「広さ・収納・利便性、どれも抜群の家族時間が膨らむホワイトキッチン」 by maya____homeさん

「広さ・収納・利便性、どれも抜群の家族時間が膨らむホワイトキッチン」 by maya____homeさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、ゆったりと長閑な暮らしを楽しむのにぴったりな、ナチュラルでモダンなインテリアづくりをされているmaya____homeさん宅のキッチンをご紹介していきます。生活感のないホワイトスタイルに秘められた工夫やこだわりに迫っていきましょう。

夫婦とたくさんのペットたちで暮らしています。(猫2匹、烏骨鶏3羽、爬虫類4匹、熱帯魚)自然に囲まれた環境で、家庭菜園や養鶏にチャレンジしたり、夫婦で地道に庭造りやDIYをしたりしながら楽しんでいます。お家は私のこだわりで平屋です。私自身が大家族で育ったので、幼少期は自分の部屋はなく、いつもリビングで家族と過ごしていました。今のお家も家族みんなが顔を合わせて、一緒にいられる場所をコンセプトに建てています。

夫婦で過ごしやすい、機能的な空間

maya____homeさん宅のキッチンは、ホワイトを基調にすっきりと洗練されているのが印象的です。また、キッチンと背面の間に贅沢な広さがあるのもポイント。収納もとても充実していて見るからに機能的です。なんとも快適そうなキッチンは、どのようなことにこだわり完成したのでしょうか?まずはその辺りからお伺いしていきます。

maya____homeさん

「我が家は夫婦でキッチンに立つことも多いので、キッチン周りは余裕のある通路幅と回遊動線のある間取りにしました。建具は全て白で統一し、下がり天井にグレーのアクセントクロスを入れて空間を際立たせています。ワイドカウンターなので、キッチンで料理から食事まですませることもできてとっても便利。お気に入りの場所です。」

良い仕事をする、横付けされたパントリー

なるほど、ゆったりしているのでご夫婦で作業を分担するにも、違う料理を同時につくるのも無理なくできそうです。そんなご夫婦にとって大切な場所の存在感を際立たせる配色の工夫も素敵。また、間取り図を拝見するとベースはアイランドですが、その片側にスッとパントリーを設けていることが分かります。この位置と規模は、料理をしながら何かを探したり、取ったりがとてもしやすいのではないでしょうか。アイランドキッチンならではの回遊性を損なわないのも絶妙なところです。

ここからはそんなパントリーの秘話も含め、こだわりのポイントを教えていただきました。アイランドキッチンにするか悩んでいる方や、生活感のないキッチンづくりをしたいという方は特に必見です。

キーワード1 気兼ねなく使えるアイランドキッチンにする工夫

maya____homeさん

「アイランドキッチンに憧れていましたが、料理中に四方八方に油が飛んでしまうというデメリットが不安でした。そこで設計士さんと相談して、キッチン横にパントリーや収納棚を設けることに。ひと壁つくりつつも、キッチン周りをぐるっと回遊できるような設計にしていただきました。キッチン横に壁があるおがげで、汚れはねを気にせず料理できてうれしいです。また、パントリーと冷蔵庫を向かい合わせに設置したことで料理の支度も楽に行えます。」

キーワード2 猫の悪戯防止にも◎生活感を隠してくれる収納

maya____homeさん

「一条工務店さんオリジナルの家電収納を取り入れています。そのため、キッチン周りはいつもすっきり。ゴミ箱も引き出しの中に収められるのは、2匹の猫の悪戯防止の面でも助かります。お客様からはよく『生活感がなくてすっきりしているね』とほめていただけるのも嬉しいところです。」

キーワード3 自分らしいアレンジを楽しむプチDIYに挑戦中

maya____homeさん

「プチDIYにもハマっていて、キッチン背面のクロスにマスキングテープを貼ってアレンジしてみました。マスキングテープなので剥がせなくなったりする心配もなく、貼り付けも簡単にできました。キッチン以外のお部屋でもリメイクシートを使ってみたり、壁のペイントに挑戦してみたり、あれこれ楽しんでいます。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

maya____homeさん

「我が家は基本的に建具やキッチンなど全て、一条工務店さんのオリジナル商品を採用しています。そのため、最初は自分らしさを出すってなかなか難しいと思っていました。でも、簡単なDIYでも雰囲気はガラッと変えられると気が付いたんです。オシャレなマスキングテープやリメイクシートを活用して、壁紙や建具のテイストを自分好みにアレンジしてみると楽しいかもしれません!」

まとめ: 妥協なしを叶えるコツ

アイランドキッチンだと、どうしても床への汚れの飛び散りが広範囲に及びます。素敵なスタイルなのですが、いかんせん日々の掃除の手間や行き届かない可能性を考えると……。でも、そんな心配をカバーしたmaya____homeさん宅の工夫、お見事でしたね♪かゆいところに手が届くパントリーでそっと壁をつくれば、デメリットをカバーするだけでなく利便性もUPさせることができます。そして、maya____homeさんのキッチンはオープンスタイルならではの生活感問題も充実の収納でしっかりクリア。猫ちゃんの悪戯防止に適っているところも気が利いています。

また、シンプルでも、既製品でも、自分らしさを楽しむ心意気も見習いたいポイントでした。小さなスペースにちょこっと手を加えるだけでも、気分は変えられるんですね。ぜひ、今回教えていただいたアイデアやアドバイスを参考に、妥協しないキッチンづくりをしてみてください。


maya____homeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク