紙袋は宝物♡デザインを活かした紙袋リメイクアイデア集

紙袋は宝物♡デザインを活かした紙袋リメイクアイデア集

いつの間にかたまりがちなショッパーなどの紙袋。いつか何かに使えるかもと放置していませんか。実はリメイクを加えると、いろいろなアイテムに変身させることができるんです。そこで今回は、ユーザーさんのあっと驚くリメイクアイデアをご紹介したいと思います。お気に入りの紙袋デザインを最大限に楽しみたいですね。

お気に入りデザインをカバーにして活用

紙袋の質感やデザインを活かして、生活感の出やすいアイテムのカバーにアレンジする方法です。切ったり貼ったりするだけで、形に合わせたカバーを簡単に作ることができます。紙袋カバーが、お部屋の雰囲気を上質に格上げしてくれます。

ナチュラル鉢カバー

玄関ニッチを、グリーンやお花を飾って爽やかにディスプレイしているchippiさん。黒い鉢に入っていたひまわりは、紙袋でカバーしてナチュラル感をアップさせていました。レースも巻いてキュートに仕上がっていますね。コーナーに統一感を出すことができるお手軽コーディネートです。

トイレットペーパーカバー

トイレの棚をエレガントにディスプレイしているmorasanさん。トイレットペーパーに好きなショップの紙袋を巻いてアレンジすれば、可憐なカバーに大変身します。黒いリボンも大人可愛いアクセントになっていて、使うのがもったいなくなるほどですね。来客用として準備しておくのも喜ばれそうです。

ティッシュカバー

インテリアに馴染むティッシュカバーリメイクです。半分に切った紙袋に、箱から出したティッシュを入れてクリップで留めるだけという簡単な方法で仕上がります。アイアンかごに入れると、雰囲気も倍増しますね。スタンプを押したりクリップのデザインを選んだりと、細かいアレンジで個性を出せるのもポイントです。

紙袋を半分に切り、スタンプをおして、クリップでとめただけ(*´罒`*)そこへ箱からだしたティッシュペーパーをいれます!そしてセリアのかごにどーんっとε=ε=(ノ≧∇≦)ノ ティッシュペーパーと紙袋のサイズがギリギリなので、ティッシュをつめるとき平にすれば取り出しやすくなります(*´ω`*)
ma-chin

ブックカバー

totonatuloveさんは、本のカバーに紙袋を活用していました。雰囲気のある紙袋で作れば、本がインテリアの一部として活躍してくれます。読み途中の本を無造作に置いおいても絵になりますね。カバーをそろえれば、お部屋のスタイルに馴染むインテリア性の高い本棚を作ることができそうです。

本屋さんがカバー付けてくれるみたいに、切って折った、ただそれだけの簡単リメイクです。 蝋引きの紙は、袋の折り目がくっきり出てて使ってるうちにシワが増えたりしても味になるかなぁ…( *´︶`*)
totonatulove

収納アイテムにチェンジ

家中いろいろなシーンで使える収納アイテムも、紙袋でリメイクすることができます。お部屋のスタイルに合わせて使いこなせば、すっきりとした見せる収納を手軽に実現できます。また、ひと手間加えた機能性抜群の収納リメイクなら、毎日の生活を快適にしてくれるお助けアイテムが作れそうです。

見せる収納をすっきりと

オープンタイプのキッチン収納も、紙袋を使えばおしゃれに整います。momijiさんは、転写シールでワンポイントになるアレンジを加えて、見せ方に工夫をこらしていました。キッチンの道具などをこの中に収納すれば、カフェのような見せたくなるキッチンがかないます。

下から取り出せるレジ袋ストッカー

かさばるレジ袋の収納に、コンパクトで機能的なストッカーを作っていました。下から引き出せる工夫をして、作業しながらでも取り出しやすくアレンジしています。紙袋は軽いので、壁掛けにも最適ですね。省スペース収納ができて、キッチンを広く使えるのもポイントです。

プラダンを入れて収納ボックスに

クールなデザインの紙袋で、収納ボックスを作るアレンジを教えてくれたrokudenashiさん。中にプラダンを入れているので、紙製の袋もしっかり補強されて頑丈な作りになっています。中身が見えないボックス収納は、家中いろいろな場所で活躍してくれる優れものです。

他にもこんなリメイク術があります

他にも、驚きのリメイク術で紙袋を再利用するアイデアがあります。お気に入りブランドのショッパーなどは、インテリアアイテムや毎日使えるグッズなど、いつも近くにおけるものにリメイクしたいですね。また、サイズやデザインをアレンジして、贈り物用紙袋にグレードアップさせる方法も必見です。

好きなショップロゴをフレームにイン

好きなショップの紙袋を切り取ってフレームに入れれば、インテリアとして楽しめます。いつも目に届く場所に飾ることで、気分もあがりますよね。Hideさんは、ショッパーの持ち手のひもも一緒に入れて、袋のデザインすべてを堪能できるアレンジをしていました。

サイズを変えて手土産用に再活用

yuurbonさんは、紙袋のサイズを変えて再利用するというアイデアを教えてくれました。ワインなどのボトルを手土産に持っていくときに便利なんだそうです。さらに折り紙などでアレンジを加えれば、普通の紙袋もかわいくバージョンアップします。いろいろなサイズを作ってストックしたくなります。

気の知れた友人へは手土産にワインやドリンクを持って行く事が多いのですが、リカー用の紙袋ってあまり家にストックが無いので。 デパートやお菓子屋さんの普通の紙袋も100均の折り紙で少し可愛く変身♡ 余った紙袋の残りでタグも作成(^ ^)
yuurbon

ビニールコーティングでポーチに

こちらの手作りポーチも、紙袋を使った作品なんです。外側にビニールコーティングをして、丈夫に使えるように工夫されています。紙袋のシワや色味が味になって、オリジナリティあふれるできばえになるのが魅力ですね。


紙袋は、はさみなどの身近な道具でリメイクをすることができるので、初心者さんにもチャレンジしやすいですね。捨てるのはもったいないけれど、使い道に困っていたという方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「紙袋 リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ