時間の過ごし方が変わる?無印良品のデジタル時計実例10選

時間の過ごし方が変わる?無印良品のデジタル時計実例10選

生活している限り、必ず軸になる「時間」。その時間の過ごし方が、時計の取り入れ方1つで変わるかもしれません。そこで今回は、無印良品のデジタル時計をお部屋に取り入れている実例をご紹介します。時計の取り入れ方に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

2色展開でも可能性は無限大!

無印良品のデジタル時計のカラー展開は、ホワイト・ブラックの2色。2色のみですが、それは裏を返せば、無印良品のデザイン特性である、「どんなスタイルにも合わせやすい」ということでもあるのです!ここでは、2色のデジタル時計を使った、さまざまなディスプレイの実例をご紹介します。

自然アイテムで温かみをプラス!

こちらの実例では、白×黒に、グリーンネックレスをプラスしているのがポイント。モノトーンで統一すると、スタイリッシュでまとまりが出やすくなります。そこに、台の木目調と合わせたグリーンネックレスが、温かみをプラス。無印良品の商品の特徴である、洗練された印象をやわらげてくれています。

無印良品のデザイン特性を活かして自由に♪

こちらの白の無印良品のデジタル時計は、サイズがコンパクトでデザインもシンプル。ディスプレイテーマを阻害することなく、程よい存在感があります。デジタル時計の周りには、かごや木のオブジェ、花柄のファブリックパネルを配置。自然を連想させるもので均一化することで、1つのテーマが生まれていますね。

シックな印象に植物でかわいらしさを♡

無印良品の黒のデジタル時計を飾っている実例。ポイントは黒板に書かれた英字や、周りのデコボールと観葉植物。全体の印象はシックさがメインのような気がしますが、デコボールや観葉植物がその印象を和らげ、ほんのりとかわいらしさをプラスしてくれています。

黒のデジタル時計はアジアンスタイルにも

どんなお部屋のスタイルにもなじみやすいのが無印良品の特徴。こちらの実例では、アジアン雑貨と一緒に、無印良品の黒のデジタル時計をディスプレイ。アジアンスタイルには、色が暗めの雑貨を取り入れると雰囲気がアップします。照明を暗くしてキャンドルに火を灯しながら、ゆっくりとアジアンスタイルを楽しみたいですね。

我が家の時計は2つとも無印のデジタル時計シリーズです。どこに置いても馴染みます。
OHL

個人空間は心地よさを重視!

ベッドルームや個人のお部屋を快適にコーディネートすることは、朝スッキリと目覚めたり、集中力アップにつながったりします。ここでご紹介するのは、そんなお部屋の、目覚まし時計周りの空間づくりについて。ユーザーさんはどのように工夫して、心地よい空間づくりをしているのか、ぜひ参考にしてみてください!

ナチュラルインテリアとの相性抜群!

無印良品のデジタル時計は、カレンダー表示機能まであるのに、サイズがコンパクトで軽量。こちらの実例では、壁につけられるシェルフの上にデジタル時計を設置しています。無印良品の特徴であるシンプルなデザインと、全体をナチュラルでスッキリとまとめたお部屋との相性が抜群ですね!朝から気持ちよく起きられそうです。

グリーンと一緒に置いて朝からフレッシュ♪

一般的にデジタル時計と言えば、無機質なイメージですよね。そんな印象を払拭しているのが、無印良品のデジタル時計、そしてこちらの実例。グリーンと一緒にデジタル時計を飾っても、全く違和感がありません!朝からフレッシュなグリーンの癒しを目にすると、気分よく起きられるかもしれませんね。

ティーンエイジャーのお部屋にピッタリ!

こちらのお部屋は、ユーザーさんの息子さんのお部屋だそうです。勉強机にデジタル時計を置いても、サイズがコンパクトでデザインもシンプルなので、勉強の邪魔になりません。こちらの実例のような、手作りガーランドやチェック柄ベッドカバーなどの、ちょっぴりかわいらしいティーンエイジャーのお部屋にもピッタリですね。

洗面所での時間確認は効率を重視!

毎朝身支度や洗濯のために、必ず使用する洗面所。バタバタと忙しい朝は、できる限り効率的に動きたいですよね。ここでは、そんなお悩みを解決してくれるような、デジタル時計設置の実例をご紹介します。ぜひ参考にしてみて、1日を少しでも気持ちよくスタートさせてくださいね!

洗面台に時計を設置してすぐに時間確認

全体を、白を基調としてモノトーンでまとめた洗面所。このように明るい洗面所だと、朝のさわやかな光を感じられそうですね♪洗面台には無印良品の白のデジタル時計を設置。スタイリッシュな洗面所の雰囲気ととてもよくマッチしています。鏡のすぐ目の前にあるので、準備しながら時間をすぐ確認できますね。

時計はかけることで朝のイライラ解消!

ランドリーラックの実例。無印良品のデジタル時計は、裏面に壁かけ用の引っかけ箇所があるため、こちらの実例のようにかけて使用することも可能です。洗面所は意外と物が多いので、時計1つとってみても設置場所に困るもの。忙しい朝、よく目にする場所や視線の高さの位置などにかけておけば、時間が確認しやすいですね。

ランドリーラックにダイソーのかごをかけて 洗濯バサミ、メラミンスポンジを入れ 窓辺には無印の容器にクエン酸、重曹、セスキを入れて良く使う物はスグに使えるようにしています 時計は朝の忙しいときに洗面所でも確認できるように(^o^;)
miyu

好きな位置に棚を設置して時間確認

つっぱりで棚を設置し、その上に無印良品の白のデジタル時計を置いています。簡単に好きな高さに棚を設置できる点でも、とても参考になる実例ですね。そして、デジタル時計もすぐ確認できる位置に設置。ごちゃごちゃしがちな洗面所でも、コンパクトなサイズ、そして大きな文字のディスプレイできちんと時間を確認できます。

5本が一体になった突っ張り棒の上に100均のプラスチックボード?を使って棚を作っています!
kana

生きている限り生活を共にする「時間」。その時間を、少しでも心地よく過ごすには、時計との関わり方が重要になってくるかもしれません。ぜひ、今回ご紹介した実例を参考にしてみて、素敵な毎日を送ってくださいね!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 デジタル時計」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ