ニトスキの魅力を再確認!ニトリのスキレット鍋活用術

ニトスキの魅力を再確認!ニトリのスキレット鍋活用術

おしゃれな食卓の定番となったニトリのスキレット鍋、ニトスキはもうお使いになっていますか。お手ごろの価格と小ぶりなサイズが使いやすいと大人気です。今回は、RoomClipユーザーの愛用者さんから、ニトスキの魅力と活用術を学びたいと思います。お料理の幅がぐんと広がり、楽しいお食事タイムを過ごすことができますよ。

ニトリのスキレット鍋の特徴

いろいろな調理に使えて、お料理が素敵に見えるスキレット鍋ですが、ブームの火付け役とも言われているのが、通称ニトスキと呼ばれるニトリのスキレット鍋です。その特徴と人気の秘密をご紹介したいと思います。

ニトスキって?

調理にもお皿としても使える鋳鉄製のフライパンです。Reikoさんのように、朝食メニューを一度に焼いて、そのままテーブルへ出せばスタイリッシュにきまります。保温性が高いので、時間がたってもおいしく食べられる優れものです。

サイズは2種類

15センチと19センチの2種類の大きさがあります。小さい方は、1人用として家族分そろえるのも良いですね。大きい方は深さがあるので、MMさんは煮込み料理などにも使えそうとコメントされていましたよ。パーティーなどでも活躍してくれそうです。

ガスやIH、オーブンでも使えます

ガス火はもちろんですが、オーブンでも使えるので、お料理の幅が広がります。キレイに焼き色が付いたグラタンを、最後まで冷えずにいただけるのはうれしいですね。お料理からテーブルまで、これ1つで対応できるので、洗い物も少なくすみます。IHにも対応可能だそうです。

ニトスキを使った、お料理実例

熱効率の良さや保温持続性の高さ、そしてそのフォルムのキュートさを生かして、ワンランク上のお料理を作ることができます。実際にユーザーさんが作られたメニューを参考に、お家でも試してみてくださいね。

焼いたパンケーキを乗せて、お皿代わりに

accoさんは、パンケーキを乗せてお皿代わりに使われています。カフェでいただくような、洗練されたテーブルになりますね。ニトスキの黒にイチゴの赤が映えて、目でも楽しめるお食事タイムに。ゆったりとした時間を持ちたいときこそ、ニトスキの出番です。

熱々が続くアヒージョに

1人でも大勢でも楽しめるアヒージョも、ニトスキなら冷めにくいので、風味を損ないません。味も香りも最後まで保つことができますね。kumiさんのような優雅なディナーのお供にも欠かせません。

形も楽しめる、焼きたてパン

ニトスキでは、なんとパンも焼けるんだそうです。型要らずでそのままオーブンに入れられるので、思いついたときに、いつでも作ることができます。いろいろ練りこんだちぎりパンは、形もキュート。柄もののペーパーを敷くとさらに華やぎますね。みんなでワイワイと食べたくなります。

ビビンバのおこげもできちゃう

お家では再現が難しい石焼ビビンバも、ニトスキを使えば簡単にできてしまいますよ。おこげたっぷりで、熱々のままいただくことができるそうです。ナムルをたくさん乗せて色どりも良く、お店のような贅沢感を味わえそうです。

シーズニングとアイディア技

鋳鉄製なので、使いはじめにお手入れが必要になります。このひと手間で、長く愛用することができるので要チェックです。また、スキレット鍋特有のお悩みを、アイディアで解消されているユーザーさんも。知って得する工夫は、必見です。

使い始めのシーズニングでサビ知らず

オールマイティで大活躍のニトスキですが、使い始めのお手入れに気を付けないと、錆びて使えなくなってしまうことも。鋳鉄鍋を油に慣らしてから、大切に使いたいですね。Atsushiさんの手軽にできる方法を、ぜひ参考にしてみてください。

ニトスキは鋳鉄鍋なので、使い始めにまずシーズニングをします。洗剤で洗ってから水気を取り 5分程度強火かけたあと、全体に薄く油を塗り数分弱火にかけました。もっとちゃんとやる方もいると思いますが、これで最低限使い始められます。シーズニングをやらないで調理をするとあっという間にサビサビになります(体験談…笑)
Atsushi

持ち手カバーは100均のアレで

高温調理ができるニトスキだからこそ、持ち手の熱さ対策に困っている方も多いようです。専用のカバーも販売されていますが、ダイソーの本革ライターケースがぴったりなのだそうですよ。お手持ちの方はお試しあれ!やけどには、十分ご注意くださいね。

ニトリのスキレット。 持ち手カバーはダイソーの本革ライターケース。 ピッタリ!
0Kei.

油はねなどに、あったら便利な蓋問題を解決

ニトスキは、専用の蓋の単品販売はされていません。調理の際の油はねなどの防止にも、蓋があると便利ですよね。Katsuraさんは、他の鍋の蓋を使ってお悩みを解決しているそうです。お家にあるもので代用ができると、買い足したり不便を感じることもなく快適です。一度キッチンを見回してみるのも手かもしれません。

ニトスキに蓋が欲しいなぁと思ったら、STAUB16cmの蓋がピッタリだった( ´ ▽ ` )
Katsura

いかがだったでしょうか。いつものメニューも、ニトスキを使うだけで、お店のような味わいを楽しむことができます。日常の中にニトスキを取り入れたいですね。お手入れを忘れず、お料理のベストパートナーとして長く使っていきたいです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ニトスキ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ