昼も夜も心安らぐ♡魅力的なウォルナットがあるリビング

昼も夜も心安らぐ♡魅力的なウォルナットがあるリビング

コックリと濃い色味が大人を思わせるウォルナット。優しいぬくもりのある表情だけでなく、夜はグッとムーディーに。そして意外にも相性の良いインテリアが多く、どんなアイテムや色とも馴染みやすいようです。そこで今回は、ウォルナットの魅力を思いきり感じられる、RoomClipユーザーさんのリビングをご紹介します。

アクセントカラーを取り入れて

まず最初は、ウォルナットと色の組み合わせを楽しんでおられる、ユーザーさんのリビングを見てみましょう。インテリアジャンルもそれぞれ違いますが、どのリビングもウォルナットとアクセントカラーの融合がお見事!あなたの好きな色も、ウォルナットとマッチするかもしれません。

和モダンに赤のスパイス

無垢材の床に渋みを感じるtajiさんのお宅は、和モダンがテーマ。風情を感じる玄関も見逃せませんが、こちらのリビングの眺めも要チェックです。ウォルナットでまとめられた、リビングの後ろのキッチンに、アクセントになる大胆な赤をセレクト。和モダンからもブレず、全体との調和も取れています。

ラグでコントラストを楽しむ

床や家具をウォルナットでそろえられているリビングでは、ソファまわりに色を使うと鮮やかに映えますね。たとえばjnyさんのように、モダンな空間の足元にグリーンのラグを敷くと、美しいコントラストでパッと明るい印象に。ウォルナットの床だと、ラグ1枚での変化を存分に楽しめそうです。

こだわりのデザインを魅せる床

kaorii.tさんのリビングは、紫のチェアがウォルナットの床や家具とベストマッチ♡男前な黒の辛味を、和らげる役目にもなっています。そしてこの1枚でも目を引く、張り分けられた床にもご注目ください。フロアタイルと無垢材の張り分け部分に、モザイクタイルをプラスするというセンスには脱帽です!

壁面に大切なモノを飾って

木のぬくもりを、体中で感じられそうなmmtsさんのリビングは、深みを感じる青いソファがアクセントに。そして印象的なのが、幅がそろえられたパソコンデスクと飾り棚。mmtsさんのセンスを感じる飾り棚はもちろん、フレームの写真など、心温まる眺めに仕上がっています。

シンプルにウォルナットを楽しむ

柔らかなウォルナットの表情は、シンプルなコーディネートを殺風景に見せない、独特な深みや重厚感を出してくれます。そしてシンプルな分、広い面積にウォルナットを使っても、圧迫感を感じさせないポイントにもなりそうです。ここでは、ウォルナットの魅力を存分に味わえる、ユーザーさんのリビングをご覧ください。

観葉植物をイキイキと見せる

主張しがちなTVが、違和感なく馴染むharunakiyoさんのリビング。背面に張られたリアルな木目調の壁紙が、ウンベラータの葉脈まで美しく見せてくれます。ウォルナットとマットな黒をベースに、刺激的な色を使わず、目と心に優しそう♡慌ただしさをリセットしてくれそうな、リラックス空間です。

テレビの背面の壁紙は木目調です。 木目調も気に入ってるけどいつかモルタルとかブリックタイルとかにしてみたいな♪♪
harunakiyo

爽やかな白やフレンチにもピッタリ

ウォルナット×黒が多い中、白をベースにされているchibimuさん。フレンチの要素が加わって、可憐で愛らしさを感じるコーディネートです。白に囲まれたウォルナットの床は、より一層表情が豊かに見えませんか?白の眩しさをマイルドに、そして足元からぬくもりも感じさせてくれます。

夜のムードを高める照明

大人っぽいムード漂うYumiさんのリビングも、ウォルナットでつくりあげられているんですよ。肉厚なソファやラグも素敵ですが、ウォルナットの良さを倍増させる、照明の使い方も絶妙です。その日を終えた自分や家族を、優しい灯りで包み込むようなイメージを、ウォルナットが叶えてくれるようです。

ウォルナットをアクセントに

最後は部屋全体ではなく、アクセントになっているウォルナットに注目してみましょう。少しアクセントに使うことで、部屋を格段にセンスUPしてくれるようです。どこにどんな風に使うかは、あなたのアイデアしだいなんですよ。

無垢材の大胆な木目をドアに

海外風のインパクトがある、mochirenaさんのリビングのドア。悩んだ結果ウォルナット×アイアンに落ち着かれたそうです。自然でダイナミックな木目の濃淡は、無垢材だからこそ。4色の無垢材をミックスされたという床も個性的ですが、互いの持ち味を壊さずほど良く主張し合っています。

リビングのドア。 ウォールナットとアイアンでオーダーしました♡ ここのドアは最後まで決まらず… 悩みに悩んでこれにして正解だったなぁ(´∀`=)
mochirena

適度な個室感で作業効率を上げて

寝室以外の間仕切りがないLiv.diversさんのお宅は、床の高さを変え、デザイン性を持たせることで、適度なプライベート空間を保たれています。それぞれがリズミカルに配置されているので、階段があるとさらに小気味良さがUP。書斎にウォルナットを使うと、壁がなくても落ち着いて、作業がはかどりそうです。

夜にリビング側から見渡すダイニングと書斎の空間で音楽聴くのが一番のくつろぎダイムです(*´∇`*)
Liv.divers

家具をウォルナットでそろえて

床は明るい色で、アクセントにエコカラットを施工されている、shioさんのLDK。大きな窓から自然光をたっぷり取り込んで、インテリアはスッキリとまとめられています。広々としたLDKには、ぬくもりあるウォルナット家具が点在し、シンプルな中にも立体感が生まれています。


ユーザーさんの暮らしのひとこまを見ていると、今まで以上にウォルナットが愛おしくなってきます。どんなジャンルとも相性が良く、落ち着ける空間づくりに向いていることも分かりましたね。あなたはどんな風に、ウォルナットを使ってみたいですか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ウォルナット」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ