必要最少限がポイント。ONもOFFも様になるモノトーン収納 by cocco0201さん

必要最少限がポイント。ONもOFFも様になるモノトーン収納 by cocco0201さん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、スモーキーカラーでレディに中和しながらモノトーンインテリアを楽しまれているcocco0201さんの、「必要最小限」にこだわったすっきり収納をご紹介していきます。cocco0201さんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

モノトーンインテリア、北欧インテリアが大好きなので、収納もモノトーンにこだわっています。 収納する小物もなるべくカラフルでない白や黒、グレーで集めました。 まだまだ改善していきたい場所もたくさんあるので、これからも楽しみながらインテリアや収納をやっていきたいなと思っています。

ONもOFFも、こだわりは見せ方と統一感

白をベースに、黒やグレイの濃淡を利かせたモノトーンでコーディネートされたcocco0201さんのお住まい。全体的にとてもすっきりとモダンにまとめられていますが、その理由は色を抑えたコーディネートばかりではなさそうです。扉や引き出しの中ですら、少しもごちゃついた感じがありません。まずは、cocco0201さんの収納へのこだわりや考え方についてお話を伺ってみたいと思います。

cocco0201さん

「お気に入りが目のつくところにあると気分が上がります。そのため、見せる収納と隠す収納、両方にこだわりました。 見せる収納は見た目に気を配り、隠す収納はなるべく統一感がある収納グッズを使って、扉を開けてもごちゃっとしないように心がけています。」

なるほど、収納のONとOFFの切り替えを明確にすることで、お気に入りも楽しめるすっきりシンプルなインテリアが実現するのですね。また、見せない部分もモノトーンできちんと統一されているので、扉や引き出しを開けっぱなしにしていても雑然とすることはなさそう。ここからはさらに詳しく、cocco0201さん流のモノトーン収納のコツをお伺いしていきます。背筋がシャンとするような暮らしをしたいけど、見えない部分まではなかなかこだわり切れない……なんて方も是非、参考にしてみてください。

モノ・イロ・アクション、3つの必要最少限を楽しむ収納づくり

その1 見せるお気に入りも最少限に

cocco0201さん

「いくらお気に入りでも、置き過ぎないように自分の中で決めています。例えばキッチンでは、本当にお気に入りのマグやキッチン雑貨だけを、飾るように収納しています。 文具も、必要最少限をすぐ手に届く所に……というように意識しているんです。また、色もカラフルにならないよう、モノトーン系で統一しています。 」

その2 使用頻度の高いものは、ワンアクションで使いやすく

cocco0201さん

「よく使う文房具は、ワンアクションで取り出せるよう、無印良品の持ち手付きのボックスに入れています。 このボックスは、仕切りが付いているので、メモなど細々したものもしまいやすいです。」

その3 見えない部分は、アクションもイロも最少限

cocco0201さん

「扉や引き出しの中の収納は、なるべく2アクションで取り出せるようにしています。例えば、無印良品の引き出しは仕切りがありません。そこで、100円ショップの粘土ケースやクリアケース、タバコケースなどを活用して仕切りながら、中身を分類しています。 また、過剰にラベルは付けていません。必要性を感じる部分にだけ、ダイモでラベリングしています。 文房具や雑貨は、カラフルだとごちゃごちゃするので、なるべくモノトーンで揃えるよう心がけています。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品ファイルケース
PRICE1000円

モノトーンインテリアなので、色が気に入っています。 書類だけでなく、ビニール紐、ガムテープなどもすっぽり入ります。 雑誌はカラフルなものが多いので、隠して収納できるのも良いです。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

cocco0201さん

私も収納は得意な方ではないのですが、見せる収納は見た目を重視しています。 隠す収納は仕切りが無い場合、箱など使い区切ります。 サイズ感も重要だと思いますので、ボックスや引き出しを購入するときは必ず採寸してぴったりハマるものを選ぶようにしています。

必要性を見極めれば、すっきりと整った暮らしが見えてくる

cocco0201さんは、お気に入りを見せるにしても、そこに「必要性」を見出していました。また、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。好きだからと言って、置き過ぎてしまえばごちゃつきを生んでしまいます。本当に必要なものを、必要な分だけ見せる工夫が、すっきりとシンプルだけれど、使い手らしさのある空間をつくるには大切なのですね。また、隠す収納の部分も、仕切りやケースの色や形を揃えることで、ぐんとすっきり見せることができます。

そして、すべての収納において、アクションも必要最少限にされているのがcocco0201さん流。使いやすさ、片づけやすさは、すっきりとした空間をキープする要でもあります。いろいろ試してみたけれど、片付いている状態が続かない……、こんな風に悩まれている方は是非、cocco0201さん流の「必要最少限」を取捨選択する収納づくりを参考にしてみてください。もしかすると、暮らしの「余分」が思いのほかたくさん見つかるかもしれません。


cocco0201さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ