故きを温め新しきを知る♡注目度アップ古民家スタイル

故きを温め新しきを知る♡注目度アップ古民家スタイル

海外インテリアスタイルが人気の中、温故知新の古民家スタイルが注目を集めています。古民家をリノベーションし古道具をDIYするなど、楽しさがいっぱい詰まったスタイルです。また、古民家風と海外スタイルをMIXするのも今風。今回は、なつかしくて新しい古民家スタイルをご紹介します。

レトロ&アンティーク

はじめにご紹介するのは、古道具やヴィンテージブランドを織り交ぜ、ノスタルジックな生活感をオシャレに演出しているお部屋です。築年数や新築に左右されず古民家スタイルは実践できます。こだわりのアイテムをさりげなく取り入れ、奥の深さを感じます。

古道具とドライでアンティークに

munyaさんはヴィンテージマンションを、昭和の古民家スタイルにリノベーションされています。ミシン台のデスクなど古い家具とドライフラワーやガラス瓶で、ヨーロッパのアンティークテイストを織り交ぜ雰囲気抜群!映画のセットのようなお部屋になっています。

注文住宅を昭和レトロに設計

梁のある天井と城内のような白い壁に、ちゃぶ台と柱時計などの古道具が際立っています。こちらは、落ち着きのあるステップフロアの様子です。ayane_cielさんは、自由設計で古民家風スタイルを実現されています。柱や床そのものに、凛とした存在感があります。

古民家をセルフリフォーム

kayomiさんは、古民家をセルフリフォームされています。明るい陽射しがグリーンの壁に反射し、レトロカフェのようなオシャレな空間に♡ギターやスタンドライトなど、インテリアにも趣がありますね。使い込まれた味わいを感じる、DIYされた板床もGOODです。

4畳半の狭い高校生男子部屋です。以前は畳間でしたが、DIYで板床にしました。部屋を広く使いたいので、出来るだけは物を置かないようにしています。
kayomi

古道具を活かす

次にご紹介するのは、自宅で代々使われてきた家具やインテリアを、今もなお大切に使われているお部屋です。古民家に住んでいる特権は、蚤の市で買いたいものが住宅にあることです。古民家風にしたい場合は、蚤の市や古道具屋巡りで探すのが楽しいですよ。

学校の机と椅子

アトリエ&ブックカフェ風に、お部屋作りをされているAikoさん。蚤の市で買われた古道具に、たくさんの本が並べられています。今回はPCデスクにスポットを当てました。誰もがノスタルジックを感じる学校の机と椅子を、リメイクなしで小粋に使いこなしていますよ。

茶ダンスのある飴色の景色

飴色が優しいフォトジェニックなchikuwaさんお気に入りのコーナー。古道具のある暮らしを楽しまれている様子が伝わってきますね。哀愁のある古い茶ダンスに、ぴったり似合うラタンミラーやラタンポットなど、時代を感じさせるアイテムをセンス良くディスプレイされています。

ラタンミラーを飾りました。カゴとの相性が良くてナチュラル感アップです(*ˊᗜˋ*)✨
chikuwa

民芸品と古引き出し

hononoさん宅も古民家スタイルを目指し、お部屋には古道具、お庭はジャンクガーデンとこだわりの日本家屋。その中で民芸品コーナーが目を引きます。民芸品を飾れる雰囲気を作り出すのは、難易度が高いです。小引き出しの深い色と、カラフルな民芸品がベストマッチしています。

古民家×海外スタイル

最後にご紹介するのは、生活感をあえて出す古民家のMIXスタイル。古民家は、海外スタイルに似ているところがあります。殺伐感がカッコいいインダストリアル、アンティークが活きるシャビー、職人の技が光る北欧、そんなお部屋を拝見しましょう。

古民家×アンティーク

sachaさんは古民家を、原状回復できるリノベーションをされています。古道具はヨーロッパのウィンザーチェアやアーコールチェアを置き、古民家とアンティークを融合。ブラウン&グレー&ホワイトの3色でコーディネートし、南仏の田舎の家屋のように優雅です。

古民家×ミッドセンチュリー

梁や土間のある古民家を、フルリノベーションされているAndyさん。障子と窓の間の土間には、ミッドセンチュリー期を代表する、イームズがさりげなく置かれています。季節の移り変わりとともにアラジンストーブも置かれ、時の流れがゆるやかに感じる風景です。


古民家スタイルをご紹介しました。築年数が経っている日本家屋の魅力満載でした。今住んでいる家を古民家風にするのも、古民家を購入してフルリノベーションしてしまうのも憧れます。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「古民家 古民家風スタイル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ