RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、モノトーン×ナチュラルな清潔感たっぷりのインテリアが魅力的なnmhmaiさんに、そんなインテリアを支える収納の秘訣をお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

高1・小6・年長の三姉妹ママです。働いているのでなかなか余裕がありませんが、モノづくりが好きで家のインテリアグッズはハンドメイド品が多いです。飾るだけではなく、整理整頓も頑張ろう!と、子供の友達が遊びに来てかくれんぼが始まっても、恥ずかしくない収納作りを目標に日々勉強中です(笑)

シンプルと自分好みを楽しむ整理整頓

nmhmaiさん宅は、ホワイトを中心にしたモノトーンインテリアに、グリーンのアクセントが心地よく映える空間です。そして特徴的なのは、きちんと感の漂う収納がそんな空間から心地よく生活感をオフしているという点。しかも、nmhmaiさんのつくる収納は、時にキュートで、時にスマート、シンプルでありながら見た目にも楽しめる魅力があるんです。まずは、収納に対するnmhmaiさんなりのこだわりやお考えを伺ってみましょう。

nmhmaiさん

「いまだ『得意!』とは言えない片付けですが(笑)楽しいと思えるような収納にしたいと思い、日々試行錯誤しています。見た目もシンプルに気持ち良く、そして自分好みのラベルなどでアレンジして、整理整頓へのモチベーションが上がるようにしています。」

「モチベーションが上がる収納」これ、とっても大切ですよね。片づけなければ……と思う収納よりも、片付けることを楽しめる収納の方が、キレイは持続します。シンプルな中に、自分好みのエッセンスをプラスするのがnmhmaiさん流の楽しみ方。「片付けや整理整頓が苦手」という方も、是非ここから詳しくご紹介する、nmhmaiさんの楽しめるすっきり収納づくりを参考にしてみてください。

見た目に楽しく気持ち良い、モチベーションが上がる収納のコツ3つ

その1 見せる部分は、規則正しく整列させる

nmhmaiさん

「毎日のように使うおもちゃや洗剤などは『すぐ届くところに置いておきたい!』と思いませんか?そんな時、私は同じ色や種類の収納ケースに、同じラベルを貼って規則正しく並べています。背の高さが違うものでも、背の順に並べるだけでキレイに見えます。」

その2 棚がないなら、シンデレラフィットをDIY

nmhmaiさん

「収納棚用の材料は、ホームセンターで手軽に購入できます。また、女性一人でも意外と簡単に設置できました。ボックスなどを入れたとき、上部にスペースがあると掃除もしやすく、とても便利ですよ。DIYなら、使いたい収納ボックスの大きさに合わせて、棚の高さや奥行を変えられるので、ぴったり気持ち良いシンデレラフィットを目指せます。」

その3 色数はミニマルに、シンプルに……

nmhmaiさん

「パッと見て使っている色が少ないほど、キレイに見えることがわかったので、最近はシンプルなもモノやラベルの剥がしやすいモノを選ぶようにしています。特に、ホワイトの商品は清潔感もあり、また、探すと結構あるのでおすすめです。ラベルや転写シールを貼ったり、食器棚シートで隠すのも簡単です。」

オススメの収納アイテム

ITEM セリアのフタ付きプラBOX ホワイト
PRICE 108円

今まで、100均で収納ボックスをあれこれ探してきましたが、クリーム色っぽいホワイトが多い中、これは真っ白なので気に入っています。そして、形がシンプルでフラットなので、ラベルが貼りやすく・剥がしやすいのも嬉しいポイントです。フタ付きなのでスタッキングもでき、軽いので子供でも使いやすそう。ちなみに、ダイソーにも同じような商品があります。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

nmhmaiさん

私はもともと片付けが苦手で、すぐ散らかしてしまうタイプでした(笑)ふと、その理由を考えた時、ものを捨てられないことが原因だと気がつきました。『いつか使うかも』精神を捨て、思い切って断捨離してみたところ、ビックリするくらいスペースに余裕ができたんです。それから収納上手な方の写真を見て学んだり、真似をしたりして、少しずつ1ヶ所ずつでも整理整頓していこう!と、続けています。まだまだ完璧ではないところはたくさんあります。まずは1ヶ所から、一緒に頑張っていきましょう。

「わかりやすさ」に自分好みを取り入れて、すっきりが楽しく続く収納を目指そう

nmhmaiさんは、ラベルや転写シートを活用して、シンプルな収納にわかりやすさと自分らしさをプラスしていました。また、そうした自分らしさが映える、シンプルな色・モノを選ぶ工夫も素敵です。その積み重ねと相乗効果が、清潔感のある心地よいモノトーン空間を生み出しているんですね。「棚がない」という、収納を考える上ではネガティブな要素を、「シンデレラフィットを手に入れる好機!」とポジティブにとらえる姿勢もとても参考になります。

「収納や片付けは得意ではないし、苦手だった」とnmhmaiさんは話してくれました。そんなnmhmaiさんだからこそ、日常の中で整理整頓を楽しめるアイデアにたどり付かれたのではないでしょうか?同じように、整理整頓に苦手意識がある方も、オリジナリティのあるモノトーンインテリアを楽しみたいという方も是非、今回教えていただいたアイデアを参考に、シンプルに自分らしいエッセンスをプラスしてみてください。整理整頓を楽しむことこそ、すっきりが持続する理想の収納づくりと言えるのかもしれません。


nmhmaiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

The following two tabs change content below.

RoomClip mag 編集部

RoomClip mag 編集部が、日々の暮らしとインテリアをもっと楽しくする情報をお届けします。