少量の確かなもので大切に暮らす、hamakajiさんが住まう部屋

少量の確かなもので大切に暮らす、hamakajiさんが住まう部屋

RoomClipの人気ユーザー、hamakajiさん。彼女が家族と住まう部屋には、こだわりにこだわったインテリアたちが置かれています。本当に愛せるものだけを選ぶそうで、その暮らしは驚くほどシンプルです。

愛すべき、飾るように使いたくなるものたちに囲まれて

.

神奈川県にお住いのhamakajiさん。間取りは3LDKで、凛としたモルタルの床が美しい、まるでギャラリーのようなリビングが特徴的です。物がとても少なく、使うための家具なども、まるで花や植物たちと一緒に飾られているかのよう。そんなhamakajiさんのお家の中を、一緒に写真で探訪してみましょう。

空間に合った素敵な空気が流れる家

hamakajiさんの部屋の特徴は物が少ないことだけではありません。その空間に合った心地よさを大切にすることで、空気感は保ちつつも暮らしやすい家を実現しています。

緩急をつけたリビング〜無機質な部屋に映える自然のもの

部屋に物が多い人でも取り入れることのできるすっきりコーディネート術のひとつに「緩急」があります。大きい物、小さい物でメリハリをつけることで、置いてある物同士に緩急が生まれ、部屋をバランスをよく見せることができます。

緩急をつけたリビング〜無機質な部屋に映える自然のもの

hamakajiさんのリビングは、背の高いライト(セルジュムーユ)と大ぶりの枝物(ドウダンツツジ)でそのバランスを取っています。ドロップ型のガラスベースもかなり大きい物ですが、透明なので圧迫感がありませんね。むしろその形と水の表情が、お部屋に柔らかな印象を与えています。

キッチングッズの代わりに花を

キッチンの物の量は気を付けていても増えがちですよね。カウンターの上をすっきりとさせているだけで、生活感はぐんと抑えることができます。さらにキッチンに花を飾ることで、メインのリビング、サブのキッチンといった「空間の差」を少なくすることができます。

キッチングッズの代わりに花を〜脱キッチン感

リビングの空気感を残しつつ、白く潔い雰囲気が素敵なhamakajiさんのキッチン。カウンターに飾られた花がリビングとの導線になっていて、空間の差を上手に少なくすることができています。

清くもあたたかいベッドルーム

他人に見られることがほぼないと言ってもいいベッドルーム。だからこそ、油断をすると物が多くなりがちなのかもしれません。しかしここはさすがのhamakajiさん。すっきりとさせていることはもちろん、リビングとはまた違った雰囲気に仕上げています。

清くもあたたかいベッドルーム

ベッドこそ写っていないものの、フローリングに白を基調としたあたたかな空間であることが伺えます。暖色系のパネルや飾りを置くことで、安心して眠れそうな雰囲気づくりがされていますね。

バスルームで発揮する美意識

玄関やリビングなどは人目に触れる機会が多い場所。そこにインテリアの力を注ごうとすることは、ごく自然なことだと思われます。hamakajiさんのインテリア写真を見ていると、逆にバスルームなどの人目につきにくいところに何を置いているかで、その人の生活のベースが見えてくるような気がするのです。

こだわりが感じられるバスルーム〜ちょっとしたところの美意識

写真の雰囲気から伝わる絶対的なシンプルさはもちろん、ソープがストーンプレートに置かれているところも素敵ですね。一緒に写っているタオルは山梨のリネンブランド、オールドマンズテーラーのものだそうで、タオルひとつにしてもこだわって作られた長ものを選んでいることが伺えます。

hamakajiさんの素敵ポイント〜花のディスプレイ

hamakajiさんの特徴のひとつに、あちらこちらに飾られている花たちをあげることができます。ドライフラワーも好きだという彼女。その繊細かつ華麗なコーディネートは絶品です。

小さな花器にたくさんの花

小さな花器にたくさんの花

ナチュラルキッチンやseriaで購入したという小さなフラワーベースに、いろんな種類の花たちが飾られています。小さなものがたくさん置かれていると可憐な雰囲気が漂いますね。

まるで浮かんでいるような

まるで浮かんでいるような

背のあるガラスベースの上に、こんもりとした花たちが浮かんでいるかのようなディスプレイ。一緒に飾られている黒いインテリアとの甘辛な対比も絶妙ですね。

3点コーディネート

3点コーディネート

枝物の花の代表格とも言える桜と、流木、エアプランツのコーディネート。からからとした印象のモチーフたちの中で桜の花のやわらかさが際立っています。写真で見ると美しい1枚の絵のようですね。


「物のない部屋」を維持することは大変ですよね。しかしhamakajiさんのようなセオリーがあると、こだわって選んだ必要なものだけを愛しながら大切に暮らしていくことができるのかもしれません。そのあたりは最近注目されている、ミニマリストの部屋に通じるところもありそうです。形と一緒に姿勢もまねしてみたいですね。

関連記事

RoomClipの関連リンク