帰る場所はくつろげる家。安らぎを生み出す3つのポイント

帰る場所はくつろげる家。安らぎを生み出す3つのポイント

嫌なことがあったり疲れたりしても、家に帰ればほっとできる、そんなくつろげるお家を作りたいですよね。今回はRoomClipユーザーさんのお部屋を参考に、3つの視点からお部屋作りのコツやアイディアを紹介したいと思います。自然と笑顔がこぼれるような、リラックスできるお部屋を目指しましょう。

①基本は、いつも整頓されたお部屋

心安らぐ家にするためには、いつも整った環境が必要です。でも、掃除や片付けばかりに追われていては、本末転倒ですよね。ちょっとしたルールやコツで、頑張らずに整頓されたお部屋を維持することができますよ。

収納は一か所にまとめて、ストレスフリー

リビングなど、家族みんなが使う場所では、収納を一元化するのがベストです。出してしまうが誰にでもできるので、片付けも簡単。shiokoさんのように、かごや引き出しを使えば、どこに何があるかが一目瞭然で、ストレスフリーな収納場所になりますね。

我が家のリビング収納はダイニングテーブルの後ろ。キッチンの背面収納の一番右端を使ってます。 ミシン、アイロン、アイロン台、趣味のお裁縫グッズ、本、お薬、文房具、家計簿など収納。
shioko

物を置かなければ、お掃除も楽

余計なものが何もない、スマートなキッチンです。水回りはすぐに汚れがたまってしまいますが、気付いたときにさっと拭けるので、お掃除が後回しになりません。rankoさんのように、物を置く場所と置かない場所を決めておけば、インテリアも楽しみながらキレイが続きます。

キッチン背面はいろいろディスプレイして楽しんでいますが、システムキッチン側にはなぁんにも置いていません(๑¯︶¯๑) こちら側は実用的、衛生的に・・を心がけています♢*゚ お掃除キライなので、何もどかさずサーーっと拭いて終わり!!で楽チンヾ(´︶`*)ノ♬
ranko

手軽に使えるお掃除道具を、見える場所に

ちょっとした汚れを見つけたとき、わざわざ掃除機を出すのは億劫ですよね。でも、すぐ手に取れる場所に道具があれば、プチ掃除が苦になりません。kurumin5さんは、お掃除道具も好きなものを選んで、大切に使っているそうです。絵になる道具をそろえるのも、お部屋をキレイに保つモチベーションになります。

小さい子供たちと暮らす中で、こまめに掃除したいと思う事が多々あり、目に見える場所で取り出しやすく、見えても素敵な掃除道具を少しずつ集めてきました。 子供たちが自分で掃除しやすいように…とサイズ感も拘っています☺︎
kurumin5

②心が休まるインテリアに

キレイがキープできたら、居心地の良いお部屋を作りましょう。インテリアにもこだわりながら、1人でも家族といても、心が落ち着くお家にしたいですよね。実例を参考に、皆さんにあったお部屋を作ってみてください。

間接照明で、優しい光に包まれる

壁などに反射させる温もりのある光は、リラックス効果があるそうです。一日働いて疲れた体を、優しいライトが包んでくれます。chieさんのリビングは、スポットライトやスタンドライトなど、複数の照明使いで、それぞれ違った表情を感じられます。

暗すぎ位が疲れた身体にはちょうど良いです(ˊ˘ˋ*)♡ 皆さんもゆっくり過ごして下さいね(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ᵖᵉᵏᵒ
chie

小物を厳選して、殺風景すぎないお部屋に

物がなく整ったお部屋が理想ですが、殺風景すぎて落ち着けない場合も。そんなときは、厳選して大好きなものを少しだけ飾るのがおすすめです。kepeさんのお部屋は、マリメッコの大きなパネルが目を引き、柔らかい印象です。クッションで少し柄ものを取り入れているのも、ポイントになって良いですね。

人が集まる場所は、L字型配置でゆとりを

リビングやダイニングなどの人が集まる場所は、L字型の配置でリラックスできます。近くに家族がいても目線がずれるので、それぞれがゆったりとした時間をすごせますよ。lovelyzakkaさんのソファは、クッションやナチュラルな小物を添えて、穏やかさをプラスした癒しのスペースに。

低い家具でそろえて、空間を広く

ソファ、テーブル、テレビボードなど、背の低い家具をそろえているので、高さと広さを存分に感じられます。余裕のある空間で、リラックスして過ごせますね。部屋中に使われている木材が、さらに落ち着きをかもしだしている素敵なお部屋です。

③自然を感じて、リフレッシュ

毎日を頑張っていると、自然を感じる時間は少なくなってしまいます。自然は、心や体を軽くしてくれるので、意識的に触れ合うのが理想的です。お家にいながら光や風を感じられたら、いつもリフレッシュができますね。窓を開けたり外を眺める時間も、大切にしたいです。

グリーンを身近に

植物は、緊張をほぐし心を穏やかにしてくれます。いつも身近にグリーンを置いて、ほっとできるお部屋を作りたいですね。こちらのリビングは、背丈のある大きなものから、テーブルの上に飾れる小さなものまで、バランスを考えられた配置が魅力的です。お部屋全体が清々しい雰囲気に包まれています。

風を感じられるベランダに

天気の良い日は、風を感じる優雅な時間を過ごしてみるのも粋ですね。ベランダやウッドデッキは、抜群のロケーションです。タイルを敷いてチェアを置けば、家にいながらアウトドア気分を味わえます。木目調の家具やグリーンが、さらに癒しを与えてくれますね。

調光ブラインドで、自然光を取り入れる

自然の光がたくさん入る、気持の良いリビングですね。気分をシャキッとさせてくれて、朝から贅沢な時間を持てそうです。ブラインドが光を調整してくれるので、一年中楽しむことができるのもうれしいポイントです。外からの丸見え防止にも一役かってくれそう。


いかがだったでしょうか。くつろげる条件は人それぞれですが、自分にあった方法を見つけるきっかけになれたらうれしいです。お家という存在が、いつも自分や家族の味方であってほしいと願っています。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「くつろげる」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ