「気楽に私らしく、スッキリいい環境を保つ収納づくり」 by .suz..さん

「気楽に私らしく、スッキリいい環境を保つ収納づくり」 by .suz..さん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、スッキリと生活感を整えた北欧シンプルなインテリアを楽しまれている.suz..さんに、収納づくりのコツをお伺いしていきます。

今回教えてくれたユーザーさん♪

2019年の12月にマイホームが完成。シンプルなインテリアを保てるよう、収納多めのお家を建てました。背伸びせず、夫婦ふたりで心地よく暮らすことを目指し、少しずつですが家づくりを楽しんでいます。

きっちりしすぎない隠す収納

.suz..さん宅は、北欧シンプルなインテリアでゆったりと落ち着いた空間です。お部屋の中を拝見してみると、気の利いたところに収納に使える棚があったり、収納道具の佇まいもインテイリアの雰囲気に溶け込んでいたり、とても丁寧に暮らしづくりをされている印象を受けます。まずは、収納へのこだわりや快適な空間づくりの秘訣を教えてください。

.suz..さん

「もともと収納が苦手だったため、いかにラクしてスッキリ見せるかを考えてたどり着いたのが『隠す収納』でした。生活感の出やすいものは隠して、よく使うものはアクセスしやすい場所に定位置をつくっています。また、面倒くさがりなため『きっちりしすぎない』ということも、スッキリを保つうえで私が大切にしていることです。」

なるほど、.suz..さんの収納や整頓術は、普段の暮らしを通して無理なく『スッキリ』を保てるように工夫されているんですね。毎日頑張るのも、どこかで一気に頑張るのも、ちょっと疲れてしまいます。日々、自然に整えられる仕組みをつくることができれば、もっと気楽に快適を手に入れられそう。

ここからは、そんな魅力ある.suz..さんの仕組みづくりから、とっておきのコツ3つを紹介していただきます。自分で決めたルールに首を絞められてる気がする!という方、使いやすさを考えるとつい出しっぱなしにしがち……という方も必見です。さっそくチェックしていきましょう。

ラクに整う収納づくりのコツ3つ

その1 隠せる部分は、ざっくりと

.suz..さん

「生活感の出やすいものは、納戸やパントリーへ隠します。収納スペースの中では、ざっくりとボックスに分類するだけ。その中がごちゃごちゃでも、目につくのはボックスの面なのでスッキリ整って見えます。とってもラクです。」

その2 見せる部分は、余白と統一感を大切に

.suz..さん

「隠す収納中心ですが、使いやすさなどのバランスを考えながら、見せる部分もあります。見せる収納では、余白を意識したり、色や容器をそろえたりと、心地良い佇まいをつくれるように工夫しています。

毎日使う食器をキッチン背面の飾り棚で見せる収納にしているのですが、これが使いやすいんです。そこで、使用頻度の高いものを購入するときは、見せることを意識して本当に気に入ったものや色味にこだわって選ぶようになりました。」

その3 よく使うものは、あえて見えるところへ

.suz..さん

「掃除用品や文房具など、気づいたときすぐ使いたいものは、あえて見えるところへ置くようにしています。ワンアクションで出し入れできるので『あとで戻そう』と出しっぱなしにすることがなくなり、散らかりにくくなりました。」

オススメの収納アイテム

ITEMケユカのハンドル付きストッカー
PRICE759円(税込)

程よいサイズ感と、すっきりとした見た目がお気に入りです。吊り戸棚ストッカーとしては、他社製品より少し小ぶりなサイズで、いろいろな場所で使いやすいと思います。また、幅広いインテリアに馴染む優しい印象のオフホワイトの色味も、おすすめの理由です。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

.suz..さん

「私も未だに収納は苦手ですが、今はRoomClipやSNSで様々な収納術が紹介されています。そこからあれこれ試してみて、自分に合った収納方法を見つけるのが良いと思います。私もトライアンドエラーを繰り返しました。話題になっていたり、人気の方法であったりしても自分に合っているかは分かりません。まずは試すこと。自分が使いやすく心地よいと感じる収納を、楽しみながら見つけてみてください♪」

頑張らない仕組みづくり

ものが散らからず、家の中がスッキリしていると気分も明るく前向きになります。でも、スッキリさせるまでが大変……なかなかやる気スイッチが入らない!こんなジレンマに頭を悩ませている方もきっと多いのではないでしょうか。.suz..さんの収納づくりは、そんなどうしようもないモヤモヤをサッとかき消してくれる『ラクに整える』仕組みがいっぱいでした。

隠れる場所にしまえるものは、容器にこだわってざっくり管理すればいい♪よく手に取るものは、見せ方を意識して選べばインテリアの一部にできる!.suz..さんの収納づくりを真似ていくと、自然と家で使う道具選びも洗練されていくような気がします。ぜひ、今回教えていただいたアイデアやアドバイスを参考に、頑張らずに保っていける快適な暮らしを探ってみてください。


.suz..さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク