「引き出しの中も爽やか。整頓が日常化するシンプルメソッド」 by hinatabokkoさん

「引き出しの中も爽やか。整頓が日常化するシンプルメソッド」 by hinatabokkoさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ウッド&ホワイトで統一された、明るく爽やかなナチュラルインテリアが特徴的なhinatabokkoさんに、見えないところまで「すっきり」が行き届く収納メソッドをお伺いしました。hinatabokkoさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

趣味の多い夫、文房具が大好きな娘、そして、うさぎさん&ワンちゃんと暮らしています。 趣味は片付けと言って良いくらい片付けが好きで、趣味が高じて、2017年7月に整理収納アドバイザーの資格を取りました。 特に、ウッド&ホワイトの組み合わせのインテリアが好きです。

いつも爽やかにリセットできる収納

hinatabokkoさん宅は、ウッド&ホワイトで統一されたシンプルな北欧ファニチャーの佇まいが映えるお住まいです。なんと言っても、生活空間に無駄なものがなく、すっきりと整理整頓されているのが印象的。どのような点を意識して、収納をされているのでしょうか?まずは、収納におけるこだわりや気を付けていることを教えてください。

hinatabokkoさん

「一番のこだわりは、とにかく物を出しっぱなしにしないことです。寝る前や出掛ける前に、部屋の中をリセットすることを心掛けています。 そのためにも、掃除や収納がしやすいように、気に入った物を少量しか持たないようにしています。 また、どこの引き出しや扉を開けても、爽やかな気分になれるような収納も意識しているんです。 ちなみに、色はホワイトで統一しています。」

すっきりの第一歩は、「出しっぱなし予防」とも言えます。そのためにも、はじめから必要な物をきちんと厳選し、取捨選択することが大切なんですね。その上で、片付けやすい・掃除しやすい環境を整えることで、常に爽やかな清潔感に満ちた住まいは実現します。でも、いかんせん、その環境づくりが大変そう……そんな風に整理収納の敷居を高く感じている方も多いのではないでしょうか?そこで、ここからは整理収納アドバイザー1級のhinatabokkoさんが実践されている、一工夫で整理整頓が日常化する収納メソッドをご紹介していただきます。是非、参考にしてみてください。

見えないところもすっきりが日常化する収納のコツ3つ

その1 収納用品の色や形を統一する

hinatabokkoさん

「収納庫、クローゼット、押入れなど、外からは見えないところはゴチャゴチャしやすく、つい目を背けがちです。でも、そんな部分も収納用品を統一するだけで、人前で扉を開けても平気なくらい、すっきりさせられます。」

その2 引き出しの中身は少量に絞る

hinatabokkoさん

「まだ使える、これから使うかもしれない……という考えを捨てて見てください。本当に使う物や気に入った物だけに絞ったら、引き出しの中はこんなにすっきりしました。引き出しの開け閉めもスムーズだし、なんと言っても引き出しを開けたときの爽快感、たまりません!」

その3 ラベリングをして定位置を決める

hinatabokkoさん

「我が家では家族のみんながどこに片付ければ良いか分かりやすいよう、全ての引き出しにラベリングをしています。物の定位置が決まっているので、自然と出しっぱなしもなくなりました。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印のポリプロピレンケース 引出し式(ホワイトグレー)
PRICE800円〜1500円

ホワイトグレーの色合いがとても爽やかで、引出しの高さや幅のバリエーションも多く、 作りもしっかりしているので重宝します。シンプルなので、インテリアに馴染みが良いです。 この引出しに出会う前は、透明な引出しに白い紙を貼って中が見えないようにしていました。でも、 この引出しに出会ってからは、全部これに変えたくらいお気に入りです。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

hinatabokkoさん

「まずは、物を減らすことから始めてみると良いと思います。100個の物を上手に収納するのは難しいけど、10個の物を収納するのは簡単!本当に使うもの、本当に気に入っているものだけを抜粋すれば物は簡単に減らせます。」

厳選することの大切さ

今回hinatabokkoさんにお話をお伺いして、「厳選することの大切さ」を改めて感じました。手元にある物のうち本当に良く使うものって、意外と少ないものではないでしょうか?改めて見直し、潔く省くことで、整理整頓のハードルはぐんと下がります。『100個しまうのは大変、でも10個なら簡単』なるほど、その通りです。さらに、自分たちの暮らしや好みにあった、カラーやアイテムで収納用品を統一し、ラベリングすれば、気持ちよく家族みんなが整理整頓をあたりまえにしてくれそう。

hinatabokkoさん宅のインテリアは、まるで雑誌から飛び出してきたように、理想的なシンプルナチュラルです。でも、それを支える工夫やこだわりは、どれも決して難しいものではありませんでした。誰もが少し意識を変え、手回りを見直すことで実践できるアイデアばかりです。是非、hinatabokkoさんの「いつも・どこも、爽やかが続く」収納術、参考にしてみてください。


hinatabokkoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ