これでしっくり☆ソファの配置で手に入る快適な空間

これでしっくり☆ソファの配置で手に入る快適な空間

そろそろいつものお部屋に飽きてきたという方は、ソファの位置を変えてみませんか?向きや場所が変わるだけで、新しい空間の使い方ができたり、新鮮な気持ちを楽しめたりします。では、どうすれば快適な配置になるのでしょうか。ユーザーさんのアイデアを参考にしてみましょう。欲しかった何かが手に入るかもしれませんよ☆

ソファで仕切れば新しい空間が手に入る

ソファの配置を工夫すれば、一つのお部屋に新しいスペースを作ることができます。また、ソファでゆるく仕切ることで、お部屋としてはつながりながら、別の空間がうまれます。これで、本当は欲しかったあの場所が手に入るかもしれません。

ソファの配置でリビングと寝室を分ける

こちらはtomokomoさんがお住まいのワンルームのお部屋。リビングスペースと寝室スペースの間にソファを置いて、お部屋をふたつの空間に分けています。高さのあるパーテーションなどを置けば、圧迫感が出てお部屋が狭く感じてしまいますが、このようなソファの高さであれば、全体を広々と使えます。

家族みんなでくつろげるゆったりリビング

soramameさんは、ダイニングで使っていたソファをリビング側に向きを変えて、L字に配置されました。ソファをこのように配置すれば、ダイニングとリビングの用途がはっきりと分けられて、よりゆったりと過ごすことができそうです。リビングのスペースが増えて、家族みんなが一緒にくつろげますね。

行き場を失ったダイニングのソファーをとりあえずリビング側へ。 リラックススペースが増えてみんなゴロゴロ楽しそうなのでしばらくこれでいっか(・ω・)ノ
soramame

ソファの配置でできた作業スペース

ナチュラルでやさしい印象のリビングダイニングは、tomoさんのお部屋。リビングに置かれたソファが、奥にある作業スペースとリビングの空間を分けています。これで、作業部屋のようにも感じられて作業に集中できますね。リビングにいる家族とつながりながら、作業に集中することができる有意義な配置です。

家族で作る新しいコミュニケーションの形

ソファの配置を工夫すれば、家族とのコミュニケーションの形が変わって、新しい発見が生まれるかもしれません。リビングに置かれたソファで新たなコミュニケーションが生まれるようなレイアウトの方法を見てみましょう。

子どもも喜ぶソファの配置

リビングのソファが向かい合わせでピタッとくっついた配置は、小さなベッドのようにも見えます。noroさんは、大掃除と合わせて模様替えされたそうです。この配置にしたら、子どもたちも大喜び。みんなで楽しめますね。これまでとは違うくつろぎ方になり、家族のコミュニケーションの取り方も変わります。

じゅうたんあげて大掃除!ついでに模様替えもしました♪ソファを全部内側にくっつけてコンパクトにしてみました♪こどもは大喜びです✨わたしも足伸ばせるのでなかなかいいかも♡しばらくこれで生活してみます♪
noro

ソファ2台使いがくつろげる

リビングにソファが二台、L字型に置かれているtttbbbさん。家族みんなで顔を合わせて座れるように、レイアウトを工夫しています。家族が自然に顔を合わせる時間ができれば、コミュニケーションの機会が増えそうですね。違う種類のソファを置けば空間に抜け感が出て、インテリアとしても魅力的です。

我が家のソファーは2台置きです。 基本的にはL字に置いて、家族みんなで顔を合わせて座れるようにレイアウトしています。 クッションもたくさん置いて、それぞれがリラックス出来るように好きな使い方をしています。
tttbbb

窓に向かって自然を感じる配置

ソファを窓に向けて配置されているricefishさんのお部屋。急に模様替えをしたくなり、リビングに置いていたソファの向きを変えたそう。いつもはテレビの方を向けているそうですが、このように光が差す方向に向けて置くのもいいですね。自然を感じる配置はゆったりとした気持ちになって、リラックスできます。

冬の朝日って良いですね、神々しい感じがします 昨晩、急に模様替えしたくなりソファの位置をくるりと変えました~ いつも変えるときは衝動的です 笑
ricefish

ソファ配置成功の秘訣は角にある?!

ソファの場所を変えてみたけれど、なかなかしっくりこないという方の中には、ソファの存在感がありすぎることや、お部屋が狭く感じることがあげられるのではないでしょうか。そんな時は、コーナーの使い方に注目してみませんか?お部屋が広々と感じる配置の方法をお伝えします。

テレビ台に合わせて斜めに配置

norinori0605さんのお部屋では、コーナーにあるテレビ台に合わせて、ソファとラグを斜めに配置。壁に対してまっすぐ置くのと比べると、テレビからソファまでの距離が長くなり、ソファに座った時に、お部屋が広く感じられますよ。また、ソファの後ろの角にも空間ができて、新しい使い方ができそうです。

ラグマットとソファーを移動しました 30年以上住んでますがこの配置は初めて テレビはコーナーに置いてるのでそれにあわせてラグマットとソファーを斜めに置いてます この置き方は良いかも〜 ♡
norinori0605

ソファの後ろに角を作る

Tommyさんは、ソファの一部を壁から離して斜めに置いています。これでリビングダイニングを広々と感じながら、ゆるく区切ることができます。また、ソファの後ろにできた角を利用して、照明と観葉植物を配置されています。グリーンは、余裕を感じさせてくれる効果もあり、さらに奥行きも出て魅力がUPしていますね。

お部屋のコーナーに余白と照明

rintanさんのお部屋は、窓の前を空けたソファの配置で、外からの光をしっかりと取り入れられます。お部屋のコーナーには、ソファを壁にピッタリとつけずに余白を作り、そこには照明が置かれています。お部屋に入った時、目に入りやすいエリアに余白と照明で余裕を持たせると、ゆったりとした印象を与えてくれます。

角にディスプレイして視線の広がりを作る

ホワイトベースでナチュラルな清潔感のあるJinaさんのお部屋です。ソファは、お部屋の片側に寄せて配置していて、お部屋のコーナーにはディスプレイスペースがあります。床から壁面までをうまく利用して、バランスよくディスプレイされていますね。視線を広げることで、お部屋を広く感じさせてくれます。

ソファ位置変えました! 結局戻すパターンでした。。。 だってやっぱり、こっちのほうが空間を広く感じられる! なんか前のは、窮屈じゃないのにそう感じる配置だったんですよね~。置き換えてみて、やっぱこっちがしっくり!と思いました。
Jina

ソファの配置しだいで新しいスペースや、新しいコミュニケーションの形が生まれます。今のお部屋に少し飽きてきたな……という方は、実例を参考に、しっくりくるソファの配置を見つけてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ソファ 配置」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ