「惹かれる北欧ナチュラル。好きで作る、毎日を楽しめる環境」 by yukariさん

「惹かれる北欧ナチュラル。好きで作る、毎日を楽しめる環境」 by yukariさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、洗練された北欧ナチュラルなスタイリングが魅力的なyukariさん宅の、ストレスも無駄もなくキレイが続くキッチンをご紹介します。

子どもの頃からインテリアが大好きでした。一度は諦めた夢でしたが、息子の大学受験を機に、思いきって仕事を辞めて一緒に猛勉強!インテリアコーディネーターの資格を取りました。現在は、工務店でお客様の家づくりのお手伝いをしています。

楽しいと感じられるキッチンにするために……

yukariさん宅は、色や素材感、そして開放感、北欧インテリアの魅力がたっぷりと再現された、温かく穏やかな空間です。キッチンも、目を楽しませてくれるポップカラーやモザイクタイルといった遊び心のスパイスが利いた、見せる空間。見える場所に置かれたツールや雑貨類は、どれも「かわいい」「オシャレ」「シンプル」といった形容が付けられそうなものばかりで、雑貨屋さんのディスプレイを眺めるようなワクワク感を与えてくれます。まずは、yukariさんなりのキッチンコーディネートへのこだわりやポイントからお伺いしてみましょう。

yukariさん

「キッチンに立つのが楽しいと思えることを大切にしています。そのためには、いつも清潔な場所であって欲しいですし、好きなモノに囲まれた場所であって欲しいです。そして何より、ストレスのないキッチンが理想。 私、掃除は大好きですが、実は料理が苦手なんですよ(笑)それでも家族の健康のため、毎日の料理は手が抜けません。フルタイムで働きながらの家事なので、いかに効率よく、ストレスなく、楽しくこなしていくかが重要なのです。」

L字LDKをゆるやかに切り替える、佇まいの良いオープンキッチン

L字型レイアウトのyukariさん宅のLDKは、とても広々としていて伸びやかです。キッチン、ダイニング、リビングとそれぞれにコーディネートでメリハリはありつつも、空間としての一体感があります。そして、ナチュラルな北欧インテリアが一体感とともに、より贅沢なリラックス感をもたらしているよう。L字の角部分に配置されたキッチンは、LDK全体を見渡せるオープンなペニンシュラタイプです。ダイニングとキッチンそれぞれのインテリアと調和し、さらにLDK全体のアクセント的な役割もしているのが特徴的です。ここからは、yukariさんの目を楽しませてくれる、佇まいの良いキッチンをつくるコツや、その魅力に迫っていきます。毎日の料理のモチベーションをあげたい……キッチンに立つ時間がちょっとストレス!なんて方にも嬉しいアイデアが秘められていますので、要チェックです。

キーワード1 家事も楽しめる、大好きスタイリング

yukariさん

「キッチンに置くモノは自分の『好き』を基準にしています。目にするモノ、手にする道具が好きなモノなら、苦手な料理も楽しく取り組むことができるかなと……。 大好きなグリーンも欠かせません。」

キーワード2 作業効率を上げる、ワンアクション収納

yukariさん

「手早く作業をこなすために、特に収納は大切だと思っています。何かを取り出すたび、何かをよけるのは結構なストレスになります。なので、ワンアクションで手に取れることにこだわりました。よく使うモノは吊り下げ収納にしたり、探し物をしなくてすむようにラベリングしたりしています。引き出しの中も、取りやすいように上に重ねず、立てて並べる収納を意識しています。」

キーワード3 清潔習慣で無駄なく続くキレイ

yukariさん

「キッチンは、常に清潔にしておきたいです。そこで、お掃除のしやすさにも気を付けています。キッチンのカウンターにモノを置かないのも、そうしたこだわりのひとつです。キッチンパネルだって、毎日サッと拭く習慣をつけておけば、強い洗剤も不要です。 洗濯機に入れる前のタオルでシンクの水滴を拭きあげて、片付けを締めれば無駄もありません。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

yukariさん

「人それぞれ『好き』があります。 モノが少ないと寂しいと感じる人もいれば、モノが多いと落ち着かない人もいると思います。自分や家族にとって心地良いモノやあり方を、見つけるところから始めてみてはどうでしょうか。」

まとめ: 暮らしを変える、モチベーションの上がる環境づくり

家事は毎日の繰り返し、だからこそ、大なり小なりストレスが付いて回るものではないでしょうか?yukariさんは、家事の中でも家族の健康を支える料理の場、キッチンを「楽しめる」環境にコーディネートすることで、暮らしを豊かにポジティブに演出されています。その結果が、ワクワクさせてくれる要素のキュッと詰まったキッチンだったんですね。好きなモノをコーディネートするだけでなく、作業ストレスの軽減やキレイが続く習慣づくりへとつながる収納へのこだわりも、より良い環境を導き出しています。

家事のなかには、もしかすると苦手なこともあるかもしれません。でも、好きに囲まれたモチベーションが上がる環境ができれば、苦手なんて忘れてしまいそう。好きを楽しみ、ストレスを減らすyukariさんの環境づくりの心意気、ぜひ参考にしてみてください。


yukariさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ