木のぬくもりとナチュラルアンティークインテリア〜lovelyzakkaさん③

木のぬくもりとナチュラルアンティークインテリア〜lovelyzakkaさん③

lovelyzakkaさんのインタビューも今日で最終回! DIYのこと、そして今後のlovelyzakkaさんが目指すものについてもお話が広がりました!

木のぬくもりとナチュラルアンティークインテリア〜lovelyzakkaさん③

新たな挑戦、DIY

ーDIYを本格的に始めたのはいつごろなんですか?

「実はDIY歴はすごく浅いんです。今年に入ってから始めたくらいで。もうRCの他の皆さんがすごくDIYが上手なので、それを参考にしたりしながらちょっとずつやっている感じですね。」

「大きなものを作ったのは今年の2月が初めてなんです。その時はアトリエの棚でした。収納スペースをアトリエにしたかったので、木を買ってきて作り始めました。もう模様替えだけじゃちょっと物足りなくなっていたので、自分の好きなように作れるDIYとリメイクをやりたかったんです」

ーその後は何を作りましたか?

「あとはキッチンカウンターです。よく見ると浮いていたりするんですよ(笑)。とにかくキッチンは真っ白だったので、ちょっと木目調を入れたかったんです。もうカウンターがなかったら真っ白なんです。そんな感じで、自分のペースですが、自分の好きなテイストに合うようにちょっとずつリメイクやDIYをしているっていう感じですね」

家を大切にすると幸せになれる、そんな提案をしたい

ー雑貨店curioをはじめたのは、どんな経緯だったんですか?

「curioを開いた場所は、もともとカフェ兼雑貨屋だったところなんです。で、夫と買い物と合わせてパスタを食べにいったのがきっかけでした。3月ころですね。で、お店を閉店するというお話があって、色々とオーナーさんと話していたら意気投合しちゃって、『やってみる?』みたいなノリで始めました。」

「客さんは読者さんやRoomclipのお友達がほとんどです。地元よりも他県から来てくれる人が多くて、ゴールデンウィークには鳥取から来てくれた人もいました。Roomclipに買ったものをアップしてくれたのはうれしかったですねー」

ー今後lovelyzakkaさんの今後の目標とか、部屋作りで気をつけていきたいことってありますか?

「『生活を提案できる部屋』みたいなことはやってみたいですね。家って好きなものに囲まれると居心地がよくなるじゃないですか。家にいることを大事にするし、人を招くようになるし、癒されるし、そういうことをまだ気づいいてない人にも提案していきたいなって思っています。」

「お金をかけずにリメイクしたり、ディスプレイの仕方でこんなに違うとか、季節によって色を変えるとか、それこそ『あるものでなんとかなるよー』って自分の経験からコストや手間をかけずに家を変えられる方法を提案したいんです。」

ー素晴らしいですね。それはまさにRoomClipが目指しているところと一致しています!一番長くいる家がいつも楽しいと生活が豊かになって、それがいい人生に繋がりますよね。

「そうですそうです!絶対に家を大事にした方がいいと思っています。たとえば家族や夫婦で『ここはこうしよう』ってコミュニケーションが生まれるんです。みんなで話し合って決めていく、みんなで作り上げていく家っていうのは、その後も幸せなんじゃないかと思います。そういうのを提案していきたいなって思っています。」

ー本当に今日はどうもありがとうございました!


lovelyzakkaさんが言うとおり「陽光がたっぷり降り注ぐ」明るくてステキなお家で、じっくりとインタビューに答えてくださいました。 そんなlovelyzakkaさんの本、「ナチュラルアンティーク雑貨のある暮らし」は10/31に発売されました。詳しくは、是非lovelyzakkaさんのブログを見てみてくださいね。

関連記事

RoomClipの関連タグ