「人・場所・ものに合った、シンデレラフィットなしまい方」 by Maaさん

「人・場所・ものに合った、シンデレラフィットなしまい方」 by Maaさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、色数を抑えたシンプルなインテリアで、住まいを整えられているMaaさんに、収納のコツをお伺いしました。きちんと片付いていても、大人から子供まで、家族みんながものを使いやすい収納づくりのポイントをチェックしていきましょう。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫婦、6歳と1歳の息子の4人家族です。1年前に、4LDKのリフォーム済み中古物件を購入したのをきっかけに、収納やインテリアに興味を持つようになりました。育休中に全ての収納を整えることを目標に、子どもに邪魔されない寝た後の時間を使って収納を見直しています。

ぴったりサイズで、無駄なくスッキリ

Maaさんは、ケースがピタッと収まった、見た目も使い勝手もよい収納づくりをされています。それぞれのケースも、明るい印象の白やクリアで統一されていて、収納の中もシンプルで爽やか。まずはこうした素敵な収納のベースとなる、Maaさんなりのこだわりや、気を付けていることから教えていただけますか?

Maaさん

「収納スペースを無駄にしないために、なるべくぴったりしたサイズの収納ケースを選んでいます。事前に棚のサイズを測って購入しますが、ニトリや無印良品の場合は、アプリから商品のサイズを調べることができるので、大変便利です。統一されたケースがシンデレラフィットした時のスッキリ感が大好きです。」

なるほど、行き当たりばったりでケースを選んでも、そうそう良い具合にはフィットしてくれないもの……収納づくりの第一歩になる『計測』は重要なひと手間と言えるでしょう。また、家にいながらアプリやサイトで商品サイズを調べることのできるメーカー品は、より手軽にシンデレラフィットを追求できるので魅力的ですね。

ここからは、シンデレラフィットを見出した後に続く、Maaさん流の人・場所・ものに応じた使いやすい収納づくりを詳しく紐解いていきます。『何をどうしまったらよいかわからない!〇〇にあったケースを探している!』という方も必見ですよ。

子育て中でもスッキリ見せる、3つの収納ポイント

その1 取扱説明書は、ファイルボックスで2段階に分ける

Maaさん

「家電やおもちゃなど、取扱説明書は年々増えていきます。そこで、今流行りのファイルボックス収納にしてみました。部屋別に分けた後、更に個別ファイルで種類別にしています。2段階に分けるにあたって、個別ファイルの色も白と黒で分けました。家族からは「探しやすくなった!』と好評です。」

その2 ベビーグッズは、スクエアボックスでスマートにリビング置き

Maaさん

「オムツなどのベビーグッズは頻繁に使うので、すぐに手に取れるようにリビングに置いています。オムツ専用収納の購入も考えましたが、100均のスクエアボックスでもスマートに見えると感じたので、コスパのよいこちらを採用。オムツも100均の白い袋に入れ替えています。」

その3 おもちゃは、専用の棚にまとめて隠す

Maaさん

「おもちゃは、毎日散らかるし、カラフルなのでインテリアの雰囲気にもイマイチあいません。そのため、おもちゃ専用の棚を決めて、まとめて隠しています。来客時には、戸を閉めて全く見えない状態に!収納ケースの前後に大きくラベルを貼り、子どもでも片付けやすいように工夫しています。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品のやわらかポリエチレンケース・大
PRICE990円(税込)

我が家ではパントリー、おもちゃ収納から、洗濯物入れや、つけおき洗い用バケツ、と幅広く活躍してもらっています。可愛いまるっとした見た目と、柔らかく安全な点、サイズ展開が豊富な点がお気に入りです。『良品週間』にまとめ買いしました。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

Maaさん

「何度も見に行きたくなるようなスッキリとした収納ができると、『また次の場所もやってみよう!』というやる気に繋がりました。でも、もともと私は収納が苦手だったんです。苦手克服のため、まずはRoomClipの皆さんの写真を見たり、記事を参考にしたりしながらイメージを膨らませました。それから家の収納を1箇所ずつ見直していくことで、段々とコツをつかむことができました。 」

フィット×コーディネートで、見返したくなる収納へ

Maaさんは、まずシンデレラフィットで収納スペースを無駄なく仕切っていました。それも、しまうものや使い勝手に合わせて、ケースの種類やタイプを選びながら段ごとに揃えているのが特徴です。さらに、使う人や場所ごとに収納スタイルを変え、家中を整理整頓することで、家族みんなが快適に暮らせる環境を導きだされています。

シンデレラフィットが適うと、それだけでも気分が上がるかもしれません。でも、収納は見た目以上に、いかに使いやすいか・誰もが元の状態に戻しやすいかに掛かってくるのではないでしょうか。そのためにも、ひとつひとつライフスタイルに合わせてコーディネートすることが大切です。ぜひ、Maaさんのアイデアやアドバイスを参考に、使いやすさに胸を張れて、思わず見返したくもなる、素敵な収納を目指してみてください。


Maaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ