「使いやすさ大幅UP!収納づくりで考えておきたい3つのこと」 by Michiさん

「使いやすさ大幅UP!収納づくりで考えておきたい3つのこと」 by Michiさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、カントリー調の温かみある家具を取り入れたナチュラルインテリアにお住いのMichiさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

まだまだ収納勉強中です。 家を建てた時に、アパートから持ってきたものを使ってとりあえず収納していた場所を少しずつ改善中です。 片付けるだけではなく、取り出すことを考えた収納を日々模索しています。

取り出すことを優先した収納づくり

ものは扉の中に収納され、すっきりとした生活スペースやキッチンを維持されているMichiさん。扉の中のものは、種類別にキレイに分けられ、「パッと見てすぐわかる」そんな印象です。

Michiさん

「片付けた後に、いかに取り出しやすいかということを大切にしています。 ゆとりある収納を作りながら、取り出すまでのアクションを減らし、家族が使いやすい快適な環境を目指しています。」

なるほど、片付けだけでなく取り出す時をイメージして収納づくりをされているのですね。よく考えてみれば、物は取り出すところから始まります。片付けておしまい!ではなく、次に使う家族も取り出しやすいように工夫するのも大切ですよね。さて、今回Michiさんに教えていただいたのは「使いやすい収納づくりのために考えておきたいこと」についてです。見た目だけではなく、本当の快適収納を目指す方必見です!早速見ていきましょう♪

使いやすい収納のために考えておきたい3つのこと

その1 取り出すまでのアクションをいかに減らすか

Michiさん

「隠す収納が多いので、収納箇所にはほぼ扉がついています。 扉を開けたら取れる、引き出しを開けたら取れる。取り出すまでのアクションをいかに減らすかを考えます。 購入した状態の袋や箱から出してから片付けると、アクションが確実に減ります。」

その2 ゆとりある収納のために場所をどう設けるか

Michiさん

「ストック等の量に変動がある物は、決めたケースの範囲内に収め、物を必要以上に増やさないように心掛けています。 一つの収納箇所に、最低一箇所フリースペースを設け、グループ分けできないもの等を一時的に保管できる場所を確保しています。」

その3 その収納は誰がどのように使うのか

Michiさん

「空間によって誰が使うか、使う人がどうしたら使いやすいかを考えます。 時には見せる収納を取り入れ、メリハリを付けることを意識します。 棚の上は使う頻度が多いシルバニアをディスプレイしながらお片付け。 引き出しはグループ分けをして、ケースに収まる範囲でおもちゃの管理をしています。 定期的に収納の見直しを行い、使う人に合わせて変化させることで、快適に使えるよう心掛けています。」

オススメの収納アイテム

ITEM100円均一の収納
PRICE100円

100円均一は、サイズ・形・色、様々な収納が充実していますね。 全てを統一する美しさにも憧れますが、目的に合ったものをお手頃価格で揃えられるのは強い味方です。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

Michiさん

「私自身まだまだ模索中で、色々な壁にぶつかり、収納はやってみないとわからない!と痛感しています。考えて考えてセットしたものが、いざ使ってみたら使いにくい…ということもあります。 人により快適な物の数、心地よい環境は異なります。 気負わず小さな収納、よく使う場所からやってみることが後々の家全体への収納に繋がっていくのではないでしょうか。」

快適な収納について熟考してみるもの大切な作業

今回Michiさんから、収納づくりの際に考えておきたい大切なことについて学ぶことができました。「取り出しアクションを減らす、物の上限を決めゆとりを持つ、使う人によって収納法を柔軟に変化させる。」この3つが実現できるよう、よく考え、収納を計画することで、収納はさらに家族が使いやすいものになっていくのですね。「人により快適な物の数、心地よい環境は異なります。」というMichiさんの言葉が心に響きました。自分にとっての心地よさとは何か、家族にとって続けやすく使いやすい収納とは何か、収納作りや見直しの際に、思考を巡らせることも収納づくりにおいて大切な要素だと感じます。まずは、ゆっくりと収納計画を練ってみるものいいかもしれませんね。


Michiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ