海外アンティーク風♪色ガラスが決め手のドアリメイク by sunさん

海外アンティーク風♪色ガラスが決め手のドアリメイク by sunさん

アンティーク調の部屋が心地よく、海外を思わせるインテリアで人気を集めるsunさん。今回は、ドアリメイクをご紹介いただきます!木目調だったトイレのドアが、アンティークで趣のあるデザインドアに変身です。色付きガラスはもちろん、ペイントだけでも雰囲気が変わる素敵なリメイク術になっています♪

教えてくれた人

10年前に購入した建売住宅を夫婦でセルフリフォームしながら明るく楽しいうち作りを目指す千葉県在住の主婦です。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

  • キリ
  • 嵌め込むガラス
  • モールディング
  • 金槌
  • 木工用ボンド
  • ヤスリ
  • 水性ペンキ
  • はけ

STEP1

STEP1

写真はリメイクする前のドアと同じ仕様のドアです。まずドアに用意したガラスの形に線を引き、鋸などでドアに穴をあけます。今回使用したガラスはホビー関連が充実しているホームセンターのステンドグラスコーナーで購入し、希望サイズにカットしてもらいました。

STEP2

STEP2

ガラスはモールディングでドアの表と裏から固定します。この際、モールディングには細目の釘を使用し反対側に突き抜けないよう長さは短めです。

STEP3

STEP3

ガラスを入れた後は、モールディングをドアの中心とドア枠のまわりに釘と木工用ボンドでつけました。 モールディング材を使うことでシンプルなドアも凝ったデザインに見せることが出来るのでオススメの材料です。ホームセンターの木材コーナーやwebサイトなどで購入出来ます。

STEP4

STEP4

最後はペイントですが、事前にドア全体にヤスリをかけておき、アンティークな味のある雰囲気を出すため我が家の場合はオイルステインをスポンジでザッと全体にぬってから、水性ペンキでペイントしました。ポイントは多少刷毛跡が残るくらいでベタ塗りはせずにわざと下のオイルステインの色が見えるように塗りました。

ディテールにまで凝ったデザインに心奪われます。

明るい色合いのアンティーク調ドアにうっとり。色つきガラスに、モールディングの組み合わせがいかに合うか。ここに証明していただいた気分です♪とても素敵。ユーザーさんからの反響も大きかったこちらのリメイク。「階段への素敵なアプローチですね!」との声もありました。トータルコーディネートも完璧!雰囲気が一気に変わる、ドア×ガラス リメイクに挑戦してみたくなりました。

ワンポイントアドバイス

  • ドアに穴をあける作業は、まず四つ角に大き目のキリで穴をあけてから先の尖ったノコギリで作業をすると便利です。
  • モールディングを使用することでドア全体のデザイン性がグッとアップします。
  • ペイント時はマスキングテープなどで周りの養生を忘れずに。

sunさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク