色彩で感じる大自然。つながりと個を両立する風通しの良い家〜Rinさん〜[連載:RoomClip_新人ユーザー紹介]

色彩で感じる大自然。つながりと個を両立する風通しの良い家〜Rinさん〜[連載:RoomClip_新人ユーザー紹介]

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、温かみを感じるモダンなインテリアを楽しまれているRinさんと、そのお住まいをご紹介します。家族のつながりと個の時間、両方が心地よく充実する風通しの良い空間です。

今回ご紹介するのはこの方です!

夫婦+子ども3人の5人家族です。 以前の住まいは、利便性が高く、眺望も良好な分譲マンション。快適ではありましたが、家族が増えるにつれ、階下を気にせず、土を踏みながら暮らしていきたいという思いが次第に強くなり、思いきって戸建てに住み替えました。

静かで穏やかな時を感じるナチュラルモダン

温もりあふれる暮らしのベース

スキップフロアのある5LDK+書斎という間取りのRinさん宅は、無駄のないカタチとナチュラルな素材感でコーディネートされた、すっきりとモダンな空間です。特徴的なのは、ブルーやグリーン、イエローなど、ビビッドなカラーのスパイスが適度に利いていること。木の温もりの中に、心地よく映えるそんなカラーは、海や山、草花といった大自然を想像させてくれます。ひとつながりのLDKと和室、そしてスキップフロアのスタディースペースで構成された1階は、そんな穏やかなコーディネートの魅力が行き届いた開放的な空間でした。ウッドデッキに面する大きな窓からの陽射しは、Rinさんのつくるインテリアを明るく楽し気に包み込んでいるよう。

Rinさんは、そんな暮らしのベース全体を見通せるキッチンがお気に入りの場所と話してくださいました。スキップフロアになっているので、勉強するお子さんたちの姿もキッチンにいながら見守れるのが良いですね。目の前に広がるウッドデッキはもちろん、横手にある洗面室までキッチンから見渡すことができるのが、Rinさん宅の間取りの妙。また、アイランド型になっているので、3方向からのアクセスも可能で、家事動線も最高に良好なのだそうです。アーチ型のパントリーやシンク横の壁のサブウェイタイル……さりげないディティールには、Rinさんのセンスが光り、エッジの利いたモダンなキッチンを女性らしくソフトに中和しています。

安心感とスペシャル感のあるスキップフロア

暮らしの中にあるだけで、なんとなくワクワクしてしまうのがスキップフロアではないでしょうか。どう使うかも楽しみの一つですよね。Rinさんは、お子さんのスタディスペースにすることで、家族団らんとお子さんたちの時間を見事につなげていらっしゃいます。芝生のようなマットと吹き抜けの開放感、そして家族を程よく感じられる安心感のあるこの場所なら、勉強も楽しくはかどりそう。LDKから一段跳ね上がった場所にあるので、眺めも良くスペシャル感も◎、子供心もしっかり満たしているのではないでしょうか?ちょっとレトロな雰囲気の机と椅子もキュートです。

スキップフロアからの眺めを捕らえたのが、こちらの一枚です。キッチン同様に、一番奥の和室からウッドデッキ、リビング、ダイニング、1階の家族の暮らしが一望できるのがわかります。この角度から見ると、シンプルだけれど遊び心もある、モダンなファニチャーたちのまた違った表情を楽しめるんですね。ここからは、この階段を上った先、2階にフォーカスしていきましょう。

ゆったりと個を満喫できる空間

2階は、3人のお子さんそれぞれの個室とご夫婦の寝室、そして書斎に分けられています。中でも、鮮やかなブルーのアクセントウォールが印象的なご夫婦の寝室は、Rinさんにとって心が落ち着く特別な場所。海や山に包まれるようなリラックス感のあるインテリアと、窓の向こうに広がる田園風景や隣町の夜景のコラボは、一日の始まりと終わりを、静かに穏やかに演出してくれるに違いありません。

寝室の奥には、より一人の時間に集中できそうな書斎がありました。落ち着いたトーンとふっと息を抜ける小窓、そしてさりげないグリーン……家事や育児、仕事、日常のあらゆることから一歩離れて、自分の時間に没頭するには最適な環境です。

Rinさん宅は、開放的で見通しが良く、心地よく家族がつながっていられる住まいです。しかし、一方できちんと「個の時間」も守られているのです。家族と言っても、人それぞれ。やりたいことも考えることもいつも一緒とは限りません。その家庭らしさと家族それぞれの個性を大切に育む、Rinさんの優しい住まいづくりに是非、注目してみてください。

Rinさん邸の間取り図

2階建て5LDK+書斎のRinさん宅。1階と2階をつなぐ、1.5階のスキップフロアをつくることで、空間を有効活用しながら、暮らしの風通しを良くしているのが特徴的です。1階は、アイランド型のキッチンを中心に家事動線の良い配置のLDKとなっており、家族団らんの充実がはかれます。また、2階は3つの子供部屋と書斎を擁するご夫婦の寝室という構成。家族の時間と個の時間、どちらも楽しめる、家族みんなにとって居心地の良い理想の住まいではないでしょうか。

Rinさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

Rinさん

モダンな雰囲気を取り入れながらも、自然を連想させるような温かみのある空間を目指しています。 木のぬくもりを感じながら、リラックスできるよう、海のブルーと山のグリーンをアクセントに使っています。一方で、メリハリも欲しいので、照明や小型家電、アイアンなどで黒を入れ、空間をひきしめるようにしています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

Rinさん

ACTUS、 INOBUN、 unico、 niko and...、 a. depeche、 無印良品などによく足を運びます。 それ以外にも和雑貨や北欧、ドイツのデザインなども好きなので、テイストの枠にはまらず、直感で素敵だなと思ったものを選ぶようにしています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

Rinさん

バルミューダのトースターです。 それまでトーストは時間のないときにパパッと食べるものでした。 バルミューダは、パンが本当にサクサクで美味しくなるので、トッピングを色々変えてみたり、それに合わせてサラダやスープも色々試してみたりと料理の幅が広がりました。 以前より、少し早起きして家族で朝食をゆったりと楽しむようになりました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

Rinさん

『家族で過ごす時間』と同じくらい『一人の時間』を大切にすることです。 家族が5人いて、子どもも成長してくると、やりたいことはそれぞれバラバラ。 DIY、仕事、ゲーム、スポーツ、昼寝、映画観賞……etc. そんな時は互いに干渉せず、時間を忘れてとことん熱中することにしています。 特に、この家に越してきてからは、それぞれが好きな場所で好きなことをしていても、お互いの存在を感じながら自由にのびのびと過ごせるようになり、その居心地の良さに大満足しています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

Rinさん

RoomClipは、インテリアの教科書としていつも参考にさせていただいています。 引っ越しを機に投稿を始めましたが、今まで一人で見ていたインテリアに、いいねやフォローをしてもらえて共感いただけたことで、インテリアを作る楽しさや喜びを味わうことができました。 いつも、いいねやフォローをしてくださる方々には本当に感謝しています。 これからもっと、たくさんの方が参加しやすいイベントが増えていくといいなと思います。 今回このような貴重な機会を与えていただき、本当にありがとうございました。

Rinさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


Rinさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ