「素材とバランスで空間をデザイン。時を経て味わいが増す場所へ」憧れのキッチン vol.14 neru0414さん

「素材とバランスで空間をデザイン。時を経て味わいが増す場所へ」憧れのキッチン vol.14 neru0414さん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

コンクリート打ちっぱなしのクールな空間と自然の魅力を融合させた独自のアウトドアスタイルインテリアを楽しまれているneru0414さん。今回は、そんなneru0414さんこだわりのキッチンをご紹介します。

どうせなら好きな空間に住みたい。理解のある妻のおかげで理想の空間を作ることができました。ちょっとずつ手を加えながら住み心地の良い空間を目指していきたいです。

素材を大切に。時間とともに増していく味わいを楽しむ

シンプルな空間でありながら、凛とした主張を感じるキッチン。そんなneru0414さんのキッチンには、どんなこだわりがあるのでしょうか。聞いていきましょう。

neru0414さん

「経年とともに劣化していく素材は使いたくなかったので、素材感を大切にしました。コンクリートや木、アイアンは使うごとに傷や汚れがアジとなっていきます。」

月日とともに味わいが増していく素材をセレクト。傷や汚れさえも思い出とともにインテリアになって、空間を素敵に演出する。そんなこだわりを大切にされたキッチンなんですね。では、その具体的な特徴についてみていきましょう!

キーワード1 素材、収納。絶妙なバランス感

neru0414さん

「コンクリートが冷たい印象を与えるため、木と緑を取り入れ存在感のある照明をセレクト、収納はオープンにとバランスを大切にしました。」

キーワード2 素材感のミックスで空間演出

neru0414さん

「コンクリートは冷たい印象を与えるので、木と緑を積極的に取り入れています。キセログラフィカと流木にエアープランツの組み合わせで柔らかさを出しています。」

キーワード3 キッチンに負けない照明を取り入れている

neru0414さん

「キッチンの素材感とボリュームが強いので、照明もこれに負けない物を選びました。Caravaggioは手元だけを明るく照らしてくれるので、雰囲気も抜群です。」

コンクリートの程よい緊張感の中に、木や緑の柔らかい印象がよくマッチしています。この心地よさは、素材とバランスを大切にしながらコーディネートされているからなのです。では、オシャレ空間を作りあげる、その絶妙なバランス作りのコツについて、3つお話しいただきました!

空間をバランスよくコーディネートする3つのコツ

その1 色味と素材はある程度統一する

neru0414さん

「見える場所に置く食器や調理器具の色味は3色くらいの同系色・同一素材にある程度統一するとまとまりが出てきます。」

その2 対照的な素材を組み合わせる

neru0414さん

「人工的なコンクリートやアイアンの棚に木工食器や温かみのある食器を置くことで、より食器類の良さが引き立ちます。」

その3 使うもののコンセプトを統一する

neru0414さん

「日常的に使用するフライパンや道具も、長く使えて使うごとにアジが出るものを使用しています。
モノを選ぶ基準をはっきりさせるだけで、メリハリが効いてバランスが取れます。」

最後にキッチンをもっと素敵にするためのアドバイスをいただきました

neru0414さん

「毎日使うキッチンなので、使い勝手も大事ですが、その空間自体が好きになるようなキッチンが理想的だと思います。」

まとめ: 素材とバランスにこだわり、空間をデザインしていく

愛着の湧く素材を吟味し、バランスを取りながらコーディネートしていくことが大切なんですね。素材が空間に与える影響はとても大きいもの。組み合わせたり、引き算したりしながら、neru0414さんのようなクリーンで居心地の良い空間をデザインしていきたいですね♪


neru0414さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ