飾る=収納で片付けをもっと楽しく♪ by 3838さん

飾る=収納で片付けをもっと楽しく♪ by 3838さん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。 今回は、個性的な柄や家具雑貨で、モロッコ風インテリアを楽しまれている3838さんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫と子供と一戸建てで暮らしています。 モロッコ風という変わったテイストが好きなのですが、夫は全然気にしない人で助かったー。

ズボラなので、取り出しやすくしまいやすい収納

物は、ディスプレイするようにきれいに置かれている3838さんのお部屋。それらは、インテリアとしても素敵なアクセントになっていて、見せる収納をうまく活用されているのが伺えます。収納にはどのようなことを心がけているのでしょうか。

3838さん

「ズボラなので、取り出しやすくしまいやすい、を心掛けています。 ワンアクションで使える方が良いものは、見た目の好きなモノを選んで見せる収納にしたり、見えないように工夫したりして楽できるようにしています。 この写真では、バスタオルをきれいに畳んで自分の好きなモノトーン系のものにしています。 また、植木鉢やボックスの中にはお風呂上がりに塗るお薬、髪をまとめるクリップなどを見えないように収納しています。 クローゼットの中に、さらに蓋付きのモノを重ねるのはスッキリ見えますが、取り出しづらくて2度と出さなくなりそうなのでほとんどやりません。」

なるほど、見せる収納のほかに、見えない部分の収納も用途に合わせて工夫されているのですね♪ 収納は蓋なしのワンアクションを心がけ、使いやすく片づけやすい環境を整えることで、3838さんはスッキリとしたお部屋をキープしていました。では今回、3838さんには飾って楽しむ収納のコツをご紹介いただきます!収納スペースが少ない方、見せる収納は苦手な方、ぜひ参考にしてみてください。

飾る事=収納する事 で楽しく収納する3つのコツ

その1 見えるモノは見た目で選ぶ

3838さん

「そんなに部屋も広くないので、モノを置いていくとすぐにごちゃごちゃしてしまいます。 なので、見えるところに置かないと不便なもの、置かざるを得ないものの見た目は、自分の好きなものにこだわって購入しています。 この玄関ディスプレイですが、左端のゴールドのものはスタンド型のペンです。サインする時などサッと取り出せます。 他にも猫脚のケースにはネクタイピン、ラインストーンのケースにはイヤリングなど、玄関で最後に付け、帰ってきてすぐ外すことができます。 鉢カバーには印鑑と、後ろのランタンの中のLEDロウソクのリモコンが入っています。 デコレーションぽいけど実は収納、とかデコレーションぽいけど実は使えるモノが大好きです。」

その2 ラベルなどを自作して自分好みに

3838さん

「可愛いくてデコラティブなものは好きなのですが、使うものは結構機能性を重視しています。 使いやすいものを購入した時、物足りなければラベルなどを工夫すれば、自分好みに収納を楽しめます。」

その3 ないなら作る

3838さん

「実は、、というかもう皆さんにはバレているかも知れませんが、うちはモノが多いんです。しかも、ズボラなので欲しい時に欲しい物がそこにあるように収納したい! なので、収納も足りな目です。 脱衣所もそうですが、トイレもまた、収納が悩みでした。 床置きは掃除が大変そうで、なるべく避けたかったので、棚やタオルハンガーなどを、収納も兼ねたものを作って取り付けしたので、だいぶモノがスッキリ置けるようになりました。 掃除用具(ファイルボックス)、女の子用品(ペーパーボックス)、トイレットペーパーストック(手前のもののみカバーを自作)、芳香剤(ランタンの中)、消臭剤(ラベル自作)トイレクイックル(鏡の裏)などなど。 今では、遊びにやってくる私のおばあちゃんのオムツまで仮置きしてあげられています。(灰色ボックスの中) 作ると、安く自分好みにできるところが良いところです。棚の板はIKEAで90円になっていたものにお気に入りのブラケットを付け、タオルハンガーはセリアの金具を切って300円ショップのドアマークを塗り替えて作りました。」

オススメの収納アイテム

ITEMGADANのプフ
PRICE10,800円

中に普通に綿を詰めることも出来ますが、詰め物を冬場のタオルケットやパジャマにすればそれらを収納する事ができます。 もちろん、オットマンやサイドテーブルとしても使えます。子供が突撃しても痛くないし、ちょっとした踏み台にもなります。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

3838さん

元々、私は面倒くさがりで収納が苦手でした。そして今もまだまだ勉強中です。 なので、ここでアドバイスするのもおこがましいのですが…… 収納ひとつでも、予算、掃除のしやすさ、家族への配慮などで実行できるかできないか見極め、そこでDIYが必要ならば、採寸や強度なども入ってくる。かなりの労力です。 結構な道のりですが、RoomClipのようなお披露目の場があるだけで楽しくなりますよね。RoomClipの皆さんの写真を参考にして、自分が楽しめる収納を目指すのがいいと思います。

秘策は「デコレーション=収納」の隠しワザ

「使う場所に収納する」そのスタンスを崩さず、収納が少ない場所でも、ディスプレイ雑貨に紛れてうまく収納♪そうすれば、インテリアの見た目を崩すことなく収納を自然に増やすことができますよね。3838さんのように、自分の使いやすいよう動線を考慮しながら部屋に手を加え、愛着ある収納空間を作っていくのはとても楽しそうです!ディスプレイと収納を両方楽しめる収納術、試してみたくなりますね☆


3838さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ