魅せる! 見せたい!! 人に自慢したくなるキッチンが主役の家

魅せる! 見せたい!! 人に自慢したくなるキッチンが主役の家

主婦は1日のうちの6時間をキッチンで過ごすと言われています。だからこそ自分好みのキッチンに仕立て、毎日を楽しく過ごしたいものですよね。そしてそんな素敵なキッチンは、来た人の目も楽しませてくれるでしょう。今回は、そんな家の主役になっているキッチンを紹介したいと思います。

気分が上がる趣味のキッチン♪

主婦は1日のうち約1/4をキッチンで過ごすと言われています。だからこそ、キッチンのインテリアにはこだわりたいもの! ここでは小物の1つ1つまでインテリアコーディネートされた"完全なるキッチン"を3件ご紹介致します。

女子の憧れ♪ フレンチテイスト

女子の憧れ♪ フレンチテイスト

ホーローシンク×白タイルを、ドライフラワーや窓際のカゴが盛り上げるフレンチカントリー・スタイル。大型家電の冷蔵庫を隠しているから、生活感も感じません。まるで絵本の世界から抜け出たよう。こんな素敵なキッチンなら、時間をかけてユックリと調理したくなりますね♪

ホレボレしちゃう男前なキッチン♪

ホレボレしちゃう男前なキッチン♪

もともとはフレンチテイストだったキッチンを、大改造して現在の男前キッチンにしたそうです。食器や調味料も見せる収納だから、家族も気軽にお手伝いしてくれそう。家族団らんの時間も自然と増えそうですね。

おとな可愛いカラフル・キッチン

おとな可愛いカラフル・キッチン

水玉の冷蔵庫が目を引くカラフルなキッチン。ピンク・ブルー・グリーン・イエロー・・・ 色とりどりでありながらも落ち着いた空間を作り上げられるのは、インテリア上級者ならでは!食器棚から顔をのぞかせている色鮮やかな食器達も、このキッチンの名脇役になっています。

個性がキラリと光るキッチン収納

キッチンの空間を収納が占める割合はかなりのもの。だからこそ、収納のデザイン1つでキッチンのイメージは左右されます。ここでは個性的な収納を持つキッチンを紹介致します。

COOLと温もりの融合

COOLと温もりの融合

モルタルキッチンと聞くとシャープで武骨な印象になりがち。ですが、まるで積み木のように積み上げられた木製のボックス達が、手前にせり出したり引っ込んだりしている事で、冷たそうなモルタルキッチンを表情豊かで温かみある雰囲気に仕上げてくれています。

すごくステキで楽しそーなお家ですネ☻見ててワクワクします❗️
rue

吊戸棚を壁紙DIYでガラッと変化!

吊戸棚を壁紙DIYでガラッと変化!

黒が基調のキッチンに、スチームパンクデザインの吊戸棚が適度なスパイスの男前キッチン。実はこの吊戸棚、壁紙を貼ってリメイクしているそうです。最近は貼ったり剥がしたりできる壁紙もあるようなので、お試し感覚で気軽にチャレンジしてみたいですね。

まるで森の中にある小人達の居住地♪

まるで森の中にある小人達の居住地♪

小さな植物やカントリー調の小箱で埋め尽くされているのは、キッチンのカウンター部分。ずっと見ていても飽きがこないし、植物から元気ももらえちゃいます。ブラウンのカントリーテイストだから、男性・女性問わずウケが良さそうなのも魅力的。

ニュースペーパーでお手軽リメイク収納

ニュースペーパーでお手軽リメイク収納

ニュースペーパー柄にリメイクされたお洒落なシンク扉ですが、よく見ると本物の英字新聞を貼り付けているようです。年月を経て使い込まれたキッチンだからこそ、ニュースペーパーのシワを活かした本物シャビーの臨場感でマッチしちゃうのでしょうね!

白と黒!モノトーンな"オセロ・キッチン"

昔から、キッチンといえば清潔感がある白で統一するのが定番ですが、最近はそれに黒を足したモノトーンキッチンが流行のようです。ここではモノトーンキッチンに注目し、4件のお宅を拝見してみましょう♪

清潔感あふれる白いキッチン

清潔感あふれる白いキッチン

鏡面加工が美しい白ベースのキッチンに、シャープな直線ラインの黒が映えるモノトーンキッチン。モノトーンと言っても黒の配分が最小限に抑えられているので、キッチンが広く明るく感じられ、清潔感にも溢れています。

マステで流行りのボーダーに!

マステで流行りのボーダーに!

本来は黒い調理台を、白いマスキングテープを使ってモノトーンボーダーに仕上げたリメイクキッチン!こんな大胆なイメチェンもマスキングテープを使えば気軽に短時間できちゃいます♪

壁一面のボーダー+PRADA

壁一面のボーダー+PRADA

まっ白で艶やかな床。ステンレスの天板がcoolな印象の白いアイランドキッチン。そんなシンプルモダンなテイストに、大胆にも太いボーダーを壁一面に取り込んだ個性的なキッチン!! お酒を交わしながらゆっくりと語り合う、そんな大人スタイルの時間を盛り上げてくれそうです。

全面がグレイッシュ

全面がグレイッシュ

こちらは白黒のオセロキッチンではなく、シルバー&グレイッシュのモノトーン。カラートーンは暗くても、木目を残した素材は温かみも感じられます。壁や収納のすべてを含めた『全面グレイッシュカラー』なキッチンは、とても珍しいのではないでしょうか?

grayish kitchen オリジナルのペンキによるグレイッシュなキッチン:-)
house215

最近のキッチンは調理する場所だけではなく、マイホームの魅せ場であり、キッチンに立つ人の個性を主張する場所でもあります。そんなキッチンなら立つ人も、見ている人も楽しくなる、まさに『マジックキッチン』なのかもしれません。

関連記事

RoomClipの関連タグ