色使いのインテリア実例

4件
関連度順
1
1〜4枚を表示 / 全4枚

関連するタグの写真

さらにタグで絞り込む

関連する記事

色使いで差をつける!お部屋のカラーコーディネート術
色使いで差をつける!お部屋のカラーコーディネート術
インテリアコーディネートをするうえで、とっても大事な要素でもある「色使い」。色の組み合わせひとつで、お部屋のイメージが大きく変わります。今回はRoomClipユーザーさんたちのお部屋を実例に、色使いのテクニックをひも解いてみましょう。思いもよらない色の組み合わせに出会えるかもしれませんよ。
お部屋にテーマカラーを!色別にみる極上コーディネート
お部屋にテーマカラーを!色別にみる極上コーディネート
みなさんは、お部屋のテーマカラーを決めていますか?お部屋は、きちんとテーマカラーを定めることでまとまりが出て、グッとあか抜けるもの。そこでこの記事では、お部屋のテーマカラーを明確にし、美しいコーディネートを完成させているユーザーさんのお宅をご紹介していきます。ぜひコーディネートの参考にしてください。
使い心地のいいものを使い、すっきりした気持ちで暮らそう
使い心地のいいものを使い、すっきりした気持ちで暮らそう
すっきりとした気持ちで毎日を過ごすためには、使い心地のいいものを暮らしの中に取り入れることが理想的です。使い心地のいいものとは、生活スタイルや生活習慣に合ったもののことになり、人それぞれ違ってしまうので、生活の中でどの部分を「使い心地のいいもの」に変えたらいいのかを、いくつか紹介したいと思います。
淡い色味でつくる癒しのお部屋♡カラー別のコーディネートカタログ
淡い色味でつくる癒しのお部屋♡カラー別のコーディネートカタログ
お部屋をイメチェンしたい、やさしい色合いが好き……そんな方へ。淡い色味でお部屋をコーディネートしてみませんか?寒色系、暖色系、ベージュ系の色別にまとめました。ユーザーさんは、それぞれの色のよさをいかしたコーディネートがお上手です。では、ご覧ください。
やっぱり淡い色が好き♡やさしい魅力がつまった色合いでつくる空間10選
やっぱり淡い色が好き♡やさしい魅力がつまった色合いでつくる空間10選
明るくやわらかな印象の淡い色合いのお部屋は、挑戦してみたいインテリアのひとつですよね。そこで今回は、リビングやダイニングスペース、寝室などお家の中のさまざまなスペースに淡い色合いを取り入れている実例をたっぷりとご紹介します。ぜひお部屋づくりの参考にしてみてくださいね♪
色を楽しむ空間作り♪IKEAのカラーアイテムで作るハッピーインテリア
色を楽しむ空間作り♪IKEAのカラーアイテムで作るハッピーインテリア
モダンな北欧デザインのアイテムが、世界中で愛されているIKEA。今回はその中から、色が特徴的なアイテムをピックアップしました。アクセントになる単色のものや、カラフルなマルチカラーのものまで、IKEAならさまざまな色を見つけられますよ。ユーザーさんのお部屋で活躍するアイテムを、ジャンル別にご紹介します!
空間の中心にもアクセントにもなる♪テーブルの色別コーディネート実例10選
空間の中心にもアクセントにもなる♪テーブルの色別コーディネート実例10選
生活に欠かせない家具であるテーブルは、インテリアコーディネートの中でもポイントとなるアイテムです。お部屋の真ん中に置かれて大きなスペースを取ったり、空間のアクセントになるような使い方をすることもあるテーブル。今回は、RoomClipユーザーさんのさまざまな実例を、テーブルの色別にご紹介したいと思います。
みんなのおうちの限定色見せて!定番カラーとは異なる魅力をチェック
みんなのおうちの限定色見せて!定番カラーとは異なる魅力をチェック
店舗限定、地域限定、期間限定など、「限定」に弱い方も多いはず♪今回は、さまざまなアイテムの「限定色」に注目してみました。このアイテムにこんなカラーがあったんだ!という発見があるかもしれません。今後の限定色販売にも注目したくなる調理家電や調理道具、テーブルウェアなどをチェックしてみましょう。
リビングをセンスアップ!色の基本的な組み合わせ方実例
リビングをセンスアップ!色の基本的な組み合わせ方実例
センスのいいリビングにしたい、そう思ったときにぜひ知っておきたいのが、色の基本的な組み合わせ方。特に、大きめの家具、カーテンやラグなどの色に悩んだときには、知っておくと便利ですよ。「色相環」という、色が環になった図を見ると、より分かりやすいので、気になる方はぜひ調べてから読んでみてくださいね。
カラーマジック!限られた空間を引き立てる色の使い方
カラーマジック!限られた空間を引き立てる色の使い方
限られた空間でも、広く見える色を使って工夫したり、好きな色を使って魅力的なインテリアに見せることができたらうれしいですよね!ある色を引き立たせるためには、反対色を使うことや、多くの色を使いすぎないことがポイントのようです。どんなふうに使えばいいのか、参考になる実例を見ていきましょう。