集中できる環境を!リビング学習の魅力とおすすめアイテム

集中できる環境を!リビング学習の魅力とおすすめアイテム

小学校入学が近づいてくると、気になるのがランドセルと学習机です。特に近年注目されているリビング学習はメリットが多く、導入している家庭がたくさんあります。そこで今回は、学習机を買う前の方や、机を買ったのに有効活用できていないという方のために、リビング学習の魅力とおすすめのアイテム、実例をご紹介します。

リビング学習で期待できる効果は?

ここ数年、リビング学習が注目されています。その理由は、効果が期待できるからという方が多いようです。でもいざ導入しようと思っても、どうすればいいのかわからない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。ここでは、リビング学習の魅力や期待できる効果についてご紹介します。

勉強中の様子を見守ることができる

リビング学習は、勉強中の子どもの様子がわかるので、親としても安心できます。子どもも親の視線が気になるのか、誘惑に負けることなく勉強に取り組めるのだとか。komakiさんは、大工さんが作られた机をダイニング脇に設置されています。ベンチシートなので、親子で並んで座りながら勉強もできる魅力的な場所ですね。

ダイニング脇の机は大工さんに作っていただいたもので移動できるように作りつけにしませんでした。
komaki

適度な距離感で集中できる環境をサポート

勉強しているかどうか気になってつい声をかけたくなりますが、リビングでは見守ることができるので適度な距離感でサポートできます。bebeさんのお宅では、ダイニングテーブルを学習机に。子どもと近すぎず遠すぎない一定の距離であれば、モチベーションも保つことができるので、集中できる環境が整えられますね。

生活音に負けない!集中力を高められる

導入するうえで、気になるのが生活音の影響という方も。でも子どもは意外と気にしていなかった、ということもあるようです。ある程度の生活音が聞こえる環境での学習は、静かでなくても集中できる力を鍛えられるのだとか。yoshieさんは折り畳み可能な机をDIY。必要なときだけ使える机は魅力的ですね。

お客さんが来たら 机を折り畳んでエレクトーンをサササッっと隠したらスッキリです♥
yoshie
さすがDIY女子✦ฺ これならお客さん来た時だけ折り畳めばスッキリだし、良いアイデアだね〜〜ヾ(o´ヮ`)ノ
necoco

リビング学習のお供に♪おすすめのアイテム

リビング学習を進めるうえで、大切になるのは学習する環境を整えることです。いざ学習を始めても足りないものがあると、それを取りに立たなければなりません。必要なものは手が届く場所に配置したり、手元の明るさを調整できるようにしたりするといいですね。ここでは、リビング学習におすすめのアイテムをご紹介します。

メモもプリントもおまかせ!黒板が大活躍

MARUさんは、学習スペースの前に黒板を用意されています。プリントを掲示しているようですが、何かをメモしておきたいときにも活躍してくれそうですね。インテリアカラーに合わせて、黒板以外にもコルクボードやホワイトボードを配置されている方もいらっしゃいます。

デスクサイドに大容量のワゴンがフィット

デスクサイドのターコイズブルーのワゴンは、山善のバスケットトローリーLBT-3です。yunkaskiさんは自分の作業用とお子さんの学習用にと、親子で使えるデスクを新調されたそうです。一段あたりの耐荷重は20kg、重さのあるものも気軽に収納できるので、ランドセルの一時置きにも便利ですね。

学習机兼、ママの作業机を買いました!!
yunkaski

デスク下にぴったりのランドセルラック

カウンターテーブルの下に、ランドセルラックを配置されているharutonさん。ラックのサイドにはバッグが掛けられるフックがついています。図鑑などの大型書籍も収納しておけるので、一台あると便利ですね。こちらのラックは幅が異なる2サイズ、3カラーの展開でインテリアに合わせやすいのも魅力です。

二階に子ども部屋がありますが、 おもちゃ部屋になってしまってるのと息子が寝るだけの部屋で 勉強や学校の準備は、リビングのカウンターテーブルでやってます☆ 帰ってきて、まず、明日の授業の準備ができるように、予定表を貼れるようなコルクボードを壁に貼ってます☆ ニトリでB4サイズのちょうどいい感じのフレームであったので、即買い☆
haruton

明るさも肝心!電気スタンドもお忘れなく

レトロな雰囲気が漂う、チェヴィオの電気スタンドを愛用されているのは、YUKiさんです。ヘッドは直径10cmとコンパクトサイズなので、机上でもスマートに使うことができそうですね。ブラック、アイボリー、ネイビー、レッドの四色展開で好みに合わせて選ぶことができます。

リビング学習を導入されている魅力的な実例

すでにリビング学習を取り入れている方も、たくさんいらっしゃいます。学習スペースを親子兼用にしたり、作りつけにしたりされていて、どれも子どもが取り組みやすい環境が整っています。これから導入をと考えていらっしゃる方には、参考になるかもしれません。それでは、魅力的な実例をご紹介します。

兄弟で並んで学習も♪リンクしたスペース

目を惹くイームズチェア風の椅子は、リプロダクト品だそうです。3cmのウレタンクッション入りで七色展開なので、sugarsnoteさんのように兄弟で色違いにするのも魅力的です。スペースがあったら二人で学習できる環境を整えておけば、お互いに刺激しあって学習に取り組んでくれるかもしれませんね。

リビングの子どもスペース
sugarsnote

キッチンと向き合う作りつけの学習スペース

miiさんはキッチンカウンターの裏に向き合う形で、学習スペースを確保されています。程よい距離を保ちながら、子どもと向き合ってキッチンに立てるのは、学習や精神面をケアするのにもスムーズにできそうですね。シックな色合いで、作りつけならではの重厚感もあり、親子で長年愛用できそうです。

家族が共有できる♪集うリビングで学習

学習スペースを整えても、子どもだけではうまく時間を使えないこともあります。mamuさんは大人用のパソコンデスクと、学習スペースが兼用できるようにされています。家族で使える環境づくりができていると、いろいろな話もしながら学習に取りくめるよう、声かけも工夫することができますね。

娘の学習机 兼 大人用PCデスク♬
mamu

リビング学習には、魅力がたっぷりですね。でも、すべての子どもにぴったりな学習方法といえるかはわかりません。学習机を買う前に、ダイニングテーブルで代用しながら進めて、様子を見てみるのもいいかもしれませんね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「リビング学習」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ