中身はざっくりとしているんです。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品のポリプロピレンファイルボックス
PRICE990円(税込み)

我が家では、キッチン・リビング・トイレと、いろいろな場所で活躍してくれています。 収納用品は同じものを並べたい派なので、必要になった時に同じものが買い足せる点がお気に入りです。 幅が10cmと15cmのものがあり、用途に応じて使い分けられるところや、ファイルボックスに引っ掛けて使えるポケット、フタといったオプションのバリエーションが豊富なところも◎!

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

coloriさん

「はじめから完璧な収納を目指すのは、なかなか難しいものです。継続できるよう、まずは簡単なルールを決めることからはじめると、少しずつ収納が楽しくなっていくと思います。 私は、少ない動きで出し入れできる収納を意識して、ムダな動きが増えてきたら見直すようにしています。」

自分らしい収納が一番

頑張り過ぎない、とても素敵なフレーズだと思いませんか?憧れのスタイルのハードルの高さに心が折れた、収納にこだわっても持続力がない、こんな失敗や壁にぶつかった方も少なくはないはずです。それは、きっと『頑張りすぎた』から。coloriさんのように、自分に合ったルールで、収納や片付けが自然とできるスタイルなら、毎日に無理や無駄が生じません。だから、自分にとって最適なキレイを持続させることができます。

もちろん、癖や習慣は人それぞれなため、自分に合ったルールも十人十色あるでしょう。ぜひ、今回ご紹介いただいた工夫やアドバイスを参考に、自分らしくて、無駄のない収納を見つけ出してみてください。


coloriさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ