みんな夢中の北欧デザイン!Finlaysonのおしゃれテク12選

みんな夢中の北欧デザイン!Finlaysonのおしゃれテク12選

北欧フィンランドで最も古い歴史と伝統を持つテキスタイルメーカーFinlayson(フィンレイソン)。シンプルかつ印象的なデザインは日本でも愛され、ファブリックのみならず日本オリジナルのコラボ雑貨も多く販売されています。そんなフィンレイソンを取り入れたおしゃれインテリアテクニックをご紹介!

置くだけでもおしゃれな北欧ファブリックFinlayson

フィンランドの家庭では、ない家がないと言われるほど、伝統的で暮らしに浸透しているデザイン、フィンレイソンのファブリックたち。お家のちょっとしたスペースに置くだけでもおしゃれに演出してくれる、そんなデザインです。

「VALMU」のファブリック

「VALMU」のファブリック

こちらのポピーの花をあしらった花柄のファブリックはフィンレイソンの「VALMU」。見たことあるかたも多いのではないでしょうか。何気なくさっと目隠しに使うだけでもおしゃれなファブリックは絵になりますね。

「エレファンティー」のファブリック

「エレファンティー」のファブリック

かわいいぞうさん柄の「エレファンティー」。子供も大人もキュンとしちゃう柄ですよね。カラフルでポップなデザインもフィンレイソンにはたくさん存在します。サッと置いただけで、お部屋を可愛くしてくれていますね。

FinlaysonでDIY 素敵なオリジナルインテリア

Roomclipユーザーさんたちのお宅にはフィンレイソンの布地を使ったDIYの実例も多くありました。かわいくて個性的なデザインは、空間に楽しさをプラスしてくれるんですね。

カフェカーテンのDIY

カフェカーテンのDIY

こちらはトイレのカフェカーテンをフィンレイソンの「POP」と突っ張り棒でDIYしたお宅。その名の通りポップなデザインと鮮やかなカラーがトイレをパッと明るく照らしてくれるようです。

ミシンを新しくしたので、フィンレイソンの布で作りました。
chiya

カゴバッグのDIY

カゴバッグのDIY

フィンレイソンのファブリック×カゴバックのDIY。可愛いですね。同じ北欧ファブリックとして人気のマリメッコとの相性もバツグン。インテリアと小物を合わせるおしゃれ技も、DIYならできちゃいますね。

へへへへへへ 久々に HAND MADE♡ カゴバックに内巾着付けたっ! 最近気になるFINLAYSON♡ 使いやすくなったぞ〜 で、これまた夏色で ちょこっと持ちトートが欲しくて 私の定番MARIMEKKOウニッコちゃん♡
aya
かわいいじゃないかぁぁあ(*☻-☻*)フィンレイソンチェックしてみよ!
chai

ファブリックパネルのDIY

ファブリックパネルのDIY

こちらの「タイミ」という柄、大人っぽい北欧インテリアにぴったりのデザインを、パネルに貼ってDIYした実例です。タイミはカーテンで使用されているお宅もあって、個性的、でシックなインテリアに演出してくれます。

ユーザー一番人気?パンダ柄Finlayson

フィンレイソンの「AJATUS(アヤトゥス)」。このパンダ柄のデザインがRoomclipユーザーの中で一番人気かな?と思われるほどいろいろなかわいい実例がありました。大人も子供のパンダ、大好きですもんね。

パンダ×タイミのクッション

パンダ×タイミのクッション

かわいいパンダ柄のクッション。こちらはハンドメイドのクッションカバーだそう。となりにある花柄のクッションも先ほどファブリックパネルで紹介したタイミの色違いです。組み合わせてもかわいいですね。

finlaysonの生地で自作のカバーです〜(^^) けっこう前からあったよ! 隠れパンダ気に入ってます!
biberu

イケアのスツールにフィンレイソン

イケアのスツールにフィンレイソン

こちらはパンダ柄のファブリックをイケアのスツールにカバーでつけたDIY。かわいいですよね~。個性的な柄だから、シンプルなものとの組み合わせでオリジナリティある作品が作れちゃいますね。

イケアのスツールに、クッションとカバーをつけて、見た目と座り心地をよくしてみました。快適です♪
nico_mum
このパンダの生地かわいいね〜♥︎
atomina
atominaさん、ありがとう!フィンレイソンさんデザインの北欧生地です。
nico_mum

パンダもファブリックパネルに

パンダもファブリックパネルに

こちらはパンダちゃんのファブリックパネル。リビングにある子供のプレイスペースに飾られたものです。白と黒のパンダのデザインならインテリアにもなるし、子供も喜ぶし、一石二鳥!

これは使える!Finlayson×手ぬぐい

フィンレイソンと日本の企業のコラボ商品として注目なのがこの手ぬぐい!手ぬぐい専門店「かまわぬ」さんのフィンレイソン手ぬぐいをインテリアに取り入れている実例をご紹介します。

ピクニックに持って行きたい手ぬぐい

ピクニックに持って行きたい手ぬぐい

こちらはパネルやクッションでも紹介したタイミの手ぬぐいバージョン。ピクニックに持っていきたいようなさわやかなブルーがおしゃれですよね。ユーザーさんへの母の日のプレゼントだとか。なんて素敵な娘さん♡

今日のおやつは、なかしましほさんの「黒ごまスティック」娘が母の日にくれたFinlaysonの手ぬぐいを添えて。
chieko

センタークロスに手ぬぐい

センタークロスに手ぬぐい

フィンレイソンの手ぬぐいをテーブルに置いて、センタークロスとして利用されています。これなら手軽に取り入れられそうですね。手ぬぐいだから、汚れてもすぐ洗えて安心ですね。

ダイニングテーブルのファブリック、フィンレイソンの手ぬぐいにしてみました(^o^)
3warai

季節に合わせてチェンジする手ぬぐい

季節に合わせてチェンジする手ぬぐい

同じお宅の実例。季節に合わせて手ぬぐいをチェンジ。AAMU(アーム)というデザインのこの柄は朝の風景をイメージしたものだそう。美しい色のコントラストがおへやを明るくしてくれていますね。

ダイニングテーブルの上を久々チェンジしました。フィンレイソンの手ぬぐい。一気に夏っぽくなりました。
3warai

シックなインテリアにもあう手ぬぐい

シックなインテリアにもあう手ぬぐい

「CORONNA」×手ぬぐい。こちらもテーブルクロスとしての利用です。シックなデザインがお部屋の雰囲気にマッチしてますね。手ぬぐいはもちろん、タオルやハンカチ代わりとして持ち歩きにも使えるから、便利ですね。


いかがでしたでしょうか。Finlaysonのデザインをお家にさりげなく、素敵に取り入れていらっしゃるユーザーさんばかりでしたね。中でも手ぬぐいは、価格もお値打ちなので気軽にインテリアに取り入れられそうですね。

関連記事

RoomClipの関連リンク