ストレスにさようなら♪家事が便利なお家の10の工夫

ストレスにさようなら♪家事が便利なお家の10の工夫

生活する上で欠かせない家事は、ときに億劫に感じることがありますよね。ですがもしかしたら、見直してみることで少しでもその億劫さが軽減されるかもしれません。そこで今回ご紹介するのは、家事がラクになるようなアイディア。毎日する作業だからこそ、少しでも実用的にしてみましょう。

家事スペースを理想の形に

家事を便利にしてくれる家事スペース。家事は生活する上で欠かせない作業の1つですから、できる限り理想を叶えた空間にしたいですよね。RoomClipユーザーさんはどのような工夫をしているのか見てみましょう。

壁に造りつければ小さくても可能

造作机や棚がある家事スペース。壁に板を造りつけることによって、小さな空間でも家事室が実現可能なことが分かりますね。maccohouseさんはこちらで、お子さまが学校からもらってきたプリントを読んだり、書き物をしたりしているそうですよ。忙しいママさんが、1人でほっとくつろげる場所が完成されています。

ママのお部屋。 毎回、学校からもらってきたプリントをこちらにおいてもらって読んだり、書物をしたりしてます。家の事務所みたいなので場所です❣
maccohouse

服にまつわるすべてがここで完了

Buchanmamaさんは、必ず実現させたかったという家事室を見事に現実のものにしました。洗濯、干す、しまう、着るがすべてできるお部屋だそうですよ。お客様がいらっしゃった際には散らかった様子を見られてしまうという心配がなく、外出の身支度もこちらで完了。アイディアと、実現させたその行動力に脱帽ですね。

ダボレールでプチ家事スペース

家事室がないお家でも、自分の手で設置できるかもしれないと夢が広がる実例です。Shokoさんは廊下の壁にダボレールをつけて天板をのせ、手作りの家事スペースを作られました。窓から差し込む光を感じながらするアイロンがけは、気持ちも明るくなって作業がはかどりそうでですね。

ラブリコを使った家事室

Geminiさんは2×4の柱が設置できる器具「ラブリコ」を使った家事室を作られました。アイロン台は立って作業ができる位置に設置し、棚板の下にはバーでスプレーやブラシをかけられる場所を確保。効率的な作業ができるように考え尽くされているのが素晴らしいですね。

重労働のお洗濯はラクにこだわろう!

家事の中で、お洗濯は重労働と言っても過言ではありません。重要なのは、洗う~しまうまでの工程ができる限り短い動線で済むことです。さらにプラスアルファで、しまった服を着て外出までできるお部屋だと理想的。重労働のお洗濯こそラクを追求しましょう!

ちょっとした外出にも使えるお部屋に

ランドリールームの中のこちらの一角は、乾いた洗濯物をかけたり下着などを干したりする場所として活用。さらにはぱっと着替えてすぐに外出できるように、普段着などをかけられるようにしているそうですよ。ランドリールームの使い道として、新たな気づきを与えてくれそうです。

取り込んでしまうまでの過程を1カ所で

kazumi_innbさんの洗面所では、洗濯機の上に乾いた洗濯物を吊るし、さらにはカウンターで洗濯物を畳んだりアイロンがけまでしたりするそうです。服を畳んだら、うしろの大きな棚に収納。乾いた洗濯物を取り込んだら、服をしまう過程までほとんど移動することなく済むのがうれしいですね。

お洗濯に関するすべてを最短距離で

バルコニーへと続くyukikoさんのランドリールーム。晴れの日は洗濯物をそのままバルコニーに持って行って干すことができます。洗う~しまうまでが完了し、さらにはアイロンがけも可能。室内干しの竿まで設置されています。お洗濯に関することが最短距離で行える、とても理想的なお部屋です。

☆洗う ☆干す ☆畳む ☆仕舞う ☆アイロンをかける ☆乾燥機で乾かす 全部がこの場所で出来ます( *´艸`)♡ 晴れの日は♪ 奥の扉からバルコニーへ洗濯物を移動。 家事時短とは✨ 家事動線なのかも(//´・∀・`//)
yukiko

キッチンは家具の配置が大事

家族団らんのために、お料理を完成させたり、後片付けを素早く終わらせるのは時間との勝負。ここでご紹介するのは、キッチンでいかに時短するかです。それには家具の配置がとても重要になってきます。アイディアに富んだRoomClipユーザーさんの実例をぜひ参考にしてみてくださいね。

家具の配置で動線を変える

niko3さんはキッチンでの動線を見直した結果、カウンターテーブルを食器棚カウンターの横に並べました。後ろを振り返るとすぐに食器を取り出せますし、カウンターで配膳もしやすいです。家具の配置によって少しでも時短できるため、家事動線について諦めていた方はぜひ実践してみたいものですね。

カウンターとくっつけて片付けしやすく

mamaさんのキッチンでは、カウンターにダイニングテーブルをくっつけるように配置。シンクがすぐそばにあるためお食事後の片付けがしやすいですし、配膳の際にはカウンターからダイニングテーブルにくるっと回って完了。ダイニングテーブルをくっつけるだけで完成するという、簡単な方法なのもうれしいですね。

壁付けキッチンの横にダイニングテーブル

壁付けキッチンのricefishさんのお家では、ダイニングテーブルをキッチンの横に並べるように配置。大胆なアイディアですが、配膳がとても楽とのことですよ。壁付けキッチンというと生活感が出がちですが、便利でなおかつこちらのようにスタイリッシュなお部屋が完成するならぜひ真似してみたいですね。

家を建てて3年…キッチンとダイニングが横並び、自分には合ってたみたいで良かった。配膳が楽過ぎる(^^*)
ricefish

ご自分のお家でも実践できそうな実例は見つけられたでしょうか。家事は生活する上で欠かせない作業の1つですが、毎日するもの。少しでも快適にしようと工夫することで、充実した毎日が送れますよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「家事 時短家事」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ