「スッキリ×可愛いの相乗効果で家事を楽しく快適に」 by comiさん

「スッキリ×可愛いの相乗効果で家事を楽しく快適に」 by comiさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、自然素材を活かしたナチュラルインテリアにカラーアクセントを加えたカフェ風スタイルが魅力のcomiさん宅のキッチンをご紹介します。

2016年10月にマイホームが完成しました。私のこだわりのキッチン、主人こだわりのお風呂、それぞれの趣味の部屋etc…大好きなおうちで夫婦二人でのんびりと暮らしています。RoomClipはもちろん、インテリアの写真や雑誌、間取り図を眺めるのが大好きです。

スッキリと気持ちよく暮らせるように

やさしい色合いのレンガの壁紙やペイントウッド柄がかわいい収納棚。淡い色でまとめられたcomiさんのキッチンはほっこりと癒しの雰囲気が漂います。その中に目を引くグリーンのシンクやグリルトースター、そして可愛らしいディスプレイ。スッキリさのなかにcomiさんの個性が垣間見えるとても居心地の良い空間です。まずは、comiさんにキッチン全体のこだわりについてお聞きしました。

comiさん

「一番のテーマはスッキリとしたキッチン。リビング側から生活感が見えないように冷蔵庫をパントリーに隠したり、大容量の収納スペースを確保することにこだわりました。以前、賃貸アパート暮らしの時は収納場所が少なくて上手に整理整頓ができず、キッチンに物が溢れかえっていました。定位置に物を片付けられ、持ち物の把握ができ、スッキリと気持ち良く暮らすことが目標です。」

生活スペースに目が届き、家族とつながるキッチン

キッチンカウンターに立てば、縦に広がるLDを広く見渡すことができるcomiさんのキッチン。奥の和室まで遮るものはなく、視線が伸びます。家族の様子がよくわかり、会話も楽しめるキッチンです。また、キッチンカウンターはLDとの仕切りとなり、キッチンは程よく隠れながらも、LDとの心地よいつながりを感じることができます。間取り図をよく見ると、すべてのお部屋がぐるりとつながり、各所へ行き来しやすいのが読み取れます。キッチンを中心にパントリーへ、洗面所へ、ダイニングへ、と無駄のない動線と家事効率の良さが魅力です。この、家族との距離の近さ×便利な動線で、毎日キッチンに立つのが楽しそうですね。さて、comiさんのキッチンには、さらに素敵な特徴がありました。3つのキーワードにそってみていきましょう♪

キーワード1 スッキリと可愛いの融合

comiさん

「大雑把で整理整頓が苦手なため、キッチンにはなるべく物を置かずにスッキリとさせるようにしています。特に、シンク側には極力何も置かないようにと決めています。『可愛い』も大好きなので、お気に入りの雑貨等は場所を決めて(レンジフードの上やキッチン背面の飾り棚)に飾るようにしています。 シルバーのレンジフードを隠したくて黒板シートを貼ってイラストを描きました。飾り棚には実用的で可愛いもの(キャニスター、はかり、鍋敷きなど)を置くようにしています。」

キーワード2 大容量パントリー

comiさん

「家を建てる時に、私が絶対に欲しかったもの第1位がパントリーです。広いスペースなため、見た目がごちゃつかずにスッキリするよう、収納ボックスを段ごとに揃え、白に統一しています。ざっくり収納なので整理整頓が苦手でも美しく見えます。目隠し用のカーテンをオーニング風にしたり、アール壁を取り入れたことでパントリー全体が可愛くなりました。」

キーワード3 スッキリしてると掃除もしやすい

comiさん

「1日の終わりに物を全て片付けてリセットすることが目標です。特に、シンク側は物を置かないことが掃除のしやすさに繋がっています。リセット後のキッチンを眺めることが大好きです。キッチンをキレイにスッキリ保ちたいというモチベーションにもなっています。翌日も気持ち良く朝を迎えられます。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

comiさん

「キッチンへの不満や悩みをどうしたら解決できるか、ということから私のキッチン作りが始まったように思います。RoomClipには沢山の素晴らしい先生達がいらっしゃいますので、色んなアイディアを頂いたり参考にさせて頂いています。たくさんの写真を見て自分好みのキッチンや、自分でもできそうなことを見つけて、真似させてもらいながら自分だけのキッチンを作っていけると良いと思います。私も、日々勉強させてもらっています!」

まとめ: 大好きな要素を取り入れて、リセットが楽しくなる毎日へ

「スッキリとしたキッチン」をテーマに空間作りをされていたcomiさん。生活感を隠し、シンク側には物を置かない!と決め、苦手な整理整頓がしやすい環境を作られていました。一方で、大好きな雑貨は場所決めて置かれていましたね。一見相反するような、この「物を置かずにスッキリとさせること」と「雑貨を飾る」ということ。comiさんは、このバランスを上手に取ってキッチン空間をデザインされていました。スッキリだけでは、物足りない。大好きな”可愛い”という要素を取り入れてこそできる”お気に入り”という空間。このプラス要素があるからこそ、整理整頓もはかどるし、スッキリも保てる。一日の終わりのリセット時間も楽しくなる。相乗効果となって、素敵なキッチンができあがっていたのですね。皆さんも、comiさんのキッチンを参考に、スッキリと大好きな要素との両立、目指してみませんか?


comiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ